PART1「まとめ野菜」ストック⑲焼き野菜のマリネ/作り方

プロフィール写真

夏梅美智子さん

東京都狛江市生まれ。雑誌やテレビなどを通して、簡単でおいしく、体にやさしい家庭料理を提案し続 けている。また「狛女(こまめ)」と名づけたグループで地元での食の活動にも忙しい。
近著に『もっと朝ラクおべんとう』(主婦の友社)

焼き野菜のマリネ

 

「美&元気」をめざすOurAge読者なら、外食よりも栄養バランスを考えて作れる手作りごはんの方が体にいいって思っているはず。そんな時に活躍してくれるのがストックおかず。

 

夏梅美智子先生著作「ストックおかずの知恵」より、お役立ちレシピをご紹介していきます。

 

 

【焼き野菜のマリネ/作り方】

 

にんじん、玉ねぎ、なす、ズッキーニ、野菜が少しずつ残っていたら、グリルでこんがりと焼いて、ストック素材にします。
焼き上がりはマリネにするほうが使い勝手がいいので、レモン汁とオリーブオイルのドレッシングをかけておきます。

 

野菜が欲しいときの一品に、そのままでも、小さく切って合わせても。

 

 

●ストックの作り方●

保存

冷蔵庫で3〜4日

密閉容器、または保存袋を使用

 

材料(作りやすい分量)

なす 2本

ズッキーニ 1本

玉ねぎ (小)1個

にんじん 1/2本

ピーマン 4個  赤パプリカ 1個

しめじ 100g

a 塩:大さじ1/2 こしょう:少々 レモン汁:1個分

オリーブオイル:1/3カップ

ローリエ:1枚 ローズマリー:1本 赤唐辛子:1本

 

作り方

1 なすは1㎝幅の輪切りにし、ズッキーニは縦半分に切る。水に2分さらして水気をふく。玉ねぎは半分に切ってから厚さ1㎝に切る。

2 にんじんは薄い輪切り、ピーマンと赤パプリカは縦半分に切ってから種とヘタを除き、しめじは小房に分ける。

3 グリルに1、2を並べ、しんなりして少し焼き色がつくまで焼く。

4 3をボウルに入れ、混ぜ合わせたaを回しかける。

 

なすとズッキーニは水に2分さらして、さっとアク抜きし、水気をふく

 

熱した網かグリルに野菜を並べて、両面にこんがりと焼き色がつくまで焼く

 

焼き上がった野菜からボウルにとり、全体にマリネドレッシングをふりかける

 

 

 

次回は、焼き野菜のマリネをご飯に混ぜて作る「焼き野菜マリネのライスサラダ」のレシピをご紹介します。

 

 

撮影/野口健志 スタイリスト/肱岡香子

 

「ストックおかずの知恵」(集英社)
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-333119-0&mode=1

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第19回
PART1「まとめ野菜」ストック⑲焼き野菜のマリネ/作り方


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top