HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/diet/292904/

40代以降のダイエットは食物繊維を加えた6大栄養素で考える/内臓脂肪を落とすルール<7>

内臓脂肪を減らすには、炭水化物を「糖質」と「食物繊維」のふたつに分けて考え、糖質以外をバランスよくとることが肝心です。

 

内臓脂肪を落とす食事ルール
食事量を減らさない

糖質オフとカロリーオフをごちゃ混ぜにしてしまう人がいます。糖質オフは、糖質を減らした分、他の栄養素はきちんととるのが鉄則。タンパク質を第一に、脂質も減らさず食べましょう。

 

ビタミンやミネラルが足りないと脂肪は落とせないので、しっかり食べたいものです。

 

糖質以外の栄養はしっかりとる

40代以降で「食べないダイエット」はもってのほか。低栄養は新型栄養失調という言葉もあるほど、体に異変をきたします。

 

もちろん筋肉が減ってシワシワたるたる、代謝も落ちて脂肪は燃焼されません。一般的には「5大栄養素」といいますが、炭水化物を「食物繊維」と「糖質」のふたつに分け、「糖質だけオフ」と考えるのが理想的。

6大栄養素イラスト

タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、そして炭水化物に含まれる「食物繊維」。この5つの栄養素は省かないように。脂質も選んで食べれば悪者ではありません。1日の終わりにどの栄養素が足りなかったか、振り返る時間を設けましょう

 

タンパク質は毎食必ず食べる

タンパク質は毎食必ず食べる

体はタンパク質からできているので、筋肉を減らさないためにもタンパク質は最重要。肉や魚が苦手な人は大豆製品でも。

 

野菜を先に食べるベジファースト、肉や豆類から食べるタンパク質ファーストどちらでもOK。主食の糖質は減らして!

 

 

監修

横山裕一先生 慶應義塾大学保健管理センター教授

横山裕一さん
Hirokazu Yokoyama

1959年生まれ。慶應義塾大学保健管理センター教授。医学博士。当初、アルコール代謝を研究、米国留学中、アルコール脱水素酵素(ADH7)の遺伝子解析に従事。本センター異動後は、飲酒を含めた生活習慣、メタボリックシンドローム、脂肪肝などをテーマに数々の研究成果を報告。著書に『こうして落とす! 女性の内臓脂肪』(PHP 研究所)

栗原 毅先生 栗原クリニック東京・日本橋院長

栗原 毅さん
Takeshi Kurihara

1951年生まれ。栗原クリニック東京・日本橋院長。医学博士。日本肝臓学会専門医。治療だけでなく病気予防にも力を注ぎ、わかりやすい生活習慣指導に定評あり。肝臓専門医の視点を生かした消化器疾患、糖尿病、高脂血症、脂肪肝、内臓脂肪、肥満などに関する著書多数。クリニックは連日、健康を気遣う中高年で満員に。

ホームページはコチラ

 

 

イラスト/かくたりかこ 構成・原文/蓮見則子

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

クリームシャンプーってこんなに気持ちいいの!? 驚きのヘアケア体験でうるつや髪へ

クリームシャンプーってこんなに気持ちいいの!? 驚きのヘアケア体験でうるつや髪へ

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第14回/ワイン、日本酒、カクテル・・・糖質の少ないお酒は? 違いを知って糖質オフ!/内臓…

次の記事>

次の記事>
第16回/調味料に潜む糖質にも注意!オフしたいなら栄養成分表示をチェック!/内臓脂肪を落と…

この連載の最新記事

家で簡単にできるプチ筋トレで、更年期世代の筋肉量アップ!/内臓脂肪を落とすルール<14>

第22回/家で簡単にできるプチ筋トレで、更年期世代の筋肉量アップ!/内臓脂肪を落とすルール<14>

階段を上る、電車やバスで立つ..余ったエネルギーを脂肪に変えずに消費するためにできること/内臓脂肪を落とすルール<13>

第21回/階段を上る、電車やバスで立つ..余ったエネルギーを脂肪に変えずに消費するためにできること/内臓脂肪を落とすルール<13>

基礎代謝が下がりがちな更年期世代は、筋肉を増やして代謝をアップ/内臓脂肪を落とすルール<12>

第20回/基礎代謝が下がりがちな更年期世代は、筋肉を増やして代謝をアップ/内臓脂肪を落とすルール<12>

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル