HAPPY PLUS
https://ourage.jp/life/daily-tweets/351821/

にんじんや大根の葉っぱを、つい育ててしまう人へ。ちょこっとガーデニングの本をご紹介

スージー

スージー

Creepy Nuts(クリーピーナッツ)の「二度寝」を練習しています。ラップを歌うことに真剣に取り組んでいると、作者の言葉選びの妙に感心するともに、尊敬の念まで生まれます。韻を踏んだ歌詞を作ってみたい。フルートは吹けます。

記事一覧を見る

スイカの種やピーマンの種が、植木鉢で発芽するのを楽しみにしたり、にんじんの葉っぱのついているところを水につけてみたり。「育つかな〜」と観察するのは楽しいもの。その好奇心を、さらに刺激してくれる1冊に出会いました。

これ、なんとなく芽がでそう。葉っぱが生えてきそうなものを見つけると、育ててみたくなる人いますかー?
私は、まさにそれです。
以前、アボカドの種子栽培をこちらでつぶやきました。アボカド栽培への興味はいったん終了。
ですが、なーんか育ちそうなものは、いつも、ついやってしまいます。
じゃーん。
にんじんの葉

大根やさつまいもなども、頻度高くやりますね。

 

何を求めているでもない。

 

ただ、生命力っていうんですか、それを感じたい。
ああ、水があれば葉っぱを生やすんだね、キミ。おお、根を生やすんだね、アナタ。みたいな。

 

実は、食べ損ねて育っちゃっただけの時もあるけど(笑)

 

この春、こんなところにツボっている私が、共感する一冊に出会いました。

 

ちょこっとガーデニング

(写真上)大橋明子さんの『ズボラさんの買わない、捨てない ちょこっと ガーデニング&レシピ』¥1980/集英社インターナショナル

 

生命を尊ぶという思想は、この本のベースに流れているものの、私の無意味な実験とは違い(笑)、

「買わない」「捨てない」「自然とつながる」を、キーワードにした「植物を再生し利用し、フードロスを防ぐところまで繋げる」アイデア集。

 

「買わない」の章では、今の季節ならではの「桜の花と葉を利用した塩漬け」の作り方。
下のページ写真の右下にあるのが、桜の花の塩漬けですね~。

桜塩漬け

 

「捨てない」の章では「みかんの皮で陳皮」という生薬を作ったり。
「自然とつながる」の章では、おなじみの「生ゴミ堆肥・土の再生」について。

 

他には、ドクダミチンキ、柿の葉茶なども。著者は国際中医学薬膳師なので、薬膳レシピも紹介されています。

 

そして、私がいちばん心惹かれたのは「再生栽培」し「食べる・飲む」アイデアです。

 

すぐにでもやってみたいのは「チンゲンサイ の根元から再生」。チンゲンサイは、我が家では出番の多い食材。根元4センチくらいをカットして、ひたひたの水につけていると葉っぱが生えてくるらしいんです。知ってました?

青梗菜
青梗菜
もし、ちっちゃいものとの格闘がお好きな方なら「種とり」の章もありました。カモミールティーのパックや、ミニトマトから採種ですって。老眼には厳しいかしら。でも、おもしろそう。
ミニトマト
ミニトマト

 

畑で育てられ、収穫され、スーパーで売られ、どこかの家に行き、食べられるタイミングが来て、残った部分から、また新しい生命が生まれる。シンプルに感動ですな。

 

キッチンで「自然のしくみ」を感じられるアイデアを集めた一冊。

私と同じように、伸びてしまった大根の葉っぱや、コマツナの根っこを、つい愛でてしまう方。ぜひ。

 

※本の中のページ写真は、許可を得て掲載しています。

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第570回/しゃべる猫?TikTokで127.2万回再生のバズった猫動画

次の記事>

次の記事>
第572回/トータス松本には華がある!と、ギタージャンボリー@両国国技館で再認識

この連載の最新記事

『光る君へ』の世界をますます楽しめる3点セットを発見!

第583回/『光る君へ』の世界をますます楽しめる3点セットを発見!

春の終わりの❝だる重❞不調を整えたい!「サウナ瞑想」って?

第582回/春の終わりの❝だる重❞不調を整えたい!「サウナ瞑想」って?

歯周病リスクが高い50代、毎日のケアにジェットフロスを投入してみた

第581回/歯周病リスクが高い50代、毎日のケアにジェットフロスを投入してみた

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル