OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/13950/

今や歯周病は国民病!あなたのお口は大丈夫?~今度はヒトのオーラルケア編~

こんにちは、ギリコです!

 

前回の「歯周病は国民病! それは犬も同じです~まずは愛犬のオーラルケア編~」を読んでくださった方、今度はヒト編ですよ~。

 

 

 

 

(趣味ではなく)歯周病チェックのため、ほぼ毎日飼い犬の口のにおいを嗅ぐギリコと相棒。

自分たちも歯周病にならないよう、けっこう真剣です。

 

 

 

なぜかというと歯周病は今や日本人の80%が罹っているといわれる”国民病”。

心筋梗塞、脳梗塞などの病気を引き起こすといわれています。

 

 

おまけに口臭の原因にも。

 

 

 

 

だけど不思議です。

お店に行けばハブラシだけでもこんなにある時代だというのに

 

ずらりと並ぶ歯ブラシ

 

なんで日本人の80%が歯周病に罹ってしまっているのでしょうか?

 

 

 

 

そこで歯周病ハンターギリコ、始動です!!!

 

 

ハンターギリコ、まずはオーラルケアグッズについて現状を調べてみることに。

そこでお邪魔したのはサンスターさん。

 

 

 

みなさんご存知のドゥークリア、オーラツー、ガムといったブランドを出している会社です。

 

 

 

 

まず出てきたのがこの数字。

 

 

①73種類 102ラインナップ。

②約500種

③2~3本

 

 

さて、これらは一体何の数字だと思いますか?

ジャジャ~ン!

 

 

 

答えは……

 

①73種類 102ラインナップ。

サンスターさんが出しているハブラシの種類数

(ギリコの心の声:そんなに!!)

②約500種

日本に出回っているハブラシの種類数

(ギリコの心の声:どうりでお店の陳列が混んでるワケですね…)

③2~3本

日本人が年間で使うハブラシの平均本数

(ギリコの心の声:ということは半年~4ヶ月に一度交換しているってことですね)

 

 

 

では、ところであなたはハブラシをどれくらいの間隔で交換していますか?

上の③の数字だと平均4~6ヶ月に一度交換ということになります。

けれど……

なんと……

 

 

ハブラシは一ヶ月使うとプラーク除去力が落ち、歯間部の磨き残しなどが増えるため

一ヶ月に1回交換するのが望ましい

のだそうです。

 

 

ひえ~。

内心焦るギリコです。

 

 

 

昔は「横からみて毛先が広がってきたら交換しましょう」なんてCMがありましたが、今はハブラシのブラシ部分の材質も向上しているため1ヶ月以上使っても”広がらない”ハブラシが多いそう。

 

「ふふ、このハブラシ、まだ毛先はまっすぐシャキーンだから大丈夫」

なんて思っていたら……

安心していたら……

 

 

すでに3ヶ月は経っているかもしれませんよ?????

 

 

 

 

 

 

ちなみにハブラシの新製品開発には平均3年ほどかかるそう。

 

 

 

こんなに地味な存在なのに……3年も。

(サンスターさん、ごめんなさい)

 

 

 

 

右利き、左利きどちらの人が持っても使いやすいグリップ

歯周ポケットにちゃんと入り込む毛先

チクチクしないよう先端が丸い毛先

 

ひとつのハブラシには日本の最新の技術×発想×工夫がつまっていました。

 

 

 

こんなに地味な存在なのに……これだけの知恵が……。

(サンスターさん、ごめんなさい。でも本音です)

 

 

 

 

 

サンスターさんの歯ブラシ

もっとこれらハブラシさんたちにスポットライトを当てるべきでは?

そう思わずにはいられません。

 

 

 

説得力のあるお話は、まだまだ続きます。

 

たとえば、あなたが毎日のハミガキで使っているものは何ですか?

●ハブラシ

●ハミガキペースト

はもちろんだとして、

 

 

●フロス(フロス&ピック)

●歯間ブラシ

 

は使っていますでしょうか?

(ギリコはフロスを使っています)

 

 

 

実は…このふたつ、か~なり大事。

なぜかというと、ハブラシによるブラッシングで落ちる汚れは61%。

 

 

 

この61%という数字が

ブラッシング+フロス(フロス&ピック) にすると79%

ブラッシング+歯間ブラシ にすると85%

 

にUP~!!

 

フロス

右がフロス、真ん中が歯間ブラシ(ゴムタイプ)。

(ちなみにすべてG.U.Mですが、G.U.Mは歯周病予防を謳ったブランドとのこと)

 

 

ハッ!!

書くことが多くて、ふと気づけばまたもや長くなっているギリコのブログ。

しかも今回は写真が少なく、字ばっかり。

 

 

 

 

なので上の写真左にドン!と写っているデンタルリンスで、最後は締めくくりたいと思います。

 

 

ギリコ家の洗面所にも、なんとなくいつもあるデンタルリンス。

ですがこのデンタルリンス、意外なことに奥が深かった……。

 

 

 

まずデンタルリンスには

●化粧品

●医薬部外品(薬用成分が入っている

 

の2つのカテゴリーがあり

 

商品も

●液体ハミガキ(歯周病対策のためには、さらにブラッシングの必要がある)

●洗口液(ブラッシングの必要がない

の2種類が。

(商品の後ろに表記してあるので、今度デンタルリンスを買うときぜひチェックしてみてください)

 

 

 

実はOurAgeで井上きみどりさんの「SOS!!」シリーズを担当しているギリコ。

以前よりも自然と”非常時の備え”を考えるようになっています。

 

 

 

水もない非常時、ハミガキだって簡単にはできません。

(神戸の震災のとき、誤嚥性肺炎に罹った高齢の被災者が多かったと聞いています。

その大きな原因のひとつが極度の水不足の中、口腔内の清掃ができなかったことだとか)

 

 

口腔内の健康を保つには、まさにこの医薬部外品・洗口液のデンタルリンスが必須では????

と、真っ先に思ったギリコ。

 

 

 

でも防災グッズに追加するには……

あまりにも……

あまりにも……

 

 

 

大きい。重い。

 

 

 

すでにパンパンのギリコ家の防災リュック。

どうやってこんな大きいものを詰め込もう……。

 

 

 

 

と思ったら、こんなものを発見しました!!!

 

ドロップ (2)

口腔殺菌ドロップ『ガム・メディカルドロップ』

パッケージにひときわ大きく書かれた 殺菌・消毒という言葉。

なんて頼もしい。

 

 

 

ハーブミント、レモン、青リンゴの3種類の味があり、500円(24粒入り・税別)。

 

これならパンパンの防災リュックにも追加OKです!

 

 

 

それにしても依然としてよくわからないのが、なぜ国民病といわれるほど日本人は歯周病の人が多いのか?

です。

 

 

 

技術の粋を集めたハブラシのほかに種類豊富なオーラルケアグッズがこんなにあるというのに。

 

ハブラシ売り場

 

 

 

歯周病ハンターギリコの調査、次回は、歯科衛生士さんにお話を伺おうと思っています。

 

 

 

お楽しみに!

 

 

次の記事>

次の記事>
第2回/歯周病は国民病②「歯磨きは回数より質、一日一回でも大丈夫?!」…

この連載の最新記事

歯周病は国民病②「歯磨きは回数より質、一日一回でも大丈夫?!」

第2回/歯周病は国民病②「歯磨きは回数より質、一日一回でも大丈夫?!」

今や歯周病は国民病!あなたのお口は大丈夫?~今度はヒトのオーラルケア編~

第1回/今や歯周病は国民病!あなたのお口は大丈夫?~今度はヒトのオーラルケア編~

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル