HAPPY PLUS
https://ourage.jp/life/lifestyle/283268/

北欧の美的センスが光る「ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ」へ/前編

新谷麻佐子

新谷麻佐子

あらたに・あさこ●イラストレーター&編集者。2014年にムーミンの作者トーベ・ヤンソンが暮らした島「クルーヴハル」に、友人でライターの内山さつきと1週間滞在したのをきっかけに、kukkameri(クッカメリ=フィンランド語で「花の海」の意) を結成。以後、フィンランドの小さな町や四季、暮らしと文化をテーマに取材を続けている。著書に『とっておきのフィンランド』『フィンランドでかなえる100の夢』(ともにダイヤモンド社)がある。http://kukkameri.com

デンマークのフラワーアーティストがDIYで造り上げた庭園へ、ようこそ!

 

とある4月のぽかぽか陽気の日に、箱根に新しくできた北欧スポット「ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ」に行ってきました!

新谷さん_ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ

 

デンマーク出身のフラワーアーティスト、ニコライ・バーグマンさんといえば、ファッショナブルでビビッドな色合いが特徴のフラワーボックスアレンジメント。そのフラワーボックスを求めて、南青山のお店やカフェに行かれたことのある方も多いと思います。この度、そのニコライさんが、箱根に念願のガーデンをオープンしました。

 

こちらがニコライさん!爽やかな白いシャツで迎えてくれました。ガーデンスタイルのカジュアルなファッションですが、北欧らしい黒の着こなしが素敵です。

 

新谷さん_ニコライ バーグマン氏

 

「箱根に小さな土地を持てたらいいな」とずっと思っていたというニコライさん。ある日、偶然、「For Sale」の看板を見つけ、出会ったのがまさにこの土地で、オーナーの方に「自然が大好きな人にしか売らないよ」と言われた瞬間、「それってまさに自分のこと!」と思ったとか。その後、オーナーの方とはすっかり意気投合して、購入を決めました。

 

北欧の人たちがDIY好きなのは、私自身、フィンランドの人たちとの交流を通しても実感していますが、ニコライさんもDIYが大好きなのだそう!

 

上の写真のニコライさんの足元にある、道に敷き詰められている草木のチップも、自らの手で作りました。枯れた草木はいつでも手に入るわけではないので、秋から冬にかけて集めストックし、少しずつ使っています。

 

「さあ、草のかさかさとした感触を楽しんで!」というニコライさん。園内散策をスタート。一歩一歩、草を踏みしめながらウォーキングを楽しんでいると、鳥のさえずりが聞こえてきます。

 

すると、「ここは、鳥がたくさん来るようにデザインしているんですよ。忙しい毎日を過ごしている皆さんが来られたときに、鳥の声を聞いて、緑に囲まれて、ホッとひと息つけるような場所にしたい。リラックスして、リフレッシュしてもらえたらと思っています」と教えてくれました。

 

さらに先へと進むと、ガラス張りの小屋が現れました。Shop Pavilion(ショップ パビリオン)です。小屋自体は、デンマークのガラスハウスメーカーのもの。Shop Pavilionは、今後ガーデングッズを販売する場所にしていくそう。

 

新谷さん_ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ

 

ガラスハウスの周りには、きれいなお花が並んでいました。よく見ると、鉢植えカバーもさりげなくおしゃれ。その上、主張し過ぎず、自然に溶け込んでいます。

 

新谷さん_ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ

 

美しい鉢植えをバッグに、ニコライさんは自然への敬意も語りました。

 

「ここでは植物を直接地面に植えず、鉢植えを並べています。地面に植えるのは、ツゲや椿、紫陽花のように、箱根に自生する植物だけ。私は、箱根の山をキャンバスに見立て、季節や気分に合わせて、植物を自由に選び、ガーデンに変化を加えていきたい。だからこそ、自生する植物以外は、ポットやプランターに入れて並べています」

 

新谷さん_ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ

 

園内には、こんな大きな作品も!ガーデン内で拾われた枝が絵画のフレームのように、作品の一部となって活用されています。

 

 

 

新谷さん_ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ

新谷さん_ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ

新谷さん_ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ

 

ニコライさんの庭園探索は、まだまだ続きます!【後編】をお楽しみに!

 

新谷麻佐子さんの北欧旅連載

『今人気の田園ツーリズム。フィンランド、ラトビア、エストニアに行ってきました!』

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第24回/北欧関連のおすすめ本『マリメッコの救世主 キルスティ・パーッカネンの物語』

次の記事>

次の記事>
第26回/ナチュラルな庭園には素敵なカフェも!「ニコライ バーグマン 箱根 ガーデンズ」へ…

この連載の最新記事

リサ・ラーソンと日本の強い絆。それは“ものづくり”を愛する人々が育んだものだった

第41回/リサ・ラーソンと日本の強い絆。それは“ものづくり”を愛する人々が育んだものだった

ニコライ・バーグマンがプロデュース!デンマーク人アーティストによる「花」の展覧会@箱根

第40回/ニコライ・バーグマンがプロデュース!デンマーク人アーティストによる「花」の展覧会@箱根

北欧クリスマスを埼玉で体感!妖精、トントゥに会いに行こう!

第39回/北欧クリスマスを埼玉で体感!妖精、トントゥに会いに行こう!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル