フコイダン効果が嬉しい! もずくは女性の強い味方

プロフィール写真

料理研究家

浜田山・麹町にて料理教室「Salon de R」を主宰。女性の美と健康を考えた、おしゃれなメニューを数多く提案する。

また、「食することは人の輪なり」をモットーに、国内はもとより、NYやヒューストン、スペイン、韓国、シンガポールなど、海外でもレッスンを開催。各地で食を通じて人々と交流を深めている。

近著に全文英訳付きレシピ本『おにぎりレシピ101』(ポット出版)がある。

フコイダン効果が嬉しい! もずくは女性の強い味方

 

 

みなさん、こんにちは! いよいよ梅雨に入り、ジメジメとした日が続いていますね。この時季は体調を崩しやすく「なんだか最近、食欲がない…」という人もいらっしゃるかもしれません。

 

そこで今回は、そんなどんよりとした体調のときにも、サラっと食べやすくて健康・美容効果の高い、「もずく」をご紹介します。

 

みなさん、「もずくは体によい」ということはよく耳にしますよね。その秘密は、もずくに多く含まれているフコイダンの力。「フコイダンって何?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませが、実は、もずくの特徴である「ねばねば」のもとがフコイダンなのです。

 

フコイダンは食物繊維の一種。食物繊維には水に溶けやすい「水溶性」と、水に溶けにくい「不溶性」の二種類がありますが、フコイダンは「水溶性」。食後の血糖値の急な上昇を抑えたり、血液をサラサラにしたりといった、体にとてもよい効果がいっぱいあります。

 

また、フコイダンには高い保湿効果があり、肌のパサつきを抑え、髪の毛にツヤを与えてくれる効果もあります。紫外線でお肌や髪がいたみがちな夏に、特に嬉しい効果ですね。

 

さらに、もずくは約97パーセントを水分が占めているので低カロリー。食前にいただくと満腹感があって食欲も抑えられるので、ダイエットの強い味方です。また、普段の食生活で不足しがちなミネラルも含まれており、まさに女性には嬉しいことずくめですね。

 

こうした効果を聞くと、みなさん「ぜひ積極的に食べたい!」と思われるようなのですが、いざ食卓へ……、となると、もずく酢にするくらいしか思いつかないという方がほとんど。もずくを使ったレシピってなかなかないですよね。

 

そこで、今日は「もずくのスープ」と「もずくの炊き込みご飯」を紹介します。実は先日、山口県に行った際、大変おいしいもずくをいただきまして、私も毎日食べています。

 

スープは冷たくするととっても爽やかで口当たりもいいです。もずくご飯も噛むほどにもずくの旨味が口いっぱいにひろがって本当においしいです! みなさんもぜひお試しください!

 

 

 

もずくスープ

山田玲子もずく写真 (1)

材料

もずく100g スーパーブロッコリースプラウト 梅干し2個 だし汁500ml

しょうゆ小さじ1 塩少々

 

作り方

①梅干しは、種を取り除いて叩いておく。

②水を沸騰させ、しょうゆと梅干しを入れる。

③②にもずくを加え、最後にスプラウトを入れてひと煮立ちさせ、塩で味を調える。

※夏はぜひ冷やしてお召し上がりください。

 

 

 

もずくご飯

フコイダン効果 もずくご飯

材料

もずく100g 梅干し1個 米2合 しょうが適量

しょうゆ小さじ1/2 塩少々

 

作り方

①もずくはざくざくと適当な長さに切っておく。梅干しは種を取り除いて叩いておく。

②米をといで炊飯器の目盛りどおりに水加減をし、もずく、梅干し、しょうゆを加えて、炊く。

③炊き上がったら、せん切にしたしょうがを加えてよく混ぜ、塩で味を調える。

 

 

 

山田玲子公式HP http://www.reiko-cooking.com/

シェア ツイート LINEで送る
第14回
フコイダン効果が嬉しい! もずくは女性の強い味方

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top