HAPPY PLUS
https://ourage.jp/odekake_joshigumi/333787/

ディープな大阪を楽しむ! さまざまな魅力にあふれた体験型ホテル 「OMO(おも)7大阪 by星野リゾート」

小原誉子

小原誉子

「京都観光おもてなし大使」&旅ライター
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを経て、集英社「エクラ」などのライターに。
2011年より京都に在住。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

記事一覧を見る

第55回

「OMO(おも)7大阪 by星野リゾート」

 

今回は、京都からちょっと足を延ばして大阪へお出かけです。

京都に住んでいても、東京人の私にとって大阪は、まだまだ未知の町。「ちょっと怖い気もする~どこに行ったらいいかわからない~」と、行くときは、目的地だけでとんぼ返りしていました。

 

今回、取材の機会を得て訪れたのは、「OMO7大阪 by星野リゾート」。2022年4月に大阪の「新今宮駅」の前にオープンした人気のホテルです。

 

「新今宮」エリアは、大阪のランドマークである「通天閣」など「新世界」と言われるエリアのそばにあり、大阪らしい活気と魅力あふれた町です。駅前に完成した「OMO7大阪 by星野リゾート」は、このエリアのイメージを、より観光しやすい町へと一新させたと言えましょう。

 

かつて化粧品会社の工場があった広い敷地…そこに広がるのが「OMO7大阪 by星野リゾート」の世界です。

 

まるで屋外にいるような開放感あふれるロビー。

緑の芝生と木々が茂るスペースは、滞在者が自由に過ごす安らぎの場所…。

ホテル内のどの場所もゆったり…ここが大阪の中心地であることを忘れてしまいます。

 

客室からの眺めは、大阪を一望する景色が広がります。「通天閣」「あべのハルカス」などが目の前に…。「あ、山も見える~」そう、大阪平野の周辺の山々の姿もそこに。

やはり大阪は大きい…と、京都に住む私は実感しました。

実は、大阪は、夕暮れ時の景色が美しい場所で、大阪湾方向に沈む夕陽は、高層ビルをオレンジ色に染めます。その時刻に部屋にいるのもおすすめかもしれません。

 

 

さて、客室は、8タイプ全436室。

最大6名が宿泊できるタイプなどもあり、家族やグループで訪れた方に人気です。

 

ホテルでご紹介したい場所は、いろいろありますが、まずは、気になる食事から…。

2階のレストランでは、食の都、大阪らしく「うまいもん!」がいっぱい。夜また朝と、種類豊富な料理が並ぶビュッフェスタイルは、幅広い年齢層に対応するおもてなし。

 

さらにホテル内には、カフェやBARなどもあり、いつでも美味しいものを味わえ、これもゲストには、嬉しいこと。

庭を眺めながら、大阪の味を堪能でき、「もうずっとここにいてもいいかも…観光はまたいずれ~」という感覚になりそうに…。

 

 

しかし、それでは「OMO7大阪 by星野リゾート」に滞在する楽しみは十分ではありません。

 

「町を楽しむ!」とコンセプトとする「OMOシリーズ」。ここにも町の案内人「OMOレンジャー」がいて、ガイドブックだけではわからない、ディープな大阪を案内してくれます。

OMOレンジャーについて歩く町…

 

ホテルから出発して、町の細い路地を行ったり…たこ焼き屋、お好み焼き屋、すし屋、レトロなカフェなど美味しいそうな店が次々に現れます。自分がどこにいるのかわかりませんが、案内人がいるから迷う心配もなく、町歩き。これが大阪初心者には、なんともありがたいこと。

 

さらに近くには、「木津卸売市場」という大きな市場があり、そこにも案内をして頂きました。

 

乾物やキムチなどをお土産に購入。「ここも一人では、来れなかったかも~」と。

 

京都以上に大阪の町は規模が大きく、さまざま地域があるため、案内人の存在はありがたいもの。「一度、来れば、なんとか次はひとりでも大丈夫かも…」と思うことができました。

 

また、ホテルでも、いろいろな体験が…。

 

旅の疲れを癒すのが、敷地内の温浴施設の「湯屋」。ここがJRの新今宮駅の向かい側であることを完全に忘れる幻想的な空間です。湯上りには、「大阪らしい!」と思わず感激するアイスキャンディーが…自由に何本も食べられるので、全種類制覇!

 

アイスキャンディー片手に、夜の庭のソファーで寛ぎます。向かい側には、駅のホームの通勤客の姿が…。虫の声を聴きながらのひとときは、まさに極楽。

 

 

そして翌朝は、芝生のスペースでストレッチ。

さぁ、今日も大阪を楽しもう! そんな意欲が生まれます。

 

「OMO7大阪 by星野リゾート」の場所は、大阪観光の拠点に相応しい利便性を備えています。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンへは、ホテルから無料シャトルバスで約30分。「関西空港」からは、南海空港線「特急ラピート」で37分。「大阪駅」から大阪環状線で約15分。

JR「新今宮駅」前であることから、徒歩の移動距離が少ないのが、荷物の多い観光客には好都合です。

大阪万博へのアクセスの良さも期待できます。

 

 

大阪初心者にとって、この「OMO7大阪 by星野リゾート」は、大阪の魅力をともかく知る上で、ぜひおすすめしたいホテルです。

 

京都から、ここにわざわざ宿泊させていただいたからこそ、知ることができたことがいろいろ。とても一人で大阪に宿泊しても、これほど楽しめなかったと思われます。次は、東京の友達を誘って、宿泊したい!

 

大阪の町は、今、とても変化しています。

ぜひ、京都と共に大阪を楽しんではいかがでしょう?

 

 

「OMO7大阪 by星野リゾート」

大阪市浪速区恵比須西3丁目16-30

☎050-3134-8095(予約9:30~18:00)

ホームページ

 

 

京都の文化・観光を伝えるブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」

http://blog.goo.ne.jp/mimoron


おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
<前の記事

<前の記事
第144回/おうちで楽しむ、京の味と物(54)暮らすように過ごす京都旅 星野リゾートのOMO…

次の記事>

次の記事>
第146回/おうちで楽しむ、京の味と物(56)老舗の焼き菓子メーカーのたい焼き直営店 「まめ…

この連載の最新記事

おうちで楽しむ、京の味と物(59)京都地元の新鮮な野菜もたっぷり、やさしいお味のベトナム料理 ベトナムフレンチ「XUAN(スアン)」

第149回/おうちで楽しむ、京の味と物(59)京都地元の新鮮な野菜もたっぷり、やさしいお味のベトナム料理 ベトナムフレンチ「XUAN(スアン)」

おうちで楽しむ、京の味と物(58)干支の「龍」の京友禅染色のフレームで招く吉祥 西陣千両ヶ辻「京友禅染色工房 南進一郎工房」

第148回/おうちで楽しむ、京の味と物(58)干支の「龍」の京友禅染色のフレームで招く吉祥 西陣千両ヶ辻「京友禅染色工房 南進一郎工房」

おうちで楽しむ、京の味と物(57)京都秋の特別公開 重要文化財の雅な書院が修復後初公開 「聖護院門跡」

第147回/おうちで楽しむ、京の味と物(57)京都秋の特別公開 重要文化財の雅な書院が修復後初公開 「聖護院門跡」

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル