HAPPY PLUS
https://ourage.jp/life/more/335287/

「女性ホルモンによい影響があるなら、これはやってみてもいいのでは」(60歳)、「罪悪感なくたのしめる方法を知りたい」(49歳)、「すでに実践している人たちの感想を知りたい」(51歳)『データでPON!』 SP「セルフプレジャー(自慰、マスターベーション)への関心度は?」

〈毎回テーマを決めてOurAge読者にアンケートを実施し、その結果をご紹介する「データでPON! 」。SEXとフェムゾーンをテーマにしたスペシャル企画、今回はフェムテックの認知度の広がりとともにおしゃれな専用アイテムも販売されるようになった「セルフプレジャー(自慰、マスターベーション)」について聞いてみました。

「OurAge」では、これまでも「夫やパートナーとのセックスを拒否したことはありますか?」や「腟のゆるみや潤い不足を実感したことはありますか?」など、セックスやフェムゾーンについて読者アンケートを実施。

 

 

いまやおしゃれで高機能な専用アイテムがこぞって開発され、そのいくつかは大手百貨店も取り扱いを始めるなど、以前より生活に取り入れやすくなってきているセルフプレジャー。

 

「セルフプレジャーは心身をリラックスさせ、幸せホルモンといわれるエンドルフィンの分泌を促す」「腟のゆるみを防いだり、フェムゾーンの血行をよくする」と、更年期世代にセルフプレジャーをすすめる医師や専門家もいて、その注目度は増すばかり。

 

そんなセルフプレジャーですが、まず40代50代のOurAge読者の認知度はどれくらいでしょうか?

 

Q1 「セルフプレジャー」という言葉を知っていますか?〈回答者数939名〉

★ すでに知っている人は約4割。また「興味がある」という人は約6割に。関心の高さがうかがえます。

 

Q2 1で「知っている」を選んだ方におたずねします。「セルフプレジャー」について、どこで知りましたか?(※複数項目の回答OK)〈回答者数451名〉

1位 雑誌 46.3%

2位 OurAge  37.2%

3位 OurAge以外のサイト 26.8%

4位 SNS 17.5%

5位 友人、知人と話していて 10.6%

 

★なんとOurAgeが2位にランクイン! OurAgeが力を入れてきた「腟ケア」「腟活」などフェムテック関連の記事から知ったという方が多いようです。また「友人、知人と話していて知った」という、いわゆる口コミ派も10人に一人。

 

 

Q3  1で「興味がある」を選んだ方におたずねします。医師や専門家から、セルフプレジャーではいくつかの効果が期待できるといわれていますが、あなたが一番期待する効果は何ですか?(※複数項目の回答OK)〈回答者数571名〉

1位 ストレスや不安の軽減 47.8%

2位 女性ホルモンの分泌の改善(=肌ツヤや髪の潤い感がアップ) 43.6%

3位 安眠へと導く 42.3%

4位 幸せホルモン(オキシトシンやエンドルフィン)の分泌 40.2%

5位 腟の萎縮の予防 26.2%

 

★「セルフプレジャーには女性にうれしい効果があると聞き、興味を持ちました。やってみたいのですが、罪悪感なく楽しめる方法、衛生的に楽しむ方法を知りたいです」(58歳・公務員)、「女性ホルモンによい影響があるとするならば、セルフプレジャーもあり。やってみていいと思います」(60歳・専業主婦)、「昔は中高年が自慰のような性的なことを考えたりすることが信じられなかったし、とても認めたくないし許せないと思ってたけど、自分自身がその年頃になってみると、嫌悪感がありません。むしろ、自然現象だと思うようになりました」(60歳・パート・アルバイト)、「今回、このアンケートで初めてセルフプレジャーなるものを知りましたが、よい効果があるならやってみたいと思いました」(49歳・会社員)、「興味はありますが、どのようにやるのがよいのか全くわかりません。またすでに実践している方たちの感想などを知りたいです」(51歳・専業主婦)

 

それでは「すでに実践している方たちの感想などを知りたい」というリクエストにおこたえし、経験者の方々から寄せられたコメントを最後にご紹介します。

 

「セルフプレジャーを行うようになってから、それまでより自分の体に向き合っているような気がします」(50歳・会社員)、「ぐっすり眠れますよ!」(41歳・パート・アルバイト)、「私の場合は肌のツヤやハリがアップし、若々しくいられるようになったと思います」(49歳・パート・アルバイト)、「私は一人でお風呂に入っている時にすることが多いです」(38歳・パート・アルバイト)、「セルフプレジャーで気持ちよくなることで、心に余裕が出てきました」(62歳・パート・アルバイト)、「好きなアロマを焚き、素敵な下着を身につけてセルフプレジャーを愉しんでいます。するとそのまま朝までぐっすり眠れ、目覚めが違います」(42歳・公務員)、「50歳を過ぎてからパートナーができ、定期的にセックスするようになってセルフプレジャーに興味がわき、実践しています。腟の締まりががよくなり、尿漏れがなくなりました。また、肌つやが良くなった気がします」(不明)

 

「データでPON!」、今回はここまでです。

次回もよろしくお願いいたします!

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第16回/「性交渉でオーガズムに達せられなくなってしまった。腟が緩んでいるのか?」(48歳…

次の記事>

次の記事>
第18回/「陰唇がのびていた。どうしたらいい?」(49歳)、「黒ずみが気になる。顔のように…

この連載の最新記事

「家庭は壊したくないけど、ときめきは欲しい」(51歳)、「男性と付き合うことで、自分が女性であることを実感できる」(50歳)、「もう恋愛する体力が残っていない気がする」(59歳)『データでPON!』 「40代50代読者の恋愛への関心度」

第20回/「家庭は壊したくないけど、ときめきは欲しい」(51歳)、「男性と付き合うことで、自分が女性であることを実感できる」(50歳)、「もう恋愛する体力が残っていない気がする」(59歳)『データでPON!』 「40代50代読者の恋愛への関心度」

「本音を言うと…したい」(52歳)/ OurAge読者に「セックスレスな女性たちの本音」についてアンケート調査を実施

第19回/「本音を言うと…したい」(52歳)/ OurAge読者に「セックスレスな女性たちの本音」についてアンケート調査を実施

「陰唇がのびていた。どうしたらいい?」(49歳)、「黒ずみが気になる。顔のように美白できるの?」(不明)、「もっと若い頃から見ておけばよかった」(54歳)『データでPON!』 SP「自分の女性器(フェムゾーン、デリケートゾーン)、見ていますか?」

第18回/「陰唇がのびていた。どうしたらいい?」(49歳)、「黒ずみが気になる。顔のように美白できるの?」(不明)、「もっと若い頃から見ておけばよかった」(54歳)『データでPON!』 SP「自分の女性器(フェムゾーン、デリケートゾーン)、見ていますか?」

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル