OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/food/forties-recipes/234266/

がん治療の権威がおすすめ! 病気を防ぐ「野菜スープ」

おいしいだけでなく、さまざまな病気の予防にいいと今、改めて注目が集まっているのが「野菜スープ」。治療の補助に野菜スープを取り入れることで病気が改善した例も。野菜のパワーを最大限生かした絶品レシピ、ぜひお試しを!

 

前田 浩さん 熊本大学名誉教授。バイオダイナミックス研究所理事長。

前田 浩さん
Hiroshi Maeda

熊本大学名誉教授。バイオダイナミックス研究所理事長。がんの治療や予防、フリーラジカル(特に活性酸素と一酸化窒素)、ドラッグデリバリーシステムなどを研究。著書に『抗がん剤の世界的権威が直伝! 最強の野菜スープ』(マキノ出版)など

 

最善の病気予防は、活性酸素を除去すること

 

“がんは予防がいちばん大切”と話す前田浩先生が、予防に最も効果があると推奨しているのが野菜スープです。

 

「がんをはじめ、ほとんどの病気や老化にかかわるのが活性酸素です。活性酸素は、呼吸で取り入れた酸素や、紫外線、喫煙、食品添加物などさまざまな原因で発生し、細胞や遺伝子を攻撃します。これが、がんや生活習慣病の原因になるのです。

 

人間の体には、活性酸素を消去する“スカベンジャー”という抗酸化物質を作る働きが備わっていますが、この働きは加齢とともに衰えます。そうなると抗酸化物質を外から補う必要があり、その最善の方法が野菜スープをとることです。

 

野菜は、ファイトケミカルをはじめとする抗酸化物質の宝庫で、スープならそれを効率よくとることができ、生活習慣病などの病気を防げるのです。

 

実際、野菜スープを治療の補助に取り入れたことで、高血圧や糖尿病、脂肪肝、メタボリックシンドローム、アトピー性皮膚炎など、多くの病気を改善した例もあります。

 

手軽にできる野菜スープで、病気を寄せつけない体をつくりましょう」

 

 

旬の野菜を使って作る病気を防ぐ野菜スープ

 

抗がん剤の研究者である前田浩先生がすすめるのが、ウェルネス野菜スープ。がんや生活習慣病の予防に効果大!

 

旬の野菜を使って作る病気を防ぐ野菜スープ

 

使っている野菜

  • ・にんじん
  • ・れんこん
  • ・さつまいも
  • ・紫玉ねぎ
  • ・パプリカ
  • ・芽キャベツ
  • ・ケール

 

次回は、野菜スープの効果について詳しく説明します。

 

撮影/三木麻奈 料理/美才治真澄 スタイリスト/西崎弥沙 取材・原文/和田美穂

 

 

次の記事>

次の記事>
第2回/「サラダ」より「スープ」が100倍強力なワケは?…

この連載の最新記事

抗酸化成分<クロロフィル>が多い野菜で「なすと青菜、もずくのタイ風スープ」/野菜スープに「+海藻」で栄養価とおいしさアップ

第9回/抗酸化成分<クロロフィル>が多い野菜で「なすと青菜、もずくのタイ風スープ」/野菜スープに「+海藻」で栄養価とおいしさアップ

トマトのリコピンがしっかりとれる「野菜とミックスビーンズのスープ」/野菜スープに「+豆」で栄養価とおいしさアップ

第8回/トマトのリコピンがしっかりとれる「野菜とミックスビーンズのスープ」/野菜スープに「+豆」で栄養価とおいしさアップ

玄米入りで満足感大!「ざく切りきのこのスープ」/野菜スープに「+きのこ」で栄養価とおいしさアップ

第7回/玄米入りで満足感大!「ざく切りきのこのスープ」/野菜スープに「+きのこ」で栄養価とおいしさアップ

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル