HAPPY PLUS
https://ourage.jp/life/daily-tweets/271127/

立春の声を聞いたらそわそわ。お雛さま出さなきゃ!

なべぴA子

なべぴA子

「体にいい!」と聞くと何でも試してみたくなるキョロキョロ気質。

結果、家には飲みかけのサプリメントと数回使用でシ~ン・・としている美容家電が散乱。

三日坊主からの脱却と断捨離が人生の課題。

趣味は何十年やっても上手くならないゴルフと、現実逃避の宝塚観劇。

記事一覧を見る

娘が二十歳になり、家庭の年中行事も減ってきましたが、お雛さまだけは桃の節句という一年に一度のステージのために実家の納戸でじっと待っているのだと思うと「ちょっと面倒だなぁ」なんて思いを振り払って、少しでも早く出してあげたい気持ちになります。

 

うちのお雛さまは私が初節句の時に祖父が買ってくれたもの。

当時社宅住まいだったため、札幌の丸善で小さな木目込み人形のセットを選んでくれたそうです。

 

それがこちら。

おひなさま

 

実家にはもうひとつ、私が小学生の時にやって来た7段飾りのお雛さまもありました。

4歳違いの妹が生まれ、戸建てに引っ越したからか、ある日父が「お雛さまを買いに行くぞ!」と言い出し、家族を引きつれ百貨店へ出かけ、買ってくれたのです。

 

大きな7段飾りですからお道具もついて立派だったので、以来「正お雛さま」のポジションはその7段の方に移っていきました。さらに姉妹が大人になるとその7段飾りのお雛さまですら出すこともなくなり、どちらのお雛さまも納戸の奥でひっそり時を過ごしていました。

 

再度出番がきたのは2002年。

私が結婚し、娘の初節句に実家のお雛さまを飾る案が浮上。

選択肢は2つありましたがマンション住まいのため、スペース的に祖父が買ってくれた小さなお雛さまがしっくりきました。

出してみるとふっくら幼顔のお顔はみんな今でもお肌が白く美しく、小さいけれど三人官女、五人囃子もいて賑やか。娘に新しいものを買うより祖父が買ってくれたこのお雛さまで楽しんでいこうと決めました。

 

そこから20年、小さいお雛さまを毎年飾っています。たとえ娘に見向きもされなくても・・笑。

 

購入当時あったガラスのケースはだいぶ昔に割れてなくなってしまいました。

お人形さんの方も長年飾ったり、片づけたりしているうちに接着されていた帽子が外れて頭頂部の地肌が見えたり(お顔はお若いのに・・)、雑役係の仕丁は、昔は沓台(靴を置く台)を持っていたのに壊れて何も持たずに手持無沙汰な感じ。

 

そりゃあ私が五十●歳ですから、半世紀以上お仕事をしてきてお疲れが出るのは当然。そう思うと我が身のようで、幼い頃とはまた違う愛おしさを感じます。日々バタバタしていると飾るのが3月3日ぎりぎりになりがちですが、今年こそは早く出して日の光をたっぷりあてて差し上げようと思うのでした。

 

 

 

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

やや無骨な名前とは裏腹に、上品で優しい芋焼酎! 原日出子さんの簡単おつまみもご紹介中です

やや無骨な名前とは裏腹に、上品で優しい芋焼酎! 原日出子さんの簡単おつまみもご紹介中です

PR
<前の記事

<前の記事
第360回/ほっこりのんびりした梅の名所、「羽根木公園」。見頃はいつ?と、過去4年の私的デー…

次の記事>

次の記事>
第362回/たかが50肩と言う勿れ。夜間疼痛とは闘わないに限る。

この連載の最新記事

トータス松本には華がある!と、ギタージャンボリー@両国国技館で再認識

第572回/トータス松本には華がある!と、ギタージャンボリー@両国国技館で再認識

にんじんや大根の葉っぱを、つい育ててしまう人へ。ちょこっとガーデニングの本をご紹介

第571回/にんじんや大根の葉っぱを、つい育ててしまう人へ。ちょこっとガーデニングの本をご紹介

しゃべる猫?TikTokで127.2万回再生のバズった猫動画

第570回/しゃべる猫?TikTokで127.2万回再生のバズった猫動画

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル