OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

睡眠&覚醒中枢を調整する眠り方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

根来秀行教授

根来秀行教授

1967年、東京都生まれ。『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)は版を重ね、台湾、韓国でも翻訳され好評発売中! ハーバード大学医学部Lecturer on Medicine、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、杏林大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、最先端の臨床・研究・医学教育の分野で国際的に活躍中。

記事一覧を見る

いし こんにちは。ぐうたらライターいしまるこです。

前回に続き根来教授が最新医学に基づいた「視床下部を鍛える根来式脳トレ」をレクチャーしますよ。

 

 

根来 こんにちは、根来秀行です。今回は視床下部の睡眠・覚醒中枢を整えていく眠り方を伝授します。

 

 

いし 視床下部には睡眠と覚醒の中枢があるんですね。

 

Dr.negoro_ill

睡眠中枢と覚醒中枢はシーソーのような関係。睡眠中枢から覚醒中枢の働きを抑える信号が出ることで眠くなり、覚醒中枢から睡眠中枢の働きを抑える信号が出ることで目が覚めます

 

 

根来 視床下部での睡眠と覚醒の切り替えをスムーズにするには、自律神経とも連動している体内時計を整えることが大切です。

 

 

いし 睡眠と覚醒のリズムは体内時計が調整しているんですよね。

 

 

根来 はい。睡眠と覚醒によるリズムを調整しているのは、ひとつひとつの細胞に備わっている時計遺伝子ですが、1日に11分ほどの微妙なズレが生じます。
このずれを修正する標準時計の役割を担うのが、視床下部のすぐそばにある「視交叉上核(しこうさじょうさかく)」です。左右の視神経が交差するあたりに位置します。

 

 

いし 視交叉上核は眉間の奥のほうにある約1万個の神経細胞ですよね。以前、根来教授に習いました。えっへん。

 

 

根来 さすが、よく覚えていましたね! 目から入った朝の光が視交叉上核から脳幹にある松果体(しょうかたい)へと伝わると、体内時計がリセットされ、替わりに15〜16時間後に、眠りを誘い、成長ホルモンの分泌を促すメラトニンが分泌するようセットされます。

 

<前の記事

<前の記事
第94回/脳のゴミ出し機能をフル稼働させる眠り方は?/Dr.根来の体内向上プロジェクト…

この連載の最新記事

睡眠&覚醒中枢を調整する眠り方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第95回/睡眠&覚醒中枢を調整する眠り方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

脳のゴミ出し機能をフル稼働させる眠り方は?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第94回/脳のゴミ出し機能をフル稼働させる眠り方は?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

脳細胞の陰の主役「グリア細胞」とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第93回/脳細胞の陰の主役「グリア細胞」とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル