OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/topics/93740/

ローチョコレートにBean to Bar。ビープルで探す、こだわりのハイカカオチョコレート

「食べたいけど、カロリーが…」なんてガマンしていたのはひと昔前の話。今どきは、 BEAUTYDIETMENTALにも良しとされ、POWERの源、BODYにも◎としてチョコレートの魅力が注目されていますよね。

 

ただし、それはカカオ成分が70%以上のハイカカオチョコレートであること。チョコレートのカカオポリフェノールには赤ワインの2倍以上の抗酸化力があるほか、カルシウムやマグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラルも豊富に含まれています。

ビープルチョコ1

赤ワインといったら、ポリフェノール。チョコレートといったら、カカオポリフェノール♪

 

カカオポリフェノールの嬉しい効果

BEAUTY

高い抗酸化作用でアンチエイジング効果を発揮。

DIET

満腹中枢を刺激するため、空腹感を抑える作用も。

MENTAL

血中のストレスホルモン分泌を抑える。また、カカオに含まれるテオブロミンは自律神経を整え、チョコレートの香りにもリラックス効果が。

POWER

精神的疲労の回復や脳の活性化、エネルギーチャージにも。

BODY

体を温める効果があるほか、カカオに含まれる食物繊維の働きで腸内環境改善も。

 

ハイカカオチョコレートを賢く役立てるなら、ちょっと小腹が空いたとき、ひと息入れたいとき、あるいは食事前などにちょこっと食べるのがおすすめ。美味しいとつい食べ過ぎてしまいがですが、1日25gが目安とされています。

 

 

ローチョコレート

ビープルチョコ6

では、そんなハイカカオチョコレートのおすすめと言えば? オーガニックにこだわる人はもとより、美容通の間でも注目されているのがローチョコレートです。通常のチョコレートにはローストしたカカオ豆と、それを練り固めるために乳製品などが使われているのに対し、コールドプレスしたカカオ豆で作られています。非加熱なのでカカオ豆の栄養分が失われることなく、砂糖も不使用で天然の甘味料などが使われているのも、注目したい点です。

 

 

Bean to Bar/Tree to Bar

ビープルチョコ2

また、ここ数年話題となっているのが「Bean to Bar」。ショコラティエがカカオ豆の買い付けから焙煎、チョコレートにするまでのすべてを一貫して行っている板チョコです。

 

さらに最近では、カカオの木を育てるところから行っている「Tree to Bar」製法の板チョコも!

 

自分へのご褒美としてはもちろん、来月はバレンタインデーもあります。お手頃価格でラフな感じのプレゼントなのに、じつはこだわり抜いて作られた美味しい板チョコ!なんて、ちょっと洒落てると思いませんか?

 

ビープルチョコ3

そんなチョコレートを豊富にそろえているのが、東京や神奈川、福岡、京都などで12店舗を展開する「Biople by CosmeKitchen」。

 

 

バレンタインシーズンに合わせて、ルミネ有楽町店では1月26日(木)〜2月14日(水)ルミネエスト新宿店では2月1日(水)〜14日(水)にポップアップストアが登場。2月1日(水)〜3月14日(火)にはうめだ阪急のコスメキッチン内でビープルバイコスメキッチンセレクトのチョコレートコーナーも展開致します。この期間限定のチョコレートも販売されるので、これは見逃せません。

 

 

 

次のページで、「Biople by CosmeKitchen」で販売しているおすすめチョコレートを紹介します!

オーガニックなフードやコスメを取りそろえた「Biople by CosmeKitchen」では、世界各国のチョコレートを取り扱っています。

ビープルチョコ4

パッケージもおしゃれです!

 

「トニックシーン」

ビープルチョコ5

 

南カリフォルニア発のローチョコレート。天然甘味料として低GIのココナッツシロップを使用し、動物由来の成分は不使用なので、ヴィーガンの人にも。口に入れた途端、チョコがなめらかにとろけます。左からココナッツネクター」「ワイルドチェリー」各470円(税込、以下同)

 

 

「ザ・ティールーム」

ビープルチョコ8

板チョコ 1 枚に1 杯分のティーをブレンドしているというカリフォルニア生まれのオーガニックチョコレート。このフレーバーはビープル限定。バニラ紅茶とキャラメルビッツで、クリーミィでサクッとした食感に。「クレームブリュレ」486円

 

 

「ゾッター」

ビープルチョコ9

フェアトレード&Bean to Barのチョコレートを作っているオーストラリアのブランド。ラム酒に漬けたプラムと、しっとりしたアーモンドマジパンを合わせて。黒糖を使ったやさしい甘さです。「ハンドスクープバー プラムマジパン」1350円

 

 

「アンチドート」

ビープルチョコ10

NYブルックリン生まれ。各バーには、ギリシャ神話やアラスカの神の名前が付けられています。こちらは、ローチョコレートに塩レモンをプラスした人気のフレーバー。若さの女神の名が付けられています。「77%ヘーベ(ローズソルト+レモン)」1404円

 

 

「パカリ」

 ビープルチョコ11

エクアドル発、Tree to Bar製法のチョコレートブランド。チョコとパッションフルーツの相性がこんなにいいとは驚き! トロピカルな味わいが口の中に広がります。「パッションフルーツ チョコレートバー」2399円

 

 

おすすめのチョコレートはまだまだあります。次のページへ!

「マルゥ」

ビープルチョコ12

1つの産地のカカオで1つのチョコを作る「シングル オリジン」製法を採用したベトナム生まれのBean to Barチョコレート。こちらはマルゥ初のフレーバーチョコ。酸味のあるベンチェカカオに、ココナッツミルクの甘さがマッチ。「ベンチェ・ココナツミルク」1458円

 

 

「オームバー」

ビープルチョコ13

オーガニック・エクアドル産の有機カカオを使用したローチョコレート。甘味料には有機ココナッツシュガーを使用。ベリーの酸味が効いています。「オーガニック ローチョコレート オームバー (ブルーベリー&アサイー)」806円

 

 

「ドモーリ」

ビープルチョコ14

世界中のショコラティエやチョコレート愛好家にも高評価のイタリア発ブランド。世界中のカカオ総生産量の0.001%という希少なクリオーロ種を100%使用。苦みが少なく、フルーティーな味わいです。「クリオーロ100%」864円

 

 

「my Honey」

ビープルチョコ15

板チョコ以外に、こんなチョコレートも! 1つ1つハンドメイドで作っている、日本産のブランドです。原材料は蜂蜜とカカオだけ。温かいミルクに溶かしたり、とろけたチョコスプーンをそのままかじっても。「ザ・スプーン」864円

 

 

今回紹介したチョコレートは、「Biople by CosmeKitchen」各店ほか、下記の公式オンラインストアでも購入できます。ほかにも魅力的なチョコレートがいっぱいありますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

「Biople by CosmeKitchen」http://biople.jp/

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル