梅雨は、女性に多い天気痛に要注意!④耳マッサージで改善

プロフィール写真

佐藤純さん

医師・医学博士。愛知医科大学客員教授。愛知医科大学・学際的痛みセンターにて日本で唯一の天気痛外来を開設。天気痛ドクターとしてメディアでも活躍

雨が降ると、頭が痛くなったり、気分が滅入る感じはしませんか? それは気圧の変化が招く〝天気痛”という症状です。天気痛になりやすいタイプや解決策を専門医が解説していく連載第4回は、改善策を伝授!

 

 

すぐ取り入れたい! 改善アイデア

 

痛み止めに頼らず生活改善を。耳マッサージも効果的

 

天気に左右されて突発的に起きる痛みや不調。では、どうすれば天気痛は改善できるのでしょうか?

 

 

「慢性的な痛みを抱えている人は、痛み止めがないと不安という人も多いのですが、鎮痛薬に頼る習慣を断ち切ることも大切。『薬物乱用頭痛』といって、頭痛薬を飲み続けていると効きにくくなり、服用回数が増えることで逆に頭痛が悪化する場合があるのです。そのため、私は実際の治療でもできるだけ鎮痛薬以外で痛みをコントロールし、症状の根本原因となっている病気があればその治療を並行して行います」

 

セルフマッサージをしたり、生活習慣に気をつけることも天気痛の予防や改善に効果的だといいます。

 

「天気痛は耳と自律神経がかかわっているので、普段から耳の血行をよくすることと、自律神経のバランスを整えることを意識してください。なかでもおすすめは私が考案した耳マッサージ。血流がよくなることで内耳のセンサーが整い、頭痛や不調の改善した方がたくさんいます」

 

 

耳マッサージを取り入れる】

親指と人差し指で両耳を軽くつまみ、上・下・横に各5秒ずつ引っ張る

耳を軽く横に引っ張りながら、後ろ方向に5回ゆっくり回す

耳を包むように折り曲げて、5秒キープ

手で耳全体を覆い、後ろ方向に円を描くように5回回す

 

患者さんに試してもらったところ、予防・改善できたという声が多かった耳マッサージ。「実際にマッサージを行う前後で鼓膜の温度を調べると明らかに違いが。血行改善が期待できます」と佐藤先生。「朝昼晩に各1回ずつ、2週間~1カ月続けてみましょう」

 

 

次のページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top