HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/diet/257132/

時計遺伝子ビーマルワン(bmal1)でダイエット! 太りにくい食事時間は?【痩せる食べグセ45】

食べる時間帯によって太りやすかったりするって知っていますか? やせる食材の法則、やせる食べ方の法則に続き、今回からは食べる時間の法則をご紹介します。

 

今までご紹介してきた「食べグセ」の法則は、下のリンクから飛ぶことができます。

お話を伺ったのは

工藤孝文さん 内科医

工藤孝文さん
Takafumi Kudo

福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学。現在、福岡県みやま市の工藤内科で、糖尿病内科、ダイエット外来、漢方治療を専門とし、地域医療にあたる。『ズボラな人でも コレステロールがラクラク下がる!』(永岡書店)など著書多数。公式サイト

 

ぽっこりお腹が引っ込む!
やせる食べグセ45の法則!

 

食べる時間

 

35 食べる時間を考えて体重コントロール

人体には、体内リズムをコントロールしているbmal1(ビーマルワン)という時計遺伝子が備わっています。

 

「BMAL1には、体脂肪がエネルギーとして分解されるのを抑える作用があり、この活動のピークは22〜深夜2時。ですから夜遅い時間に食べると太るのです。BMAL1の変動を考えて食事をとるのが正解です」

[BMAL1の1日の変動]

 

 

36 おやつを食べるなら、10〜16時

おやつも、BMAL1の変動を考えて食べれば太りにくくなります。

 

「BMAL1の働きは10〜16時にかけて活動が緩やかになるので、おやつはこの時間帯に食べるのがおすすめ。特に最も活動が抑えられるゴールデンタイムは14時なので、14時頃に食べるのがベストです」

おやつを食べるなら、10〜16時に

 

37 夕食が遅くなるときは、2回に分けて食べる

夕食は遅くとるほど太るので、遅くなりそうな日は、2回に分けてとるのがおすすめ。

 

「夕食が遅くなるなら、ご飯などの最も太りやすい糖質は、いったん夕方6時までに食べましょう。そして帰宅後など遅めの食事では、消化のよいおかずだけにします。これなら遅くなっても太りにくいですよ」

 

 

次回は、やせる食べグセ45の法則!【食べる時間編】38〜40をご紹介します。

 

<特集>やせる食べグセ45の法則!

●やせ食材編トップ

●食べ方編トップ

 

イラスト/本田佳世 構成・原文/和田美穂

 

 

今すぐチェック!

人気インスタグラマー、おさよさんが今、気になる洗剤って?

人気インスタグラマー、おさよさんが今、気になる洗剤って?

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第11回/会食の「どか食い」を避けたいなら前日しっかり寝るべき! その理由は?/やせる食べグセ45|食べ方編⑧…

次の記事>

次の記事>
第13回/お腹が鳴っても食べるまで1時間待つことがダイエット効果に/やせる食べグセ45…

この連載の最新記事

デブ味覚をリセットする「やせるだし」の作り方/やせる食べグセ45|リセット編②

第15回/デブ味覚をリセットする「やせるだし」の作り方/やせる食べグセ45|リセット編②

ストレス食いを抑える「パントテン酸」が多い食品とは?/やせる食べグセ45|リセット編①

第14回/ストレス食いを抑える「パントテン酸」が多い食品とは?/やせる食べグセ45|リセット編①

お腹が鳴っても食べるまで1時間待つことがダイエット効果に/やせる食べグセ45

第13回/お腹が鳴っても食べるまで1時間待つことがダイエット効果に/やせる食べグセ45

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル