駅舎喫茶、太宰弁当、乗ってオイシイ津軽鉄道~青森県・五所川原~

プロフィール写真

温泉ビューティ研究家・トラベルジャーナリスト
温泉旅で心も体もきれいになる
“ビューティツーリズム”を提唱。
トラベルジャーナリストとして取材執筆・
温泉の講演などで、年200日全国を旅する。

駅舎喫茶、太宰弁当、乗ってオイシイ津軽鉄道~青森県・五所川原~

 

赤い屋根の可愛い駅舎がある津軽鉄道の芦野公園駅で途中下車したときのお話です。次の列車までは50分ほど。この時間がちょうどいいのです。その理由は、ホームから直接行けるこの「駅舎」は、喫茶店になっているからです。

中へ入ると、初めて来たのになんだか懐かしい感じ。「昭和の喫茶店をイメージしているんです。」あ。なるほど。まもなく、平成の時代が終わると、もう二時代前になってしまう昭和ですが、まさにOurAgeは昭和世代の真っただ中ですものね。昔の駅舎の建物をそのまま利用していますから、駅長室や、切符売り場などの名残りがあちこちに感じられて、とっても素敵な雰囲気なのです。

駅舎珈琲は450円、土壌からこだわって有機栽培された生豆をじっくり焙煎し、サイフォンで淹れるこだわりの1杯。せっかくなので、プリンセススイート500円も一緒にいただくことにしました。これが、なんと、驚きのおもしろさ。パンケーキをくりぬいて、中にプリンが潜んでいるのです。さくっ、ぷるんぷるん、とろーり。いろんな食感と味わいが交互にやってきます。

さて。紫陽花が咲く芦野公園駅のホームに、お待ちかねの太宰列車がやってきました。そういえば、この駅は、桜が有名でJR東日本のポスターになった駅。その時に吉永小百合さんがお立ちになって撮影した場所に黄色い足跡が記されているので、「さゆりポイント」に立って撮影するのをお忘れなく。気分は吉永小百合さんですから、エレガントにお願いします。

 

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る
第90回
駅舎喫茶、太宰弁当、乗ってオイシイ津軽鉄道~青森県・五所川原~

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top