HAPPY PLUS
https://ourage.jp/karada_genki/sleep/336904/

帯状疱疹の痛みで睡眠が邪魔された夜

ヨシダヨウコ

ヨシダヨウコ

ネムリノチカラ代表。
快眠コンシェルジュ。日本睡眠学会正会員。

寝具店の娘として生まれ、心地よい睡眠を幼児期より体験するが、社会人になりたての頃、働きすぎで体調を崩す。また、実母の介護生活からも睡眠の重要性を再認識する。
漢方、発酵食、アロマ、呼吸、瞑想、ストレッチなどを取り入れ、日々「質の良い睡眠」を探求しながら、各方面へ発信中。代表を務めるネムリノチカラでは、企業の健康経営セミナーや個人の睡眠相談に応じるなど、睡眠全般についてのサポートを行っている。著書に『眠りのチカラ タイプ別睡眠改善&リッチ睡眠TIPS 101』(みらいパブリッシング)がある。

記事一覧を見る

「あらっ、久しぶりだけどどうしました?」

いつもパキパキして明るい先生の前で「とうとう発疹してしまったようです・・」と、痛みにやや身をかがめて診察室に入る私。

 

突然ですが帯状疱疹になりました。

 

ご存知の方、すでに経験された方もいらっしゃると思いますが、この帯状疱疹は、子どもの時に罹患した水ぼうそう、つまり水痘・帯状疱疹ウイルスが体の中の神経節にずーっと長く残り潜んでいて、50〜70歳代にかけて何らかのきっかけで急に暴れ出し、その患部に痛みを起こし、続いて神経に沿って帯状に盛り上がった赤い斑点が現れ、水ぶくれができるというものです。

 

その痛みは結構なもので、水ぶくれなどの皮膚症状が治っても帯状疱疹後神経痛とういうピリピリとした痛みが後遺症として、いつまでも続いてしまうこともあるようです。

 

その後遺症にならないための方法は、「赤い斑点がでたらすぐ受診」だそうです。

実は私の場合、半月くらい腕や脇腹、みぞおちあたりにピリピリ、時に何かで刺されたかのようなズキっとした痛みが続いており、赤い斑点もないことから一度内科を受診しました。

 

当たり前ですがその時ははっきりとした原因が分からず、その数日後に赤い斑点が出てきて、「あー、やっぱり!」と思い、翌日朝イチで皮膚科に駆け込んだのが冒頭のやりとりです。

 

水ぼうそう経験者は、誰でもなる可能性あり!

この帯状疱疹は、血液検査などではわからず、水ぶくれを採取して顕微鏡で確認して、めでたく(?)「間違いないですね」となります。そのため皮膚に症状がない限り、診断できないそうです。

そして先にも書きましたが、皮膚症状が確認できた3日以内くらいに受診して投薬すれば後遺症を減らせるようです。

内服薬 イメージ写真

 

そもそもなぜ寝た子が起きるようなことが起こるのか?といえば、これまで免疫で抑えられていたものが、

・加齢

・季節の変わり目

・ストレス

・疲労

など、体に負荷がかかった時に「ひょっこり」現れるのだそう。

 

発疹部位もさまざまで、体の右か左のどちらか半身に現れます。一番多くは脇腹や背中などらしく、ほかにも顔、耳、特に目のまわりなどに出ると失明の恐れもあるなど、怖いこともあとから知りました。

 

去年くらいに帯状疱疹のことが気になり調べていた時にワクチンがあることも知っていましたが、発症する人は80歳までに三人に一人といわれると、「どうしようかな?」とそのままにしておりました。

地域によっては、ワクチン接種に補助金を出して推奨しているところもあるくらいです。(気になる方はご自分の地域で検索してみるといいかもしれませんね)

 

今となっては「打っておけばよかった」とも思いますが、発疹後すぐに診てもらい、場所も目立つことなく、また大きく広がることもなく、このまま投薬治療で終えられそうなので、これで済んで良かったと思っています。

 

発症前も後も睡眠に影響あり

この程度で抑えられたのは毎日の睡眠のおかげかもしれませんが、ちょっとしたスキをついて、加齢に加え、この夏の猛暑からの急な気温差にも影響されての罹患かもしれません。

さらに少し忙し過ぎたことへの警鐘でもあったのでしょう。

 

いずれにせよ、発症させないためにも、あるいは発症したとしても重症化させないためにも、十分な睡眠は必須事項です。

 

改めて睡眠と、健康でいられることのありがたみを感じました。

 

では、今宵も良い眠りを。

眠りの力があなたを変えるネムリノチカラ代表、快眠コンシェルジュのヨシダヨウコでした!

 

ネムリノチカラ

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

「集英社 能登半島地震災害支援募金」のお知らせ

「集英社 能登半島地震災害支援募金」のお知らせ

<前の記事

<前の記事
第107回/寝る前のスマホは、ブルーライト軽減で睡眠の質をアップ

次の記事>

次の記事>
第109回/日本で唯一の「安眠、枕の神様」に会いに行く旅

この連載の最新記事

眠る時かぶる? かぶらない?

第114回/眠る時かぶる? かぶらない?

人間も動物。たまには眠りのためにも自然に帰ろう

第113回/人間も動物。たまには眠りのためにも自然に帰ろう

寝具にもSDGsが必要かも

第112回/寝具にもSDGsが必要かも

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル