肺がんの原因に女性ホルモンがかかわっている!?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

1967年生まれ。最新刊『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)が好評発売中!ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

いし こんにちは。ぐうたらライターのいしまるこです。

ハーバード大学医学部根来秀行教授のweb講座「肺年齢を若返らせる!」です。前回はタバコ病〝COPD〟についてのお話でしたが、今回は肺がんについて根来教授に伺いますよ。

 

 

根来 こんにちは。根来秀行です。
がん死の中でも肺がんによる死亡は男性が1位、女性は2位なんですよね。

 

 

いし 女性にも多くてびっくりしました。

Dr.negoro_Ill

 

 

根来 近年、肺がんの中でも〝肺腺がん〟が増えているのですが、男性より女性に多いんですよ。

 

 

いし えーっ、喫煙者は男性のほうが多いのになぜ!?

 

 

根来 肺腺がんは肺の奥の粘液などを分泌する細胞にできるがんで、喫煙の影響はあるもののそれほど大きくないといわれています。

 

 

いし では考えられる原因は何?

 

 

根来 近年、肺腺がんの発症にエストロゲンがかかわっているという研究が発表されています。

 

 

いし 女性ホルモンですか!?

 

 

根来 はい。月経の期間が長い女性や、エストロゲン補充療法を受けたことのある女性に、肺腺がんの発症率が高いこともわかってきています。

 

 

いし HRT(ホルモン補充療法)は乳がんのみならず、肺腺がんのリスクも上げるんですね。ナチュラルホルモン補充療法なら安全?

 

 

根来 いえ、リスクは同じです。僕は、HRTはすすめませんが、もしするなら期間限定にしたほうがいいでしょう。

 

 

いし はーい。わかりました。

シェア ツイート LINEで送る
第85回
肺がんの原因に女性ホルモンがかかわっている!?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top