第3章 ミラクル免疫力をつけて、老けない食べ方/“発酵食品”で免疫力UP:塩麹の作り方

プロフィール写真

白澤 卓二

白澤抗加齢医学研究所 所長 医学博士

 

1958年神奈川県生まれ。1982年千葉大学医学部卒業後、呼吸器内科に入局。1990年同大大学院医学研究科博士課程修了、医学博士。

 

東京都老人総合研究所病理部門研究員、同神経生理部門室長、分子老化研究グループリーダー、老化ゲノムバイオマーカー研究チームリーダーを経て2007年より2015年まで順天堂大学大学院医学研究科 加齢制御医学講座 教授。

 

専門は寿命制御遺伝子の分子遺伝学、アルツハイマー病の分子生物学、アスリートの遺伝子研究。米国ミシガン大学医学部神経学客員教授、獨協医科大学医学部生理学(生体情報)講座 特任教授、バイオフィリアリハビリテーション学会理事長、日本ファンクショナルダイエット協会理事長、日本アンチエイジングフード協会理事長、アンチエイジングサイエンスCSO、ライフ・レングス®社(本社マドリッド)科学顧問。

 

著書は『100歳までボケない101の方法』『老いに克つ』『免疫力をアップする、塩麹のおかず』『100歳までボケない手指体操』『100歳までサビない生き方』『「砂糖」をやめれば10歳若返る!』『ココナッツオイルでボケずに健康!』など200冊を超える。

ミラクル免疫力をつけると、老けない!

 

 

この連載では、書籍『ミラクル免疫力をつけると、老けない!』(白澤卓二著・小田真規子メニュー製作、集英社刊)から、免疫力をアップしてアンチエイジングライフを叶える方法をお伝えしていきます。今回からは、ミラクル免疫力をすぐに実践できる方法、レシピをご紹介。ぜひお役立てください。

 

 

第3章

ミラクル免疫力! をつけて、老けない食べ方

 

 

免疫力をアップさせる ミラクルメニュー60

塩麹、麹ジャム、みそ、納豆、キムチ、ヨーグルトなど

●“発酵食品”を使った料理で免疫力アップ&強化●

 

善玉菌を増やし腸内環境を整え、免疫力を上げる発酵食品を多種類摂る食事が鍵

 

 

免疫細胞の約7割は腸内に存在します。免疫力アップには、腸内に存在する善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3 種類のうち、善玉菌を常に優勢にしておくことが重要。加齢や食生活で善玉菌が減ると、腸内環境は乱れ免疫力が低下します。そんなとき強力な助っ人になるのが発酵食品。毎日多種類を摂取したいですね。

 

 

ここでは、料理家・栄養士・フードディレクター小田真規子さんに、発酵食品を使った料理5種のレシピを教えていただきます。

 

まず今回と次回の2回で、料理に使うベースともなる「塩麹」と「麹ジャム」の作り方をご紹介。

今回は「塩麹」の作り方です。

 

次ページへ!

 

シェア ツイート LINEで送る
第20回
第3章 ミラクル免疫力をつけて、老けない食べ方/“発酵食品”で免疫力UP:塩麹の作り方

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top