HAPPY PLUS
https://ourage.jp/popular/129148/

絶景!オマーンの“グランドキャニオン”にある5つ星リゾート(前編)こんな景色、見たことない!

ミーナ

ミーナ

MyAge/OurAge編集

「チーム健活」 メンバー

南の島のビーチで読書、が至福のとき。

よく遊び、よく寝る、のが病気知らずのモト。

ストイックにならずに健康でいる方法を模索中。

身近なウォーキングからスタート?

記事一覧を見る

こんにちは、旅好きミーナです。ちょっと間があいてしまい、去年のことですがオマーンへの旅行をレポート中。アラビア半島の東側、ドバイやアブダビのあるUAE(アラブ首長国連邦)の東南の隣国で、“海、絶景、ワイルドな自然が好き、でも旅行は快適じゃなきゃ”というわがままミーナがすっかりお気に入りになった国です。

日本ではあまり知られていないオマーンに興味をもったきっかけは、下の写真。

写真はSix Senses Zighy Bay Resort のウェブサイトより

 

絶景のロケーションにある、シックスセンシズ(Six Senses)のビーチリゾートでした。というわけで、いつかは行ってみたい国、オマーンだったのですが、昨年の春、まとまった休みが取れる機会があり、行き先を考え始めたころ、なぜかオマーンの情報が集まってきたのです。

アナンタラ(Anantara)というホテルグループからのメールに“オマーンに新しいリゾート2軒オープン”というお知らせが載っていたり、海外の旅行サイトからのメールに“2017年注目の旅行先はオマーン”という記事があったり。

 

リサーチしてみると、ビーチはもちろん、砂漠やオアシスに行けて、3000メートル級の山脈に山のリゾートもあって、すごく多彩な風土なんです。シャングリラやリッツ・カールトン、アナンタラやシックセンシズなど、名だたるホテルチェーンのリゾートもあり。欧米では、すでに大人気のデステイネーションだったのです。

 

というわけで、旅行先はオマーンに決定。前置きが長くなりましたが、旅レポをお送りしています。海のリゾート、シックスセンシズ・ジギーベイ(Six Senses Zighy Bay) の次にご紹介するのは、山の絶景リゾート、アナンタラ アル ジャバル アル アフダル リゾート(Anantara Al Jabal Al Akhdar Resort)です。アナンタラはタイをメインに、アジアを中心に展開しているホテルグループ。オマーンの山のリゾートは、2016年末にオープン。

アナンタラ アル ジャバル アル アフダル リゾート(Anantara Al Jabal Al Akhdar Resort)は、地図の星のあたりです。

 

ホテルはオマーンのグランドキャニオンと言われる峡谷の縁に建ち、崖を望むインフィニティプールからはパノラマな景色が。そんな絶景リゾートだけに、行くのはちょっと大変。豊富なオイルマネーによって道路網が整備されているオマーン、レンタカーで旅していたのですが、2000メートル超えの山中にあるリゾートへは途中から4駆専用道路になるのです。

高速道路を内陸の山間部に向かって行くと、峰々の頂には、昔の要塞跡が点々と。古い要塞と椰子、高速道路の対比がオマーンならでは。

 

高速道路を降りて、山麓の4駆専用道路の検問所で待ち合わせ、リゾートの送迎車に乗り換えて山道をぐんぐん、やがて高地の集落に到着。どうってことのない村の風情で、こんなところにリゾートがあるの?“グランドキャニオン”って?

麓から45分ほど、村はずれのホテルに到着。峡谷は、ホテルの裏なのかしら?

 

次ページに続きます。

世界一標高の高い場所(2000m超)にある5つ星のモダンなリゾートですが、おもてなしやインテリアにアラブの佇まいが。ウエルカムドリンクは、スパイスで味付けされたオマーンコーヒーと、ザクロが入ったローズウォーターです。

 

ロビー棟から中庭を抜け、リゾートの中心のガーデンへ。

奥の白いパラソルのあたりが、崖に面した噂の絶景インフィニティプールだそう。“グランドキャニオン”は、その向こうにあるのですね。早くプールに入りたいのですが、まずはお部屋へ。

ホテル棟はこんな風に崖に沿って建っていますが、他にヴィラタイプの部屋もあります。

部屋に案内されて飛び込んできたのが、この景色。

大きな窓から、このパノラマビューです!

想像をはるかに超えた絶景。テラスの柵が透明なので、本当に眺めが良いです。広いテラスにはテーブルセットと、対面にソファもあって、1日中景色を眺めていられそう。海派のミーナも、ここのテラスには参りました!

部屋の調度も山のリゾートらしく、ウッディで落ち着きますね。

 

ミーナの写真では、絶景ぶりがお伝えできないので、ホテルのホームページよりご紹介。でも、本当はこの写真よりもさらに素敵です。

写真はAnantara Al Jabal Al Akhdar Resortのホームページより

 

ホテルのご紹介、次ページに続きます。

こちらのリゾートで絶対に押さえておきたい場所が、ここダイアナズポイント(Diana’s Point)。

1986年11月、故ダイアナ妃がチャールズ皇太子とオマーンを訪れた際にヘリコプターで降り立って、自然の中で半日ほどゆっくりされたのがここ。そのゆかりの場所にこのリゾートが建っていて、展望台があります。

そこからの景色は、オマーンのグランドキャニオンと呼ばれているだけあり、部屋からの景色とは違う迫力。本当にすごいところに建っているのです。

展望台では、スペシャルなデイナーのセッテイングなどもてしてくれるそう。うっとりですね。

写真はAnantara Al Jabal Al Akhdar Resortのホームページより

 

もう一つ、忘れてはならないのがこちらのインフィニティプール。ダイアナズポイントの横に位置しています。プール好きにはたまらないロケーション。中東のオマーンとはいえ、山のリゾートなので夕方からは気温がぐっと下がってきます。でも、温水プールなんです!もっと温かいジャグジーもあるので、万全。

峡谷に向かって泳いで行くのは今までにない体験で、また一つ、お気に入りプールが増えました。

 

夕方、部屋に戻って、またテラスでまったり。

谷の向こう側には、村が見渡せます。リゾートからは、3つの村が見えるそう。望遠にしてよーく見ると、何やら段々畑があるような。

そんな村々を巡るウオーキングツアーや谷底へのトレッキングなど、様々なアクティビティもこのリゾートの魅力。

もちろん参加しました。そちらのレポートは、また次回に。

 

テラスから、山の夕暮れ。街路灯や村の灯、見飽きない景色です。

 

 

アナンタラ アル ジャバル アル アフダル リゾ

Anantara Al Jabal Al Akhdar Resort

https://jabal-akhdar.anantara.com/

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第2回/岩山とビーチ!オマーンの隠れ家リゾート「シックスセンシズ・ジギーベイ」(後編)

次の記事>

次の記事>
第4回/絶景!オマーンの“グランドキャニオン”にある5つ星リゾート(後編)ハイキングやス…

この連載の最新記事

絶景!オマーンの“グランドキャニオン”にある5つ星リゾート(後編)ハイキングやスパでリフレッシュ!

第4回/絶景!オマーンの“グランドキャニオン”にある5つ星リゾート(後編)ハイキングやスパでリフレッシュ!

絶景!オマーンの“グランドキャニオン”にある5つ星リゾート(前編)こんな景色、見たことない!

第3回/絶景!オマーンの“グランドキャニオン”にある5つ星リゾート(前編)こんな景色、見たことない!

岩山とビーチ!オマーンの隠れ家リゾート「シックスセンシズ・ジギーベイ」(後編)

第2回/岩山とビーチ!オマーンの隠れ家リゾート「シックスセンシズ・ジギーベイ」(後編)

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル