お尻を鍛えて階段もラクラク!/お尻の筋肉が衰えると将来寝たきりのリスク大

プロフィール写真

松尾タカシ

ヒップアップ・アーティスト。長年のトレーナーとしての経験からお尻の重要性に着目し、日本初のお尻専門トレーナーとして活動。著書に『DVDでよくわかる 一生歩ける!「おしり」の鍛え方』(池田書店)など

最近、階段の上り下りが疲れる…。そんな人は、加齢によってお尻の筋肉が衰えている可能性大!お尻の筋肉の衰えを放っておくと、腰痛の原因になったり、将来、歩行が困難になる場合も。そこで、簡単な動きでお尻を鍛えられる最強メソッドをご紹介。続ければ、階段の上り下りも笑っちゃうほどラクに!

 

 

お尻の筋肉が衰えていると、

将来寝たきりのリスク大

お尻の筋肉というと〝お尻がたるんできたな〞と感じるときにしか意識しないのでは? でも、実は重要な役割を持つ筋肉だと話すのが、ヒップアップ・アーティストの松尾タカシさん。

 

「お尻の筋肉はおもに大殿筋、中殿筋、小殿筋の3つからなります。人は、上半身が前に倒れないように、股関節の伸展運動によって姿勢を維持していますが、お尻の筋肉はその動きをサポートしています。また、上半身の重さや地面からの衝撃を吸収し、関節への負荷を軽減させたり、体のバランスを中心に保つ役割もあります。つまり、お尻の筋肉がきちんと働いてこそ立ったり歩いたりできるのです」

 

これほど重要なお尻の筋肉が衰えると、さまざまなトラブルが!

 

「真っすぐに立ちにくくなって姿勢がくずれるうえ、地面からの衝撃が関節にダイレクトに加わって負担がかかり、痛みが出やすくなります。転倒しやすくもなり、骨折の原因にも。将来、自分の足で歩けなくなり、要介護や寝たきりになる可能性も高まります」

お尻を鍛える チェックテスト

 

あなたのお尻は大丈夫? 「お尻老け」チェックテスト

□片脚で立ったまま、靴下をはけない

□しゃがむのが苦手。和式トイレはパス

□椅子に座るとき、脚を組むことが多い

□猫背だと言われたことがある

□腰や膝に痛みがある

□何もないところでつまずくことがある

□歩くスピードが遅い

□早歩きで10分以上歩けない

□階段の上り下りが嫌い

□階段を駆け足で下りられない

 

 

□0〜4 お尻力はまだあるけれど、鍛えて予防を

チェックの数が0~4個の人はお尻力はまだあるほう。ただし2~4個ついたなら低下のサインが出ているので、このままだとどんどん衰えることに。予防のためにもお尻を鍛えて

 

□5〜8 お尻力は中程度。衰えがじわじわ進行中

チェックが5~8個ついた人は、お尻力は中程度だけれど、筋肉はかなり衰えはじめている状態。スポーツ、旅行と、今後もアクティブに活動したいなら、お尻を鍛える必要あり

 

□9〜10 お尻力が衰え、危険な状態!

お尻力の低下が進み、危険な状態。お尻の筋肉を意識して鍛えないと、近い将来、足腰に支障が出る可能性も。ご紹介するメソッドを、早速今日から始めてお尻力アップを!

 

 

 

次は「お尻力チェックテスト」にトライ!

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top