HAPPY PLUS
https://ourage.jp/karada_genki/more/335785/

手指の痛みに効果あり「10秒神経マッサージ」は簡単にできます!/富永喜代先生が考案

麻酔科医で痛み治療のスペシャリスト、富永喜代先生は、手指トラブルで悩む女性たちの救世主。痛みを軽減するセルフケア指導では右に出る人がいないと言ってもいいほどです。今回は先生考案の「10秒神経マッサージ」をご紹介。5分とかからない手指ケアですが、毎日やることで、早い人なら1週間で効果を実感する魔法のようなメソッドです。

富永喜代先生がクリニックで患者に伝授し、効果を確信した「10秒神経マッサージ」とは!?

 

手指の痛みや変形は「女性の老化現象」と軽視され、治療法もあまり研究されてきませんでした。

患者数は数百万人ともいわれるのに、病気としてはいまだに認知度が低いまま。

 

そこで立ち上がったのが富永喜代先生でした。

 

苦しむ女性を救うべく、自身の「富永ペインクリニック」(愛媛県松山市)に、日本初の「ヘバーデン結節外来」を開設したのです。

 

40代、50代以降の女性の手指のトラブルにはさまざまなものがありますが、ヘバーデン結節はその中でいちばん多い病気です。

(詳しくは、こちらのOurAgeの記事を参照)

 

 

ヘバーデン結節を含む手指の症状で、富永ペインクリニックを受診した場合、どんな治療の流れになるのでしょうか?

 

■初診の場合

問診 →検査→「10秒神経マッサージ」の指導 →神経ブロック注射 →薬の処方

 

■自宅でのセルフケアとして指導

「10秒神経マッサージ」を1日2回、朝晩に実施

 

平均的には、週1回の通院で、約2カ月で手指の症状が半減するのだそうです!

 

 

「10秒神経マッサージ」って何?

 

手指の痛みをやわらげるのに、大きな治療効果を上げている方法です。

私が考案したオリジナルの治療法。

 

私はペインクリニックの麻酔科医ですが、東洋医学の鍼灸治療実績もあり、鍼灸院も運営しています。

 

神経や血管の走行についてはプロフェッショナルで、神経ブロック注射もできるけど、経絡やツボもわかるんです。

 

東洋医学のツボは効くけれど、自分で押せるツボと押しにくいツボがある。

また、説明されても部位がわかりにくいツボもある。

西洋医学でいう神経と東洋医学の経絡の交点のような場所で、しかも体の表面を通っていて、さらに自分自身で押しやすい部位を、効果的に刺激したら痛みが軽くなるはずや、と考えました。

 

そこなら素人でも間違いなく刺激できる。

そこを『神経ポイント』と私がネーミングしたわけです。

そして刺激する方法を『神経マッサージ』と名づけました。

 

特別な道具もいらず、自分一人で簡単にできるような方法なので、治療法がないと言われた症状でも、痛みが緩和する人が多いんですよ」と富永先生。

 

神経“マッサージ”といっても、指圧やリラックスのためのマッサージではないため、ちょっとしたコツや守らなければならないルールがあります。

 

3-1 修正

 

 

 

しっかり効果を上げるために守りたい!
「10秒神経マッサージ」の3つのルール

 

❶爪を立てて刺激

指の腹ではなく、爪を立てて神経ポイントを直接刺激するのがコツ。
爪を長く伸ばしている人は、皮膚を傷つけてしまわないよう気をつけて。

 

❷痛気持ちいい強さで

爪で程よく圧をかけ、脳に刺激を送るのがこのマッサージの目的。
「ちょっと痛いけれど気持ちよくもある」くらいが理想的。

 

❸1カ所につき10秒を厳守

押す時間は短かすぎても長すぎてもダメ。
長ければかえって体を緊張させます。

1カ所につき10秒を守って。

 

 

5つの「神経ポイント」を爪で刺激する、痛み取りマッサージ

 

では、まず「10秒神経マッサージ」で刺激する、5つの神経ポイントを紹介しましょう。

 

 

 

神経ポイント 1と2

指の関節の両側/親指の第1関節の両脇。親指以外の指の、それぞれの第1関節、第2関節の両脇

 

人差し指の付け根/人差し指の付け根の内側、骨のきわ(ツボの合谷とは違うので注意)

 

神経ポイント 3と4

手首(親指側)/手の甲の親指側、手首の横ジワから、3cmひじ寄りのところ

 

手首(小指側)/手の甲の小指側、手首の骨の出っ張りから、4cmひじ寄りのところ

 

神経ポイント 5

ひじ下の内側/ひじの横ジワから手首までを3等分したうちの、いちばんひじ寄りのところ

 

 

次に、「10秒神経マッサージ」の手順です。

この手順は、手指の痛みやしびれ、腫れ、むくみなどがある人は、全員共通と考えてOK。

 

どれも省かず、ひと通り行います。

目安は1日2回です。

 

最初は難しいと思っても、一度コツをつかめば、空いた時間でできます。

1カ所につき10秒だから、どんなに長くかかっても5分以内。

 

さっそく始めましょう!

 

3-3 修正

 

 

 

3-4 修正

 

 

 

3-5 修正

 

 

3-6 修正2

 

 

 

3-7 修正

 

 

 

どうでしょう?

思った以上に簡単ですよね。

 

しかも手首まわりなどにビンビン響く感覚は、なかなか気持ちがいいですよね?

 

痛みや腫れで困っている人はもちろん、ちょっとした違和感があって将来が心配な人にもおすすめ。

 

まずは1週間、気づいたときにやってみましょう。

 

思わぬ効果に驚くかもしれません!

 

 

撮影/天日恵美子(富永先生) イラスト/カツヤマケイコ 取材・文/蓮見則子

 

【教えていただいた方】

富永喜代
富永喜代さん
公式サイトを見る
Facebook Twitter Instagram Instagram

医学博士。日本麻酔科学会指導医。富永ペインクリニック院長。1993年より聖隷浜松病院などで麻酔科医として勤務、2万人を超える臨床麻酔実績を持つ。2008年愛媛県松山市に富永ペインクリニックを開業。全国から患者が訪れ、のべ23万5000人の痛みを治療し、性交痛外来では、5000人のセックスの悩みをオンライン診断している。大人の性の悩みを解決するYouTubeチャンネルの登録者数は25万人。

記事一覧を見る

 

■富永喜代先生の OurAge 更年期連載はこちら!

『富永先生の「性の痛み」解決トーク!』 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

「集英社 能登半島地震災害支援募金」のお知らせ

「集英社 能登半島地震災害支援募金」のお知らせ

<前の記事

<前の記事
第2回/40代・50代以降の手指や関節の痛み、変形は初期症状を見逃さないで! 症状はいつ…

次の記事>

次の記事>
第4回/手指の痛みや変形の「予防&症状改善」大作戦! スマホ指にならない持ち方って?【富…

この連載の最新記事

手指の痛み、腫れ、変形は自分で緩和できる! ローラーや温め、セルフマッサージ【富永喜代先生が伝授】

第6回/手指の痛み、腫れ、変形は自分で緩和できる! ローラーや温め、セルフマッサージ【富永喜代先生が伝授】

手指や関節の痛みケアは? 負担を軽くする「家事の工夫」と「100均の便利アイテム」【富永喜代先生が伝授】

第5回/手指や関節の痛みケアは? 負担を軽くする「家事の工夫」と「100均の便利アイテム」【富永喜代先生が伝授】

手指の痛みや変形の「予防&症状改善」大作戦! スマホ指にならない持ち方って?【富永喜代先生が伝授】

第4回/手指の痛みや変形の「予防&症状改善」大作戦! スマホ指にならない持ち方って?【富永喜代先生が伝授】

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル