HAPPY PLUS
https://ourage.jp/karada_genki/113087/

Part1 楽しんでます! 老眼鏡ライフ③

目の不調には、この対策!

 

過去、OurAgeでは「飛蚊症(ひぶんしょう)」「加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)」「眼瞼下 垂(がんけんかすい)」など、さまざまな目の不調を取り上げてきました。そしてそのたびに反響の大きさに驚かされました。

 

 

やはりみんな「見えにくさ」を感じている、目の悩みを抱えている…そこで今回は気になる「目」について、Part1~4に分けて大特集でお届けします!

 

撮影/天日恵美子 ヘア&メイク/渡辺真由美 モデル/TOSHIKO スタイリスト/安部祐美 黒スクエアフレームメガネ(参考商品)・黒丸フレームメガネ(参考商品)/老眼めがね博物館 茶べっ甲フレームメガネ/スタイリスト私物シャツ¥36,000/トランジット パーサッチ青山店(トランジット パーサッチ) イヤーカフ¥87,000(スタージュエリープレシャス)・ネックレス¥120,000(スタージュエリー)/スタージュエリー表参道店

撮影/天日恵美子 ヘア&メイク/渡辺真由美 モデル/TOSHIKO スタイリスト/安部祐美
黒スクエアフレームメガネ(参考商品)・黒丸フレームメガネ(参考商品)/老眼めがね博物館 茶べっ甲フレームメガネ/スタイリスト私物シャツ¥36,000/トランジット パーサッチ青山店(トランジット パーサッチ) イヤーカフ¥87,000(スタージュエリープレシャス)・ネックレス¥120,000(スタージュエリー)/スタージュエリー表参道店

 

 

 

Part1 

ファッション感覚で、自分らしさにこだわって選ぶ

楽しんでます!老眼鏡ライフ

 

かける必要があるならば、楽しく選んでおしゃれにかけたい老眼鏡。おしゃれな人たちはどんな「老眼鏡ライフ」を楽しんでいるでしょうか?

 

年を重ねれば必要になるのが老眼鏡。あの素敵な人たちは、ポジティブに自分流にかけこなしていました!

 

ここでは、3回に分けて9名の方たちの「老眼鏡ライフ」をご紹介します。

 

 

 

 

Report ―7

地曳いく子さん

Ikuko Jibiki

 

1959年生まれ。スタイリスト。トレンドのさじ加減が絶妙な、

大人に優しいスタイリングに定評がある。著書も多数

 

昼間はコンタクト、夜はメガネの生活を中学から続ける地曳さん。老眼が始まった際、老眼用コンタクトを使用しましたが、老眼の度数が進み、コンタクトとメガネの併用に戻したそう。「遠近両用メガネとコンタクト、近視・乱視コンタクトと手元用老眼鏡を組み合わせていましたが、目の動きと黒目の位置に合わせて調整してくださるメガネ店の専門家と出会えて、今かけている『トムフォード』の遠近両用メガネが一番のお気に入りに」

 

近視、乱視、老眼をクリア。理想的なメガネです

近視、乱視、老眼をクリア。理想的なメガネです

 

上は細かな作業時に使う手元用、中央は3枚のレンズの重なり具合を自分で調整できるもの。下は旅先で購入した手元用。ケースはハンドメイド

上は細かな作業時に使う手元用、中央は3枚のレンズの重なり具合を自分で調整できるもの。下は旅先で購入した手元用。ケースはハンドメイド

 

 

 

 Report ―8

向井真樹さん

Maki Mukai

 

1960年生まれ。編集・ライター。女性誌やカタログなどでファッションや暮らし、

インタビューなどの構成や編集、執筆を手がける

 

極度の首、肩のコリで通う整骨院の先生から「目の検査を」とアドバイスを受け、近所のメガネ店へ。「検査の結果、隠れ遠視と老眼で遠くも近くも見えにくい状態でした。もともと目がよかったので、見えないことがストレスになってコリにつながっていたよう」。そこで作ったのが、1枚のレンズに7段階の調整を施した遠近両用メガネ。「見えないストレスが軽減して眼精疲労も改善。鈍感なのか、かけたその日から違和感なく使えました」

 

隠れ遠視が判明以来、7段階調整を施したレンズを愛用中

隠れ遠視が判明以来、7段階調整を施したレンズを愛用中

 

着用したウェリントン型と下の遠近両用は「フォーナインズ」のもの。「ミュウミュウ」の黒フレームはブルーライト中近用で、PC作業時や室内で

着用したウェリントン型と下の遠近両用は「フォーナインズ」のもの。「ミュウミュウ」の黒フレームはブルーライト中近用で、PC作業時や室内で

 

 

 

次ページに続きます。

Report ―9

松本千登世さん

Chitose Matsumoto

 

1964年生まれ。美容エディター。

自らの経験に基づいた審美眼によって語られる、エッセイや美容特集が注目の的

 

中学の頃からコンタクト派ながら、色や形が特徴的な"攻めのメガネ"も愛用していた松本さん。そろそろ老眼鏡を…と感じていた2年前に「ボビイ ブラウン」の発表会で日本初上陸のフレームに触れ、この一本を選んだといいます。「その場にいらした4、5人の方が皆さん、似合うわ、と褒めてくださって決めました。自分一人では決められなかった形ですね。神保町の『れんず屋』で、近視と老眼の両用レンズを入れて愛用中です」

 

まわりからの「似合う」の声で決断した初めての遠近

まわりからの「似合う」の声で決断した初めての遠近

 

表裏で色の違うおしゃれなデザイン。「メガネのときは、アイシャドウやマスカラは使わず、アイラインとリップでシンプルにメイクします」

表裏で色の違うおしゃれなデザイン。「メガネのときは、アイシャドウやマスカラは使わず、アイラインとリップでシンプルにメイクします」

 

 

※掲載の老眼鏡は私物です。現在販売されていない場合があります。

 

 

撮影/天日恵美子 取材・原文/向井真樹

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第2回/Part1 楽しんでます! 老眼鏡ライフ②

次の記事>

次の記事>
第4回/Part2 快適な日々を始めるために! 買うべき「老眼鏡」Q&A①

この連載の最新記事

Part4 日々のセルフケアで老眼をくい止めるPOINT②

第27回/Part4 日々のセルフケアで老眼をくい止めるPOINT②

Part4 日々のセルフケアで老眼をくい止めるPOINT①

第26回/Part4 日々のセルフケアで老眼をくい止めるPOINT①

40,50代が知っておくべき「目の病気」/目のトラブル・ビューティ編②

第25回/40,50代が知っておくべき「目の病気」/目のトラブル・ビューティ編②

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル