PART1「まとめ野菜」ストック⑩かぼちゃ煮ストック /作り方

プロフィール写真

夏梅美智子さん

東京都狛江市生まれ。雑誌やテレビなどを通して、簡単でおいしく、体にやさしい家庭料理を提案し続 けている。また「狛女(こまめ)」と名づけたグループで地元での食の活動にも忙しい。
近著に『もっと朝ラクおべんとう』(主婦の友社)

かぼちゃ煮ストック

 

「美&元気」をめざすOurAge読者なら、外食よりも栄養バランスを考えて作れる手作りごはんの方が体にいいって思っているはず。そうはいっても、仕事などで忙しくて、毎日手作りはタイヘン・・・そんな時に活躍してくれるのがストックおかず

 

夏梅美智子先生著作「ストックおかずの知恵」より、お役立ちレシピをご紹介していきます。

 

 

【かぼちゃ煮ストック/作り方】

 

かぼちゃをストックするときは、ブイヨンと塩で薄味をつけ、蒸し煮にして火を通します。
かたいと思われるかぼちゃもふたをして蒸し煮にすれば短時間でホクホクの歯ごたえ。
甘みをつけないことがコツです。

 

他の野菜と一緒に炒めたり、つぶしてスープにしたり、
そのまま食べてもおいしいからお弁当のおかずにもぴったり。

 

 

●ストックの作り方●

保存

冷蔵庫で3〜4日

冷凍庫で10日間 耐熱性密閉容器、または耐熱性袋を使用

 

材料(作りやすい分量)

かぼちゃ 1/2個(約900g)

a チキンブイヨン:1個 ローリエ:1 枚 水:11/2カップ

塩:小さじ1/2 こし ょう:少々

 

作り方

1 かぼちゃは種とワタをスプーンで取り除き、ひと口大に切る。

2 aと一緒に鍋に入れる。中火にかけ煮立ったらふたをして、3〜5分煮て火を止める。

 

かぼちゃの種とワタをすくうには、スプーンが便利。端もきれいに取れる

 

切るときは皮を下にしておく。かたい場合は、包丁をまな板に平行にして押す

 

大きめの鍋に入れ、ブイヨン、水、塩、こしょう、ローリエを入れて蒸し煮する

 

 

 

次回は、「かぼちゃ煮とほうれん草のソテー」のレシピをご紹介します。

 

 

撮影/野口健志 スタイリスト/肱岡香子

 

「すとっくおかずの知恵」(集英社)

http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-333119-0&mode=1

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第10回
PART1「まとめ野菜」ストック⑩かぼちゃ煮ストック /作り方

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top