OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/182308/

歯の健康に影響する「見た目ポイント」とは?/歯科医・宝田恭子先生

人生後半戦、ケア次第で大きく差がつく!

生涯健康な歯でいたいなら

50歳からやるべき7カ条

顔にはシワやたるみが現れ、体には脂肪も…。こんな変化を迎えるMyAge/OurAge世代。でも、劣化は口の中でも起きています。そして、口と全身の健康、見た目の美しさは比例しているともいわれています。更年期でもあるMyAge/OurAge世代の口腔内に何が起き、歯のケアをどう考えるべきか、歯科医に伺いました。

お話を教えてくれたのは

宝田恭子さん Kyoko Takarada

宝田歯科医院院長。歯科医。東京歯科大学卒業、同保存科勤務後、現医院3代目院長に。口元から全身の美を考え独自メソッドを展開。『たるみが消える顔筋リフト 宝田流表情筋トレーニング』(講談社)など著書多数

 

 

た目のキレイは、元気な歯・口元に比例します!

 

これから先、できるだけ長く元気な歯でいたい。そう考えたとき、あなたは何をしますか?   早くから歯のアンチエイジングを啓蒙してきた宝田恭子先生はこう言います。

 

「多くの人は、問題がある歯を治して、クリニックでのメンテナンスをしっかり受けること、と答えるでしょう。もちろん、それも大事な要素のひとつです。でも、歯をきれいにメンテナンスしても、老化を促進する生活習慣では、治しても悪化する、という負のスパイラルにはまります。全身の健康は歯に影響するのです。だからこそ、歯を含めてライフスタイル全体を見直す必要があると私は考えています」

 

なかでも重要なのは、実は“見た目の姿”だと宝田先生は言います。

 

 

 

 

「口元の筋肉や骨格は全身とつながっています。シワやたるみがある顔の人は姿勢が悪いだけでなく、嚙み合わせの悪化、口呼吸による唾液量減少、舌力、咀嚼(そしゃく)低下などが見られます。ずっとこの先も美しい歯を保つためには、全身の健康状態を良好にすることはもちろん、姿勢や肌の状態、運動習慣や生き生きとした気持ちなど、全身でいい状態が保てるように考えていくことが大事だとお伝えしたいですね」

 

 

 

歯だけでなく全身の健康や美容をアドバイスする宝田先生は、微生物の酵素の働きで腸内環境を整える「トーダ酵素」も活用。歯周病の人などにもよい結果が出はじめているそう。1日1~4カプセルを目安に。トーダ酵素(206㎎) 30カプセル¥10,500(税込み)/ティーエフケイ

 

 

 

 

イラスト/内藤しなこ 取材・原文/伊藤まなび

 

 

MyAge2019夏号 購入アイコン

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第1回/歯を治療しても、また似た症状を抱えがちな患者の特徴とは?/歯科医・山口義徳先生…

次の記事>

次の記事>
第3回/美しく食べ続けるには、歯だけでなく舌力も強化せよ/健康で美しい歯を維持する7つの条件7・その1…

この連載の最新記事

「歯のクリーニング」頻度は3カ月に1度/健康な歯を維持する条件・その7

第9回/「歯のクリーニング」頻度は3カ月に1度/健康な歯を維持する条件・その7

インプラント? 矯正? 大きな変化には慎重に/健康で美しい歯を維持する7つの条件・その6

第8回/インプラント? 矯正? 大きな変化には慎重に/健康で美しい歯を維持する7つの条件・その6

歯の治療痕は、 50歳前後で再確認をすべき!?/健康な歯を維持する条件・その5

第7回/歯の治療痕は、 50歳前後で再確認をすべき!?/健康な歯を維持する条件・その5

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル