HAPPY PLUS
https://ourage.jp/karada_genki/health-forefront/334705/

【腸活・ポストバイオティックス】きれいなスタイルを目指す人は、腸内細菌が生み出す代謝成分に注目を!

加齢に伴い、見た目の老化が目立つようになった、太りやすくなった、体の不調がいろいろと出てきたなど、40代、50代の悩みは深くなるばかり。そんな体をケアする対策として、腸内細菌の力を借りる「腸活」は意識して取り入れたい方法。腸活の中でも今回は「ポストバイオティクス」をクローズアップします。

ここ数年のコロナ禍の影響などもあり、健康への意識が高まっています。

 

巷にはさまざまな健康情報があふれていますが、そんな中でも特に40代、50代の女性が知っておきたい、気になるキーワードをピックアップして解説します。

 

今回ご紹介するキーワードは、「ポストバイオティクス」です。

 

 

酪酸菌_color

腸内の善玉菌のひとつ、酪酸菌

 

 

腸活ブームで知られるようになった「プロバイオティクス」や「プレバイオティクス」。
では「ポストバイオティクス」とは!?

 

近年、「腸活」がブームになり、「腸内フローラ」など腸に関係するさまざまな言葉が知られるようになってきましたが、「ポストバイオティクス」もそのひとつです。

 

「ポストバイオティクス」に似た言葉で、「プロバイオティクス」や「プレバイオティクス」という言葉がありますが、これらを耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか?

まずは、このふたつについておさらいしてみましょう。

 

「プロバイオティクス」は、ビフィズス菌や乳酸菌のような、人の腸に存在する善玉菌そのもののことです。

 

食品から善玉菌をとることで、腸内の善玉菌を増やすことができます。

ヨーグルトや発酵食品がその代表で、かつてさまざまな市販のヨーグルトが登場したときに、「プロバイオティクス」という言葉が知られるようになりました。

 

 

そして「プレバイオティクス」とは、腸内の善玉菌のエサになるもののことです。

 

代表的なものに食物繊維やオリゴ糖などがあります。

こちらも善玉菌のエサになることで、腸内の善玉菌を増やします。

 

 

最近では、この「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」を一緒にとる「シンバイオティクス」という言葉も登場し、これが最強の腸活ともいわれています。

 

 

では、「ポストバイオティクス」とはどのようなものなのでしょうか?

 

 

腸内細菌によって生み出される代謝副産物「ポストバイオティクス」。
さまざまな健康効果があり、「第3の菌活」として注目が集まっています

 

“人の腸内細菌叢から美と健康の実現を目指す”をコンセプトとした総合ヘルスケアブランド「CUMEC(キュメック)」は、このポストバイオティクスの研究にも力を入れています。

 

そのキュメックによると、「ポストバイオティクス」とは、腸内細菌が生み出す代謝副産物のことを指します。

 

人が食品をとると、その食品中の成分が腸内細菌によって代謝され、生み出される成分があります。

そのうち、人にとって有益な働きをするものの総称を「ポストバイオティクス」と言います。

 

「ポストバイオティクス」は、これまで発見されているものだけでも、さまざまな種類があり、特徴もそれぞれ違います。

 

ブレビス菌_color

腸内の善玉菌のひとつ、ブレビス菌

 

 

フェカリス菌_color

腸内の善玉菌のひとつ、フェカリス菌

 

 

 

例えば、最近、よく知られるようになった「エクオール」も「ポストバイオティクス」のひとつといえます。

 

人が大豆食品をとると、大豆に含まれる大豆イソフラボンが腸内細菌によって代謝され、「エクオール」が生み出されます。

これが体で女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをすることから、更年期症状の緩和などに有効であることがわかり、最近は医療現場でもエクオールを含むサプリメントが取り入れられています。

 

また、最近話題になっている「短鎖脂肪酸」も「ポストバイオティクス」のひとつ。

これは、腸内細菌が、食品中の食物繊維やオリゴ糖をエサとして食べると産生される代謝産物で、脂肪の蓄積抑制や、腸のバリア機能の向上、悪玉菌の抑制などの効果があることがわかっています。

 

きれいなスタイルの体づくりをサポートしてくれる、話題のポストバイオティクスが「HYA」

 

そして今、「ポストバイオティクス」のひとつとして注目度上昇中なのが「HYA(エイチワイエー)」です。

HYA化学構造式_星空

この「HYA」をサプリメントに取り入れているヘルスケアブランド「キュメック」によると、「HYA」は、気になる糖質と食欲をケアすることが確認されているのだそう。

 

このように「HYA」は、さまざまなアプローチで、きれいなスタイルの体づくりをサポートする効果が期待できることから注目されています。

 

「HYA」は、植物油などに多く含まれるリノール酸が、食事として摂取され、乳酸菌などの腸内細菌によって代謝されることで生成されます。

 

ただし、腸内細菌のバランスは人によって異なるため、同じ食品をとっても腸内で「HYA」が作られる量には差があり、わずかしか作られないこともあるのだとか。

 

これは、ほかの「ポストバイオティクス」に関しても同じことが言えます。

3つのバイオティクス

そこで「キュメック」では、「HYA」を大量に生産する手法を確立。

 

リノール酸を多く含むサフラワー油を原料に、独自の乳酸菌発酵技術で「HYA」を作り出し、サプリメントに加工。

 

インナービューティサプリメント「HYA-50」を2021年に誕生させました。

キュメック HYA 商品

インナービューティサプリ HYA -50  プレミアムボトル  180粒(60食分) ¥12,500/キュメック

 

「キュメックHYA -50」には、1 回分の目安量の3粒の中に、300mg の「HYA」が含まれています。

稀少な成分「HYA」を高純度で配合。

 

食事の前にとると、気になる糖質や食欲のケアをサポート。

 

毎食の習慣にすることで、健康的な美しい体へと導きます。

 

乳酸菌発酵によるナチュラルな製法にこだわっていて、発酵後、代謝物の不純物を取り除く工程を何度も繰り返して作られているそう。

 

手軽に糖質をケアできるサプリメントは、体質変化が気になる私たち更年期世代にとって、頼もしい味方ですね。

 

 

──このように「ポストバイオティクス」を取り入れた商品は、今後も増えていきそうな予感。

 

一歩前を行く健康&美容法として、ますます注目を集めそうです。

 

 

加齢とともに体の不調や美容上の悩みが増えていく40代、50代。

何かサポートアイテムが欲しいと思っている人は、チェックしておきましょう。

 

 

取材・文/和田美穂 取材協力、画像・資料提供/キュメック

 

 

CUMEC(キュメック) 公式ブランドサイト

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

「集英社 能登半島地震災害支援募金」のお知らせ

「集英社 能登半島地震災害支援募金」のお知らせ

<前の記事

<前の記事
第8回/【オステオカルシン】「骨ホルモン」のひとつ。体の機能を若く保つ「若返りホルモン」…

次の記事>

次の記事>
第10回/【筋トレで美肌】ポーラが発見。筋肉量が多いほど、シミ、シワ、毛穴の目立たない美肌…

この連載の最新記事

【骨髄幹細胞】40代、50代の肌老化ケアでも注目。母細胞を元気にして、ハリ・弾力のある肌に!

第15回/【骨髄幹細胞】40代、50代の肌老化ケアでも注目。母細胞を元気にして、ハリ・弾力のある肌に!

【新・肝斑改善薬】肝斑の悩みに。ニコチン酸アミドの追加配合で、さらに進化した肝斑改善薬「トランシーノEX」が登場!

第14回/【新・肝斑改善薬】肝斑の悩みに。ニコチン酸アミドの追加配合で、さらに進化した肝斑改善薬「トランシーノEX」が登場!

【プラズマ乳酸菌】健康な人の免疫機能の維持をサポート。40代、50代の不調、体力低下に悩む世代の頼もしい味方!

第13回/【プラズマ乳酸菌】健康な人の免疫機能の維持をサポート。40代、50代の不調、体力低下に悩む世代の頼もしい味方!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル