HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/diet/294384/

飲み水は1日1.2リットルを目安に/内臓脂肪を落とすルール<11>

内臓脂肪を減らすためには、水分補給で新陳代謝をスムーズにすることも大切。その目安は?

 

内臓脂肪を落とす食事ルール

水は1日1.2ℓ

ヒトの体の約60%は水分です。水は新陳代謝をスムーズにし、老廃物を出しやすくするので、内臓脂肪を減らすためにも必須。

 

厚生労働省が2022年から推奨している「健康のため水を飲もう」推進運動では、1日に2.5ℓの水が必要とあります。食事由来の水分もあるので、飲み水からとる水分は1.2ℓ程度の計算に。

 

カフェインをとりすぎない

カフェインをとりすぎない

コーヒーや緑茶に入っているカフェインは、アドレナリンを刺激して脂肪を燃焼させる効果があるといわれます。

 

一方でカフェインは、脂肪燃焼に不可欠な睡眠を妨げるのも事実。夕方から夜にはとらないこと。

 

また、カフェインは利尿作用があるため、せっかくとった水分が無駄になるのも残念!

 

ひと口30回は嚙む

ひと口30回は嚙む

脂肪の多い人には早食いの人が多いといわれます。なかには「食事時間は15分」という人もいます。

 

食欲はレプチンというホルモンが脳の満腹中枢に働きかけることで抑えられるもの。でもこのホルモン、食べはじめてから20分程度たたないと分泌されません。ゆっくり食べるほうがよいのはそのため。

 

また、しっかり咀嚼(そしゃく)することは消化吸収を高め、代謝の低下を防ぎ、脂肪が燃焼しやすい体づくりに貢献します。

 

そのためにも、ひと口につき30回は嚙む習慣をつけましょう。硬いものなら40回でもどうぞ。

 

 

監修

横山裕一先生 慶應義塾大学保健管理センター教授

横山裕一さん
Hirokazu Yokoyama

1959年生まれ。慶應義塾大学保健管理センター教授。医学博士。当初、アルコール代謝を研究、米国留学中、アルコール脱水素酵素(ADH7)の遺伝子解析に従事。本センター異動後は、飲酒を含めた生活習慣、メタボリックシンドローム、脂肪肝などをテーマに数々の研究成果を報告。著書に『こうして落とす! 女性の内臓脂肪』(PHP 研究所)

栗原 毅先生 栗原クリニック東京・日本橋院長

栗原 毅さん
Takeshi Kurihara

1951年生まれ。栗原クリニック東京・日本橋院長。医学博士。日本肝臓学会専門医。治療だけでなく病気予防にも力を注ぎ、わかりやすい生活習慣指導に定評あり。肝臓専門医の視点を生かした消化器疾患、糖尿病、高脂血症、脂肪肝、内臓脂肪、肥満などに関する著書多数。クリニックは連日、健康を気遣う中高年で満員に。

ホームページはコチラ

 

 

イラスト/かくたりかこ 構成・原文/蓮見則子

 

 

お悩み別の記事を読む

子宮
卵巣
がん
痩せる
セルフケア
筋活

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第18回/「14時間ファスティング」は糖質オフをしても内臓脂肪が落ちない人におすすめ/内臓脂肪を落とすルール<10>…

次の記事>

次の記事>
第20回/基礎代謝が下がりがちな更年期世代は、筋肉を増やして代謝をアップ/内臓脂肪を落とすルール<12>…

この連載の最新記事

家で簡単にできるプチ筋トレで、更年期世代の筋肉量アップ!/内臓脂肪を落とすルール<14>

第22回/家で簡単にできるプチ筋トレで、更年期世代の筋肉量アップ!/内臓脂肪を落とすルール<14>

階段を上る、電車やバスで立つ..余ったエネルギーを脂肪に変えずに消費するためにできること/内臓脂肪を落とすルール<13>

第21回/階段を上る、電車やバスで立つ..余ったエネルギーを脂肪に変えずに消費するためにできること/内臓脂肪を落とすルール<13>

基礎代謝が下がりがちな更年期世代は、筋肉を増やして代謝をアップ/内臓脂肪を落とすルール<12>

第20回/基礎代謝が下がりがちな更年期世代は、筋肉を増やして代謝をアップ/内臓脂肪を落とすルール<12>

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル