OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/healthy_gohan/25292/

東京ベジタリアンラーメン事情

東京ベジタリアンラーメン事情

 

こんにちは! 野菜料理家の庄司いずみです。

野菜料理のレシピ開発や料理を紹介することを仕事としているので、明けても暮れてもキッチンで料理三昧。外食をすることは案外少ないのですが、時々無性に食べたくなるものがあります。

それはラーメン。

食べたいとなったらどうしても食べたい。同じつるつる系ですが、蕎麦でもうどんでも、もちろんパスタでも代用はできません。

とはいえ、ラーメンというとチャーシューや卵以前に、スープ自体が鶏ガラだったり豚骨だったり、動物性素材抜きは難しい。ベジタリアンライフを楽しんでいる私としては、「ラーメンが食べたいからそこらでちょっと」というわけにはいかないのです。

 

 

そんなとき、頼りになるのがインスタントラーメンです。

「インスタントラーメンなんてそれこそ動物性のスープじゃないの」と思うかもしれませんが、世の中にはなんと! ベジタリアン用のラーメンがあるのです。

 

庄司オーサワラーメン

それがこちら。マクロビオティック食材が揃うオーサワジャパン(http://www.ohsawa-japan.co.jp/)のヘルシーラーメン。

動物性素材は一切使わず、マクロビオティックの考えに基づいて砂糖も不使用。

味は、良くも悪くもごく普通のインスタントラーメンなのですが……。ものすごくおいしい、というわけでなくても、それはそれ。「ラーメンが食べたい!」モードのときは、ふつうのインスタントラーメンこそがよかったりもします。

このヘルシーラーメン、その名の通り体に悪い素材は入ってなさそうなので、ベジタリアンじゃない方にもいいかもしれません。

 

 

さて、おうちラーメンはヘルシーラーメンで安泰ですが、外食はというと……。

マクロビオティックレストランやベジカフェなどは増えてきた東京でも、卵や乳製品も使わない植物性100%のベジタリアンラーメンを提供しているお店は多くありません。

私が知っている範囲では、たとえば東京駅にあるT’s タンタン(http://ts-restaurant.jp/tantan/)。店名通り坦坦麺が目玉のようですが、ごく普通のお醤油ラーメンもあって私はそちらのほうが好みです。

ラビングハット(http://lovinghut.jp)というお店はラーメンだけではなく、飲茶メニューやうなぎもどき(!)なども楽しめる台湾素食のお店ですが、こちらでも豆乳ベースの辛い坦坦麺など、ラーメンメニューが何品かあります。豚骨ではなく豆乳で白濁させているわけですが、しっかり濃厚な味。満足感は十分です。

台湾素食とは台湾の精進料理のことですが、同じく台湾素食の健福(http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13143733/)でもベジタリアンラーメンは見かけます。

 

 

ここまで紹介したお店はベジタリアンメニューの店ですが、最近では動物性素材を使う、普通のラーメン店にもベジタリアンラーメンの波が押し寄せてきているのです。これは大ニュース!

 

庄司houkibosi

たとえばこちらは、坦坦麺や汁なし坦坦麺(肉ありメニュー)で有名なほうきぼし(http://houkibosi.dip.jp/)で、期間限定、10月だけのメニューとして登場した“豆乳野菜健康坦坦麺”。

豆乳をベースにした植物性100%のメニュー。挽肉のあんも肉ではなく大豆ミートなのですが、もともとが濃厚な坦坦麺で人気のお店だけに、ベジタリアンバージョンもパンチ十分。山椒でピリ辛、ナッツでこくを出し、ラーメン好きの男性にも大満足の味でした。つい先日で終了してしまいましたが、個人的には復活熱烈希望中です。

 

庄司sora

そしてこちらは麹町にある人気ラーメン店、ソラノイロ(http://www.soranoiro01.com/)の植物性100%の” ビーガンベジソバ”。

ソラノイロは昔ながらの中華ソバが大人気で、カップ麺にもなるほどなのですが……。

中華ソバに迫る人気の野菜たっぷりのベジソバをパリのラーメンウィークで提供したところ、これが大人気。ベジソバはだしなどに動物性素材が含まれるのですが、そのせいか現地の人たちに「ビーガン(植物性100%メニュー)はないの」と何度も聞かれ、それがキッカケでビーガンベジソバが生まれたのだそうです。

見てください、どっさりとトッピングされた野菜の色合い。野菜でとったスープをベースに、人参グラッセのピュレなどとあわせたスープは野菜の甘みたっぷりの優しい味。食べれば食べるほどしみじみおいしいのです。

 

 

最近ではラーメンマニアのメッカ、新横浜のラーメン博物館でも「グローバルスタンダードラーメン」として欧米やインドネシア、マレーシアなどのベジタリアンの来館者の要望に応えたベジタリアンラーメンが6種類も登場し、ニュースになっています。

ふつうのラーメン店にも押し寄せるベジタリアンラーメンの波。

ラーメン店のみなさーん! グズグズしてはいられませんよ! 女性に嬉しい、体に優しいベジラーメンが、どこのラーメン店でも並ぶ日がきっとくると思うのです。

 

 

 

庄司いずみ

公式アメブロ http://ameblo.jp/izumimirun/

Facebook  http://facebook.com/izumimirun

今すぐチェック!

【アンケートにご協力ください!】40~50代への推しオイル「アマニ油」を毎日摂るには?

【アンケートにご協力ください!】40~50代への推しオイル「アマニ油」を毎日摂るには?

PR
<前の記事

<前の記事
第16回/ガラスで見せる楽しみ…

次の記事>

次の記事>
第18回/乾物の話その1・もどさず作るかんぴょう料理…

この連載の最新記事

パーティーや年末年始に! 野菜のおすしはいかがでしょうか

第52回/パーティーや年末年始に! 野菜のおすしはいかがでしょうか

ベジタリアンのチーズやバター、生クリームたっぷりのお菓子などの話

第51回/ベジタリアンのチーズやバター、生クリームたっぷりのお菓子などの話

京都ヴィーガン事情

第50回/京都ヴィーガン事情

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル