HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/healthy_gohan/31362/

チョコレートもスーパーフード!?①カカオポリフェノールの健康効果とは

ミーナ

ミーナ

MyAge/OurAge編集

「チーム健活」 メンバー

南の島のビーチで読書、が至福のとき。

よく遊び、よく寝る、のが病気知らずのモト。

ストイックにならずに健康でいる方法を模索中。

身近なウォーキングからスタート?

記事一覧を見る

テレビの健康番組でも度々話題になる、カカオ。チョコレートの原料ですよね。その健康効果の実際、ミーナもちゃんとわかってなかった気がします。チョコレートを使った料理レシピとあわせ、2回に分けてお伝えしますね。

 

 

高血圧抑制&善玉コレステロール増加…  

カカオポリフェノールの注目度が急上昇!

 

 

古代より薬として珍重されてきたカカオ。最近は成分の研究が進み、健康効果が認められてきています。   今回は、産学官が一緒に行った研究の中間報告をお知らせします。

 

 

大澤俊彦さん Toshihiko Osawa

P186-187逕サ蜒・IMG_3490_Web逕ィ

profile

愛知学院大学心身科学部教授。機能性食品、特に、酸化ストレス制御食品開発の基盤的研究が専門。カカオポリフェノールなど、チョコレート成分の機能性に関する研究も長年行っている

 

P186-187逕サ蜒・IMG_3358_Web逕ィ

今回の「蒲郡市民講座」のパネルディスカッションに、パネリストとして参加した楠田枝里子さんは、チョコレート愛好家。好きが高じて、『チョコレート・ダイエット』(幻冬舎)、『チョコレートの奇跡』(中央公論新社)などの本を出版しています

 

 

 

カカオの学名の意味は 「神さまの食べ物」

マヤ、アステカといった時代に、王や首長の万能薬だったというチョコレート。ヨーロッパでも最初は薬として売られていたといいます。

「ですから、チョコレートにさまざまな健康効果があることは想像がつくでしょう。何年も前から、海外ではたくさんの論文が発表されています。しかし、日本でこれだけ大規模なヒトでの検証を行うのは、ここ蒲郡での研究が初めてです」

 

P186-187逕サ蜒・IMG_3063_Web逕ィ

 

大澤俊彦さんが言う大規模な研究というのは、2014年3月から愛知県蒲郡市で、市民の協力のもとに行われている「チョコレート摂取による健康効果に関する実証研究」のこと。

 

蒲郡市と愛知学院大学、そして株式会社明治の産学官が連携して行っているもので、まずは、蒲郡市内外の45〜69歳の347人の男女に、1カ月間、カカオを72%含むチョコレートを1日25g(150キロカロリー)ずつ摂取してもらい、摂取前後の血圧や血液成分などの体の変化を調べました。そして、約半年間の研究の中間報告が、2014年11月に蒲郡市民会館で行われました。

 

まず、血圧について。被験者(蒲郡市民)を高血圧群と正常血圧群に分け、それぞれチョコレート摂取前後の最高血圧の変化を見たところ、高血圧群は平均5・86㎜Hg 、正常血圧群も平均1・62㎜Hg 低下したそうです。   次に、HDL(善玉)コレステロール値の変化を見たところ、これも有意に上昇しましたが、体重やBMI値には変化は認められなかったとか。

「私は、カカオポリフェノールについて長年研究してきました。マウスによる研究で同様の結果も出ています。そのため、健康効果が期待できるという今回の結果は、カカオの中のポリフェノールによるものと考えられます」

 

 

HDLコレステロール値が上昇するという結果が…

邏咎擇逕サ蜒・P186-005_Web逕ィ

 

今回の実証研究での際立った結果は、血管中のLDL(悪玉)コレステロールを排除する役割を持つ、HDL(善玉)コレステロール値が有意に上昇したことでした。チョコレート摂取前の被験者全体のHDL(善玉)コレステロール値の平均値は67.9㎎/dLでしたが、摂取後には69.7㎎/dLに増加していました。

資料提供/愛知学院大学心身科学部 大澤俊彦教授

 

 

 

カカオポリフェノールが血管を広げる

邏咎擇逕サ蜒・P186-006_Web逕ィ

 

チョコレートなどで摂取したカカオポリフェノールは小腸で吸収され、血管の内側に入ります。血管の内側に炎症が生じていると、その炎症によって血管が狭まり、赤血球などが通り抜けにくくなります。そこにカカオポリフェノールが作用することで炎症が軽減され、血管が広がる効果が期待できます。そのため、高血圧の人の血圧が下がったと考えられます。

 

 

この中間報告は「蒲郡市民講座」として行われ、客席はほぼ満席。この実証研究は、蒲郡市民の健康意識も高めたようです。講座では、楠田枝里子さんがカカオポリフェノールについて造詣が深いことがわかり、会場をうならせる場面も。

「カカオの学名はテオブロマといいます。これは『神さまの食べ物』という意味です。私が病気もせず、いつまでも元気に過ごせている理由のひとつにカカオポリフェノールがあると確信しています」(楠田さん)

 

 

毎日の食生活にチョコレートが欠かせない、と言う楠田さんの健康法に、あやからない手はないですね。

 

P186-187逕サ蜒・043_Web逕ィ

 

 

次回は、カカオポリフェノールの効果をおいしくとれる、チョコレート・ドレッシングのレシピをご紹介します。

 

 

 

撮影/板野賢治 イラスト/内藤しなこ 取材・原文/宇野美貴子

今すぐチェック!

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第16回/タカコ ナカムラさん提案の賢い調理法で作る「桜エビの炊き込みご飯」…

次の記事>

次の記事>
第18回/チョコレートもスーパーフード!?②健康効果に期待!チョコレート・ドレッシングの作り方…

この連載の最新記事

チョコレートもスーパーフード!?②健康効果に期待!チョコレート・ドレッシングの作り方

第18回/チョコレートもスーパーフード!?②健康効果に期待!チョコレート・ドレッシングの作り方

チョコレートもスーパーフード!?①カカオポリフェノールの健康効果とは

第17回/チョコレートもスーパーフード!?①カカオポリフェノールの健康効果とは

タカコ ナカムラさん提案の賢い調理法で作る「桜エビの炊き込みご飯」

第16回/タカコ ナカムラさん提案の賢い調理法で作る「桜エビの炊き込みご飯」

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル