のどの筋トレで肺炎を予防!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

1967年生まれ。最新刊『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)が好評発売中!ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

いし こんにちは。ぐうたらライターのいしまるこです。

ハーバード大学医学部根来秀行教授のweb講座「肺年齢を若返らせる!」です。前回は、女性に多い肺腺がんについてのお話でしたが、今回は、肺炎についてお話を伺いたいと思いますよ。

 

 

根来 こんにちは。根来秀行です。
肺炎による死亡は数年前から増え続けていますし、気になりますよね。

 

 

いし はい。肺炎による死亡は、脳血管性疾患を追い抜いて今や第3位とか。一体なぜです?

 

 

根来 それは日本人の寿命が延びて、誤嚥性肺炎で命を落とす高齢者が増えたからでしょう。

 

 

いし 誤嚥性肺炎って?

 

 

誤嚥性肺炎とは……

Dr.negoro_Ill

飲食物を誤嚥→誤嚥したものが肺に入る→炎症を起こす

 

 

 

 

根来 誤嚥性肺炎は、飲食物などが食道ではなく、気管や肺に入ってしまい、そこで細菌が繁殖し、炎症が起きる病気です。肺炎で死亡する人のほとんどが75歳以上の高齢者で、その7割以上に誤嚥が関係しているといわれています。

 

 

いし なるほどなるほど。

 

 

根来 呼吸筋を鍛えるとともに、飲み込む力を鍛えるといいですよ。
肺年齢を若く保つことにもつながります。

 

 

いし 具体的には?

 

 

根来 喉の筋トレは、誤嚥性肺炎の予防として、近年注目を集めています。

 

 

いし 喉の筋肉を鍛えるの?

 

 

根来 はい。高齢者の嚥下機能訓練法として、介護やリハビリの現場でも実施されています。

 

 

いし まだ先の話って気がするけど、今からやったほうがいいんですかあ?

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第86回
のどの筋トレで肺炎を予防!/Dr.根来の体内向上プロジェクト


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top