OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

https://ourage.jp/column/topics/154811/

西島秀俊さんの体重増減法とは?(インタビュー/後編)

スクリーンで見る彼はストイックでクールなイメージが強い。

でも素顔の西島さんは気さくでフランク、とっても優しそうな男性だ。

せっかくのこのチャンスに、彼のふだんの生活についても、聞いてみた。

 

(映画『人魚の眠る家』で演じた父親の苦悩を語った、インタビュー前編はコチラ

 

撮影/武重到 ヘア&メイク/亀田雅(The VOICE) スタイリスト/TAKAFUMI KAWASAKI (MILD) 取材・文/岡本麻佑

西島秀俊さん

Profile

にしじまひでとし●1971年3月29日、東京都生まれ。1993年のドラマ『あすなろ白書』で注目を集める。『ニンゲン合格』(99年)、『Dolls(ドールズ)』(02年)、『劇場版MOZU』(15)など多数の映画に出演。2018年の秋は『散り椿』、『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』、そしてこの『人魚の眠る家』と、出演作が目白押し。主演映画『空母いぶき』は2019年公開予定。

 

 

ドーナッツもチョコレートも大好き。

全然ストイックじゃないですよ(笑)。

 

西島秀俊さんといえば、その演技力だけでなく、役作りへの情熱もかなりのもの。

演じる役に合わせて、体型まで変幻自在に変えてみせる。

 

「アクションがある役のときは身体が動かないと危ないですし、体型が変わることで、内面も変わりますからね。緩んだ身体だとゆったりした気持ちになるし、絞っていくと集中力がついて、ぎゅっと入り込むような感じになります。

この『人魚の眠る家』では会社経営者という役柄だったので、ある程度ゆったりしたイメージの身体にしました」

 

5キロ、10キロの体重増減は朝飯前、とか。

 

「基本、しっかり食べて、運動して、よく寝ます。ギチギチに節制することはなくて、痩せる必要があるときは、走る距離をちょっと伸ばすとか、食事をちょっとケアするとか、睡眠をよく取るとか、その程度です。

誤解している方が多いですけど、痩せるためには、しっかり寝ないと体重って落ちないんですよ。逆に太りたいときは、何かひとつ食べる物を増やすとか。生活のさまざまな場面で少しずつやると、そんなに無理しなくても、けっこう変わります」

 

日々鍛錬し、調整していく。そんなストイックな印象が強い。

でも実は西島さん、甘いものが大好き、という情報が!

「そうなんですよね。好きです、甘いもの。ちょっとほっとするじゃないですか。

疲れて頭が働かなくなっていると思ったら、チョコレートを口に放り込んだり。忙しくて、精神的にちょっと追い詰められているな、と思ったら、ほんとうにおいしいお茶やコーヒーをていねいに淹れて、甘いものを食べて、好きな音楽を聴いて、少しだけのんびりする。必要ですよね、そういう時間」

 

甘党だけど、だけじゃなく。

 

「お酒も飲みます。だから全然ストイックじゃないですよ(笑)。甘いものも食べるし、お酒も飲むし、両方楽しんでます」

 

食生活は、ごはん党。

 

「和食好きです。朝は必ず、どんなに早くてもご飯を食べてから出かけます。すぐにお腹が空いちゃうので(笑)、朝ご飯は絶対に抜きませんね」

 

シブい、ダンディ、セクシー。そんな形容詞がお似合いだけど、素顔はとってもチャーミング。生真面目で誠実な人柄が、インタビュー中のちょっと照れた表情から伝わってくる。40代半ばの男盛り、働き盛りだ。

 

「仕事も楽しいですしね。すぐに夢中になって、わーっと熱中しちゃうんですけど、でも僕もだんだん年齢が上がってきたので、休むことも考えろと友人に忠告されました。きちっと休む日を作って、ふっと息を抜くようなことも、覚えないといけませんね」

 

『人魚の眠る家』では、父親役の田中泯さんとふたりのシーンが秀逸だった。

西島さんはこの先50代、60代、大人の男としてどんな進化を見せてくれるのだろう?

 

「僕もやはり、貪欲に知識やスキルを吸収して、常に新しい挑戦をしていきたい。自分の人生を高めると同時に、若い人たちがより自由に活躍できるように、力を貸せるような存在になりたいと思っています」

 

『人魚の眠る家』

播磨和昌(西島秀俊)、薫子(篠原涼子)夫婦は2児をもうけたものの、離婚寸前。ある日、娘の瑞穂がプールで溺れ、意識不明となる。回復の見込みのないまま眠り続ける瑞穂を前に、夫婦はある決断を下すのだが・・・・。

11月16日(金)より、全国ロードショー。

配給:松竹

監督:堤幸彦 原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)

出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、田中哲司、田中泯、松坂慶子ほか。

(c) 2018 「人魚の眠る家」 製作委員会

公式サイト:ningyo-movie.jp

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル