HAPPY PLUS
https://ourage.jp/life/daily-tweets/347527/

「マティス 自由なフォルム」に行って号泣した思い出に浸った件

ふみっちー

ふみっちー

ネコを愛するネコっ毛の50代。ツンデレ猫・リリララ姉妹に日々翻弄されてます。美と健康の情報は大好物です!

記事一覧を見る

国立新美術館で「マティス 自由なフォルム」がスタートしたとき、絶対行く、と心に決めました。なぜなら今回はマティスの最高傑作といわれる、南仏ヴァンスのロザリオ礼拝堂を体感できる空間が再現される、と聞いたから。

 

私は、2010年(ということは14年前か。時が経つのは早い…)にロザリオ礼拝堂を訪れたことがあります。そのほんの数カ月前は、まさか自分がヴァンスを訪れることになるとは思ってもいませんでした。

 

でも「マティスの教会」のことは耳にしていました。ちょうど訪れたという友人から「素晴らしかった」という話を聞いていたのです。「あなたが行ったら、きっとおいおい泣くわよ」と言われ、いくら私が泣き虫だからって、教会に入ったくらいじゃ泣かないわよ、大げさな…と憤慨したものです。

 

ところがその数か月後、急遽、南仏に行くことが決まりました。じゃあその後でニースに行ってみよう、ニースからならヴァンスにはバスで行けるらしい、その「おいおい泣く」教会に行ってみようじゃない、と軽い気持ちで計画したのです。

 

訪れたのはちょうど7月。夏のニースは光あふれる、本当に美しい街でした!

ニース プロムナードデザングレ

↑ニース名所“プロムナード・デ・ザングレ”、海岸沿いの遊歩道です。観光客も住民も、海を眺めながら思い思いに散歩を楽しんでいる姿が印象的でした。その後、2016年にトラックが暴走するというテロが起こり、あまりのことに言葉を失いました。あんなに美しく平和な場所で、そんなむごいことが起きるなんて…

ニース プロムナードデザングレの夕景

↑“プロムナード・デ・ザングレ”の夕景。映画のワンシーンのようですよね

ニース旧市街

↑夕方の旧市街のにぎわい

ニース風サラダ

↑ニースといえばニース風サラダ。卵、じゃがいも、オリーブたっぷり、このボリューム!おいしかった…

ニース 公園

↑夏だったので公園も花が咲き乱れていました

 

ニースからヴァンスまではバスで1時間ほど。案内所で「チケットはいくら?」と聞いたら「1ユーロ(*当時。現在は値上がりしているもよう)」と言われ「うそでしょ!?」と思わず突っ込んでしまいました。当時のレートでは130円ほど!そんなに安いってあり!?

 

たどり着いたヴァンスは山間の小さな村でした。観光客の姿もまばらで、住民の姿も見えず、道に迷って途方にくれたことを覚えています。見かけた少年に声をかけるも、彼は英語が話せず、身振り手振りで道を教えてもらい、やっとロザリオ礼拝堂に到着。

 

ヴァンス ロザリオ礼拝堂

↑中の撮影はできなかったので、外観だけ撮影

 

ロザリオ礼拝堂に入れたのはほんの数時間でしたが、人生の中でも忘れられない数時間となりました。友人の予言通り、私は号泣していたのです…。

 

時は流れて2024年、東京。

マティス展ポスター

「マティス 自由なフォルム」にやってきました!

 

アンリ・マティスといえば、別名“色彩の魔術師”。鮮やかで豊かな色彩、単純化されたフォルムには、目を奪われずにはいられません。特に魅力的なのは、晩年の「切り紙絵」作品群ではないでしょうか。大胆でモダンでいきいきとした美しさ。見るだけでなんだかウキウキしてきます。作品から生きる喜びが放たれている感じがします。

(以下の写真は「撮影OK」なエリアのものです。©Succession H.Matisse)。

マティス 花と果実

↑アンリ・マティス«花と果実»(1952-53年)ニース市マティス美術館蔵©Succession H.Matisse

 

アメリカ人コレクターの依頼で、ロサンゼルスの豪邸のパティオを飾るための壁面装飾として制作されたそう。現在は、ニース市マティス美術館が所蔵、入館するとすぐ目の前に展示されているそうです。

 

マティス ブルー・ヌードⅣ

↑アンリ・マティス«ブルー・ヌード Ⅳ»(1952年)オルセー美術館蔵(ニース市マティス美術館寄託)©Succession H.Matisse

 

このシンプルな力強さよ!マティス82歳のときの作品です。

 

そして…私の目当て、ヴァンスのロザリオ礼拝堂の内部空間の再現。

マティス展 ロザリオ礼拝堂 祭壇

↑ヴァンスのロザリオ礼拝堂の内部の祭壇の再現

 

後ろのステンドグラス、「生命の木」のモチーフになっているのはサボテンなのだとか。

 

マティス 聖ドミニクス

↑«聖ドミニクス»タイル壁画の再現

 

礼拝堂の祭壇のそばにあります。子どもが描いたのか、と思うようなシンプルな絵。

 

マティス ロザリオ教会の聖母子像

↑«聖母子像»タイル壁画の再現

 

同じく、礼拝堂の壁画です。こんなにのびのびと楽しそうに描かれた聖母子像なんて見たことありませんでした…。

 

マティス カズラ(上祭服)

↑アンリ・マティス«薔薇色のカズラ(上祭服)のためのマケット(正面)»(1950-52年)ニース市マティス美術館蔵©Succession H.Matisse

 

カズラとは、ミサの際に司祭が着る式服のことだそう。カラフルで楽しい式服…これ、教会で着ていいの!?

 

とにかくすべてが、“教会”のイメージを軽く飛び越えてくるのです。こんなに明るく素直でシンプルで、楽しそうな空間ってある!?  これが教会なの?

 

14年前、ヴァンスのロザリオ礼拝堂で、私はびっくりしていました。資料など何も見ずにいったものですから、驚きはかなり大きかったです。そしてステンドグラスの光に包まれているうちに、涙が…。なんというか、子どものように泣いてしまいました。

 

今考えると、ステンドグラスのピュアな色合いの光に包まれて、単純な線だけの壁画に囲まれて、安心したからかな、と思います。そう、幼子に戻ったような、守られているような安らかな気持ち…。そんな気持ちになれるなんて、まさに教会にふさわしい空間だと感じました。

 

今回の展覧会をきっかけに、ヴァンスを、ロザリオ礼拝堂を訪れてみたい、という方が増えるといいなと思います。もちろん、私のように号泣するとは限らないですし、人によって感じ方はそれぞれですよね。でも最晩年のマティスが心血を注いで作り出した空間、偉大なアーティスト本人に「この礼拝堂は私にとって全生涯の仕事の到達点であり、莫大で真摯で困難であった努力の開花です」と言わしめた空間に身を置くことを、ぜひ体験してみてほしいです。

 

最後に作家・原田マハさんの短編集『ジヴェルニーの食卓』より、マティスをよく知り、今やロザリオ礼拝堂の修道女となったという設定の女性が語った言葉を。これは原田さんからのメッセージだと思います。

 

マドモアゼル、あなた、いままでにヴァンスのロザリオ礼拝堂にいらしたことはある?

あら、ないんですのね。だったら、人生の「楽しみの箱」がひとつ、まだ開けられずに残っているようなものよ。

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

やや無骨な名前とは裏腹に、上品で優しい芋焼酎! 原日出子さんの簡単おつまみもご紹介中です

やや無骨な名前とは裏腹に、上品で優しい芋焼酎! 原日出子さんの簡単おつまみもご紹介中です

PR
<前の記事

<前の記事
第558回/手荒れなし、シミも油も落とす!植物由来100%のイルメロのソープとクリーナーに出…

次の記事>

次の記事>
第560回/【50代のヘアケア】白髪染めとパーマで傷んだ髪にツヤ、ハリ、しなやかさが戻ってき…

この連載の最新記事

チョコ好きにこっそり教えたい♡ ショコラのフレンチコースって?!

第574回/チョコ好きにこっそり教えたい♡ ショコラのフレンチコースって?!

3D計測と骨格診断で、筋トレのやる気が急上昇!ダイエットしたい人にもおすすめです

第573回/3D計測と骨格診断で、筋トレのやる気が急上昇!ダイエットしたい人にもおすすめです

トータス松本には華がある!と、ギタージャンボリー@両国国技館で再認識

第572回/トータス松本には華がある!と、ギタージャンボリー@両国国技館で再認識

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル