HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/221852/

長引く咳や手のこわばり…治らない場合は治療が必要かも!?/その「なんとなく不調」もしかして…!?②

一見、平凡な「長引く咳」、「手のこわばり」でも、思いがけない病気が隠れていることも…。それを見逃さないためにも、併発する症状などから、隠れた病気の可能性をチェック!

 

今回の話を伺った先生


竹村洋典さん
Yousuke Takemura

総合診療医。東京医科歯科大学医学部附属病院・総合診療科科長。同大学院 医歯学総合研究科 全人的医療開発学講座 総合診療医学分野教授。三重大学名誉教授

 

長引く咳

 

咳は気道から異物(ウイルスやたんなど)を排出する、体の防衛反応。ですが、あまり長引くようなら喘息(ぜんそく)や重篤な病気を疑ってみるべきかも。

 

慢性気管支炎

「慢性気管支炎」は気管支に炎症が起き、その粘液を排出するため咳が出ます。「後鼻漏」は鼻水が喉のほうに垂れてしまうのが咳の原因に。「咳喘息」は空咳が続きますが、気管支喘息のようなヒューヒューという喘鳴(ぜんめい)はありません。風邪を引いたあと、咳が2~3週間以上続くようなら咳喘息の可能性あり。気管支喘息の初期症状と考えられており、近年増加傾向です。いずれも早めに医療機関の受診を!

 

逆流性食道炎

強い酸性の胃液などが逆流して、食道に炎症が起こる病気。原因は、食道と胃の境目にある下部食道括約筋の筋力の低下や、便秘で腹圧が高まることなど。治療は薬物療法が中心になります。

 

気管支喘息

アレルゲンやちょっとした刺激で気管支が狭くなり、呼吸困難になります。ヒューヒューといった喘鳴を伴うのが特徴です。

 

肺結核

「肺結核」は肺や気管支に結核菌が感染する病気。「肺がん」とともに、初期の症状は咳や痰です。急速に悪化していき、呼吸困難や血痰などの症状も。早期発見・早期治療が何より大事です。

 

 

手のこわばり

 

朝の手のこわばりは、更年期症状の場合は30分ほどで解消します。もしもこわばりが長引く場合は、治療が必要な病気かも…。

関節リウマチ

免疫の異常で、手足の関節が腫れて痛む病気です。進行すると骨や軟骨が壊れて関節が動かせなくなりますが、今は薬物療法で症状をコントロールできます。

 

ヘバーデン結節

手指の第一関節に腫れ、痛み、変形が起こります。多くは良性ですが、進行すると指が変形し、動きが悪くなることもあります。

 

 

イラスト/木下綾乃 構成・原文/山村浩子

 

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第1回/あきらめがちな「ひどい肩こり」…実は、隠れた病気の可能性も!/その「なんとなく不調」もしかして…!?①…

次の記事>

次の記事>
第3回/不意に起こる胸の痛み…さまざまな病気の可能性も!?/その「なんとなく不調」もしかして…!?③…

この連載の最新記事

尿の異常や皮膚のかゆみ…自己判断せず医師に相談を!/その「なんとなく不調」もしかして…!?⑥

第6回/尿の異常や皮膚のかゆみ…自己判断せず医師に相談を!/その「なんとなく不調」もしかして…!?⑥

誰にでも起こる「むくみ」「めまいや立ちくらみ」に隠れた病気とは?/その「なんとなく不調」もしかして…!?⑤

第5回/誰にでも起こる「むくみ」「めまいや立ちくらみ」に隠れた病気とは?/その「なんとなく不調」もしかして…!?⑤

腰・背中・腹部の痛み・・・。その症状に病気が隠れているかも!?/その「なんとなく不調」もしかして…!?④

第4回/腰・背中・腹部の痛み・・・。その症状に病気が隠れているかも!?/その「なんとなく不調」もしかして…!?④

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル