OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/doctor_blog/152394/

風船をふくらまして肺活量UP!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

根来秀行教授

根来秀行教授

1967年、東京都生まれ。『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)は版を重ね、台湾、韓国でも翻訳され好評発売中! ハーバード大学医学部Lecturer on Medicine、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、杏林大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、最先端の臨床・研究・医学教育の分野で国際的に活躍中。

記事一覧を見る

いし こんにちは。ぐうたらライターのいしまるこです。

ハーバード大学医学部根来秀行教授のweb講座「肺年齢を若返らせる!」です。今回からは、若々しい肺を保つための「根来式肺活トレーニング」ですよ。

 

 

根来 こんにちは。根来秀行です。前回は、嚥下にかかわる筋肉を鍛える筋トレをお伝えしましたが、今回は呼吸にかかわる筋肉を鍛える方法を伝授しましょう。

 

 

いし いいですねー。でも、めんどくさいのはいやですよ。

 

 

根来 大丈夫。ぐうたらないしまるこさんでも大丈夫な簡単な方法ですよ。

 

 

いし わーい。だったらもったいぶらないで早く教えてくださいよお。

 

 

根来 じゃあ、これ。

 

 

いし えっ、これ風船ですけど…。

 

 

根来 はい。呼吸筋を鍛える「風船ふくらまし」トレーニングです。

 

 

いし へ、風船をふくらますだけ?

 

 

根来 風船をふくらますのは、簡単そうで意外と肺活量が必要です。

 

 

いし どれどれ、ぷうぅぅぅぅーっ。先生、苦しい……。

 

根来 ダメダメ、そんなふうに頬をふくらませて、必死の形相で息を吹き込んでも、それでは大して空気が出せず、風船はなかなかふくらみませんよ。

 

 

いし じゃあコツを教えてくださいよ。

 

 

根来 頬がふくらまないように口をすぼめて、腹式呼吸でお腹から一気に息を吐き出すんです。すると、たくさん空気を送り込めます。

 

 

いし あ、ほんとだ。

Dr.negoro_Ill

 

根来 最初のひと息でどれくらいふくらむかを観察しましょう。
続けていくうちに、風船の大きさが大きくなっていけば、肺活量が増えている証です。1日1回から始めて、簡単にふくらませるようになってきたら、回数を増やして負荷をかけてください。

 

風船は100円ショップなどで手に入ります。肺活量が上がるだけでなく、顔やせ&おなかやせ効果も期待できます。

 

 

いし 肺活量UPにダイエット効果も! 楽しいし、遊び感覚でできますね!

 

 

それではみなさん、今日も素敵な1日を!

 

Dr.negoro_photo

 

 

 

(次回は、「肺のよどんだ空気を吐き出す呼吸法」です。お楽しみに!)

 

取材・文/石丸久美子 撮影/森山竜男 イラスト/浅生ハルミン

<前の記事

<前の記事
第86回/のどの筋トレで肺炎を予防!/Dr.根来の体内向上プロジェクト…

次の記事>

次の記事>
第88回/肺のよどんだ空気を吐き出す呼吸法/Dr.根来の体内向上プロジェクト…

この連載の最新記事

睡眠&覚醒中枢を調整する眠り方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第95回/睡眠&覚醒中枢を調整する眠り方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

脳のゴミ出し機能をフル稼働させる眠り方は?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第94回/脳のゴミ出し機能をフル稼働させる眠り方は?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

脳細胞の陰の主役「グリア細胞」とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第93回/脳細胞の陰の主役「グリア細胞」とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル