HAPPY PLUS
https://ourage.jp/mainichi_yojo/131721/

大根役者とは呼ばせない vol.1

加藤紀子

加藤紀子

1973年1月30日、三重県鈴鹿市生まれ。

92年に歌手としてデビュー。幅広いメディアで大活躍するさなか、2000年より芸能界を休業し、パリへ語学留学。2002年に帰国し、芸能活動を再開。以降、テレビ、ラジオ、エッセイ執筆など多方面で活躍。2013年にTOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシ氏と結婚。

現在、TBS『ふるさとの未来』(水曜深夜0時58分~)にレギュラー出演中。YouTube「加藤紀子畑チャンネル」https://www.youtube.com/c/katonorikoも配信中。

記事一覧を見る

春を目前になんですが、この冬もありがたいことに大根が立派に育ちました。

 

青首大根、紅しぐれ、紫大根など、生で良し!煮て良し!と、いかようにも楽しめる大好きな野菜なので張り切って種を蒔いてみたものの、当然ながら成長過程も一緒、ならば収穫時も一緒・・一度に大根って食べられ・・ない。

その上、畑での作業が少ない2月の頭に休みを取って旅行に行くことを決めたので、どうにか策を練らないと・・。

 

そのまま土に植えておくと大根の中にスが入るし、何か方法はないかしら?と首をひねっていると、畑メイトKさんが「地中で保管する方法があるらしい」というので、畑師匠にアイデアをもらって、遡ること12月の終わり、トライしてみることにしました(いかに早くから休みに向けて準備をしていたのかとも思う)。

抜きたてホヤホヤをまた土に戻すなんて、大根も「まさか!」と驚いたはず。

葉に養分がいかないように切り落とし、河童カットに変身した大根ちゃんが、すっぽり埋まるよう50センチほど土を掘ります。

土の中とはいえ、太陽を感じる向きに並べると良いと畑師匠より教わり、葉を北に、ボディは南の方向に間隔をあけて並べて・・

目印をして再び土へ。初の大根地中保管作戦、果たして上手く行くのでしょうか??

一方、お家の中でも大切に保存出来るよう、干し野菜ネットに入れてしばし乾燥。

数日後、しっかり水分が抜けたら密閉袋に入れて保存し、切り干し大根やお味噌汁、はたまたお漬物にして味わいます。

ハリハリ漬けが自宅で簡単に!

干してよし、漬けて良しだなんて、”大根役者”とは呼ばせないほどの名プレイヤーっぷり!

 

あとは旅行の間、静かに帰りを待ってくれていれば良いのですが・・・。

(続く)

 

加藤紀子

公式ブログ 「加藤によだれ」 https://ameblo.jp/katonoriko/

Web連載 「加藤紀子@山形」 http://www.okaze-gatta.jp/essay

「加藤紀子のエスプリ カフェ プラス」 http://www.ellebeau.com/electore-journal/n_kato/

フリーペーパー 「月刊てりとりぃ」 でも連載中

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

やや無骨な名前とは裏腹に、上品で優しい芋焼酎! 原日出子さんの簡単おつまみもご紹介中です

やや無骨な名前とは裏腹に、上品で優しい芋焼酎! 原日出子さんの簡単おつまみもご紹介中です

PR
<前の記事

<前の記事
第12回/あなた様のお名前は?

次の記事>

次の記事>
第14回/大根役者とは呼ばせない vol.2

この連載の最新記事

暖冬の畑が育んでいたのは・・?

第84回/暖冬の畑が育んでいたのは・・?

憧れの先輩主催の朝活イベントでお野菜を!

第83回/憧れの先輩主催の朝活イベントでお野菜を!

春の種芋撒きから、7か月後の今

第82回/春の種芋撒きから、7か月後の今

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル