OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

地球が調理する温泉グルメ~大分県・別府明礬温泉~

石井宏子

石井宏子

温泉ビューティ研究家・トラベルジャーナリスト
温泉旅で心も体もきれいになる
“ビューティツーリズム”を提唱。
トラベルジャーナリストとして取材執筆・
温泉の講演などで、年200日全国を旅する。

記事一覧を見る

地球が調理する温泉グルメ

~大分県・別府明礬温泉~

 

 

日本の温泉地の横綱といえば、大分県・別府温泉郷。その中でもあちこちで湯けむりが上がり、生きている地球のエネルギーを感じられる温泉地のひとつが「明礬温泉」です。硫黄の香りが漂い、温泉は白濁する硫黄泉。湯の花を採取する小屋が並ぶ風景もこのエリアならではです。

そんな別府明礬温泉に出かけると、必ず立ち寄りたくなるスポットが「岡本屋売店」。その名をとどろかせた名物は「地獄蒸しプリン」。売店の中にも外の駐車場にも、もうもうと高温の温泉蒸気が上がる「地獄釜」があって、ここで“蒸し調理”をするのです。

石井さん 別府1 地獄蒸しプリン ポスター

この「地獄蒸しプリン」は、こっくりと濃厚な味わいで、パワフルな硫黄泉に入った後のエネルギーチャージに欠かせないスイーツです。今回の旅でも、硫黄泉でガツンと発汗して全身の巡りが良くなったところで、さっそく、地獄プリンを目指して岡本屋売店へ。

石井さん 別府2 地獄蒸しプリン

そういえば、お昼ごはんもまだだったから、何かここでいただこうかしら。と、見渡すと、目についたのは「塩たまご」。1日100個限定。じっくり数時間かけて地獄釜の温泉蒸気で蒸すと、白身は煮卵みたいな褐色になって、黄身まで温泉の塩味がいい感じに染み込むのです。

石井さん 別府3 塩たまご

 

 

 

今回もっとも忘れられない旅ごはんとなった料理は……、次ページで!

<前の記事

<前の記事
第57回/フラノマルシェのピザ製作所~北海道・富良野~…

次の記事>

次の記事>
第59回/南阿蘇の雄大な風景は元気の素~熊本県・南阿蘇村~…

この連載の最新記事

北海道の美食カレンダーを味わう~OTTO SETTE TOMAMU

第103回/北海道の美食カレンダーを味わう~OTTO SETTE TOMAMU

安心・新鮮!旬の魚介満載!~いわき市小名浜 割烹旅館天地閣~

第102回/安心・新鮮!旬の魚介満載!~いわき市小名浜 割烹旅館天地閣~

~那須高原~美食工房 ラトリエ・ムッシュー

第101回/~那須高原~美食工房 ラトリエ・ムッシュー

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル