HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/exercise-stretch/253002/

筋膜ケアが「ぽっこりお腹」解消の近道になる!?/「ぽっこりお腹」凹ませ<理論編⑤ 筋膜ケア>

ぽっこりお腹解消で、今、注目されているのが「筋膜」。腹筋運動でも筋トレでもない方法でお腹がへこむなんて、ホントなの⁉︎

 

教えていただいたのは

半田 学さん 理学療法士

半田 学さん
Manabu Handa

理学療法士。日本初の筋膜調整サロン「TRIGGER」代表。筋膜マニピュレーション国際コース全課程を修了。専門家や一般の人に向けて、筋膜ケアの普及活動に尽力中

 

中村雄一さん 理学療法士

中村雄一さん
Yuichi Nakamura

理学療法士。筋膜マニピュレーション認定スペシャリスト。動きの癖や姿勢から痛みを解消する専門家でもあり、便秘、冷え、生理痛など自律神経系の不調ケアも得意

 

半田 瞳さん 理学療法士

半田 瞳さん
Hitomi Handa

理学療法士。筋膜マニピュレーション認定スペシャリスト。骨盤底筋と尿失禁の研究を専門に行い、多くの論文を発表。独自に開発した骨盤底筋体操の有効性も科学的に証明

 

意外にも直結していた! 筋膜とぽっこりお腹の関係

最近になって耳にすることが増えた「筋膜」という言葉。筋膜は、その名のとおり筋肉を包んでいる膜のこと。筋線維の1本1本を包んで、全身タイツのように体中に張り巡らされています。筋肉や脂肪だけでなく、内臓、器官、神経などともつながっています。

 

「筋膜の調整は体の不調や痛みの解消に有効ですが、姿勢の改善や骨盤底筋をはじめとするインナーユニットの活性化も得意です。筋膜が変われば運動効果も劇的にアップするので、ちょっとしたエクササイズでもお腹をへこますのに好影響が期待できると思います」

 

そう教えてくれたのは、筋膜の専門家、筋膜調整サロン「トリガー」の半田学さん。同じくトリガー所属の中村雄一さん、半田瞳さんも国際資格を持つ「筋膜マニピュレーション」は、国際的にも注目度の高い筋膜治療。イタリアの理学療法士、Luigi Stecco氏により1987年に体系化された徒手療法で、筋膜の滑りの悪さが体のあらゆる不調を引き起こす要因になる、という考えに基づいています。

 

「筋膜の滑りが悪いために、反り腰などのよくない姿勢になっていたり、骨盤底筋や腹横筋の機能が低下し、それがぽっこりお腹の原因になっている人は多いでしょうね。筋膜調整は自分でもある程度できるので、お腹をすっきりさせるエクササイズに取り入れることをおすすめします!」

 

 

筋膜って何?

筋膜は、たとえていうなら1枚仕立ての全身タイツ。1カ所をつまむとヨレやひきつれが生じ、全身に影響が出ます。筋肉だけを包んでいるのではなく、骨や内臓、血管、神経などあらゆるものを包み込み、それぞれがあるべき場所に適正に配置されるように支えています。

筋膜って何?

 

筋膜の構造

筋膜は何層にも重なっていて、いちばん表皮に近い皮下脂肪層にあるのが「浅筋膜」。指でもんだりすると痛みを感じます。脂肪層と筋肉の間にあるのが「深筋膜」。

 

3層構造になったこの深筋膜は、間にヒアルロン酸があることで滑るように動くことができます。グリグリ圧をかけたときに痛みを感じるのはこの深筋膜。

 

その下には、筋線維を包む筋外膜、ひとつずつの筋束を包む筋周膜、さらに筋線維1本1本を包む筋内膜と、3種類があります。

 

筋膜の拡大図

筋肉のひとかたまりを包んでいるだけでなく、その内部にまで入り込み、筋線維の1本1本を包み込んでいるのが筋膜。

 

 

 

よい筋膜はよく滑る!

深筋膜はヒアルロン酸によってスルスル滑るのが正常。さまざまな原因でヒアルロン酸の粘度が上がると滑りが悪くなり、筋膜がストレスを受けます。筋膜には痛みを感じ取るセンサーがとても多いので(筋肉の10倍以上)、痛みやしびれの原因に。筋肉や関節、血管、神経などが原因と思われていた痛みが、実は筋膜由来だったということも最近はよく聞く話です。

よい筋膜はよく滑る!

そもそも筋膜は各組織を包み、適正な位置に配置させること、筋肉同士が擦れないように滑りをよくしたり、筋線維の動きを支え、力の伝達を行うのが役目です。だから滑りがよいのが理想的!

 

ヒアルロン酸がベトベトだと滑らない!

ヒアルロン酸がベトベトだと滑らない!

ヒアルロン酸の粘度が高いと、筋膜の滑りが悪く、そのストレスが不調につながります。こうなったら外から筋膜をケアする必要が!

 

筋膜が滑らなくなる原因

  • ● (手術やけがで)動かさない期間が長い
  • ● 使いすぎ、動かしすぎ
  • ● 使わなさすぎ、動かさなさすぎ
  • ● 間違った姿勢や体の使い方

 

 

筋膜の滑りが悪いと起こるさまざまな不調

筋膜は全身でつながっているので、滑りが悪いと思わぬ不具合やトラブルの原因に。医療機関での診断画像に映らず、筋膜の検査も行われないので、筋膜が原因の可能性があっても表面化しません。姿勢や体型の変化も、筋膜が原因とは気がつかないのです。

 

ぽっこりお腹

ぽっこりお腹

 

姿勢がくずれる

姿勢がくずれる

 

骨盤底筋が働かない

骨盤底筋が働かない

 

呼吸が正しくできない

呼吸が正しくできない

 

疲れる・だるい

疲れる・だるい

 

肩こり・首こり・腰痛など

肩こり・首こり・腰痛など

 

 

筋膜調整サロン トリガー

世界で最も注目されるイタリア発祥の筋膜セラピーで、慢性的な痛みや不調を改善するサロン。理学療法士による施術で、尿もれなどの個別相談(骨盤底筋チェックと体操指導)も。

筋膜調整サロン トリガー

東京都港区赤坂7-6-9 赤坂ONビル201
☎03-5545-5859
営業時間10:30〜18:00、土・日曜、祝日9:00〜18:30
施術料などは公式サイトにて

 

 

撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/木下庸子 イラスト/かくたりかこ 構成・原文/蓮見則子

 

 

お悩み別の記事を読む

子宮
卵巣
がん
痩せる
セルフケア
筋活

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第5回/「ぽっこりお腹」解消に重要な4つの筋肉「インナーユニット」とは?/「ぽっこりお腹」凹ませ<理論編④>…

次の記事>

次の記事>
第7回/フォーム ローラーやテニスボールでお腹痩せ【筋膜ほぐし方法・前編】動画あり/「ぽっこりお腹」凹ませ<実践編①>…

この連載の最新記事

筋膜メソッドと食改善で体脂肪6%減、へそまわりは14cmも減!<50代・A子さんの場合>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ⑦

第24回/筋膜メソッドと食改善で体脂肪6%減、へそまわりは14cmも減!<50代・A子さんの場合>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ⑦

腹横筋と食生活改善でへそまわりが-10cmに!<60代・Y子さんの場合>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ⑥

第23回/腹横筋と食生活改善でへそまわりが-10cmに!<60代・Y子さんの場合>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ⑥

呼吸筋が使えるときれいにやせる、まさにお手本!<40代・O子さんの場合>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ⑤

第22回/呼吸筋が使えるときれいにやせる、まさにお手本!<40代・O子さんの場合>/5人のぽっこりお腹凹ませルポ⑤

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル