OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/247036/

あなたの症状はどれ? 40歳を過ぎたら注意すべき目の病気は?/ 目の病気①

40代、50代は、知らず知らず目のトラブルが増える世代。代表的な病気、その病気に関係する部位を知っておき、異常を感じたらすぐに眼科へ!

 

お話を伺ったのは

板谷正紀さん 眼科医、医学博士

板谷正紀さん
Masanori Hangai

眼科医、医学博士。医療法人クラルス理事長、板谷アイクリニック銀座院長。硝子体手術と緑内障手術のエキスパート。

 

40歳を過ぎたら目の病気に要注意!

老眼、疲れ目、目の乾き…40歳を過ぎた頃から、さまざまな目の不調が現れます。目の機能も、加齢とともに確実に老化しています。

 

「これに拍車をかけているのは、スマホやパソコンが手放せない現代の生活です。パソコンで仕事をして、休憩時間にスマホを見る…。これでは目は休む暇がありません」(板谷(はんがい)正紀先生)

 

特にアワエイジ世代からは、目の病気にも注意が必要、と板谷正紀先生。

 

「例えば、緑内障は40歳を過ぎると20人に1人が罹患するという報告がありますし、黄斑前膜や加齢黄斑変性といった眼底の病気も50歳頃から出はじめます。しかも、目の病気は初期段階では自覚症状があまりないので、気づいたときには、かなり進行していることが少なくありません」

 

緑内障や加齢黄斑変性などは最悪の場合、失明する危険もある病気です。

 

「しかし早い段階で適切な治療を行えば、多くの人は目の機能を失うことはありません。特に働き盛りの40代、50代は目に不調が現れると、日々の生活に大きな支障が出てしまいます。そうならないためには、体と同じように、“目の定期健診”を行うこと。目も早期発見・早期治療が重要なのです」

 

40歳を過ぎたら注意したい、目の病気は? イメージイラスト

 

下記のような症状はありませんか? さっそくチェック!

こんな症状があったら要注意!

近くが見えない

近くがぼやける、小さな文字が読みにくい…そんな症状が現れたら老眼の始まり。誰にでも起こる老化現象です。

 

目が乾く

目の表面が乾燥するなら、ドライアイの可能性が。涙の分泌異常や質の低下による病気で、最近増えています。

 

黒いものが飛んで見える

黒いものが飛んで見える

虫やゴミのような黒いものが飛んで見えるのは飛蚊症かも。網膜剝離が原因のこともあるので一度検査を!

 

歪んで見える

歪んで見える

視野が歪んで見えたり、中心部が暗くぼやけるなら、黄斑部の病気の可能性が大。すぐに眼科で検査を。

 

かすんで見える

かすんで見える

視野がぼやける、かすむ、光がまぶしい…などを感じたら白内障かも。症状や程度には個人差があります。

 

視野が欠ける
視野が欠ける

視野の中に黒くて見えない部分があるなら緑内障の可能性が。失明することもあるので、すぐに検査を!

 

この連載では、さまざまな目の症状・病気に関して、ひとつずつ解説していきます。

 

代表的な目の病気に関係する部位

眼球内は実に繊細かつ巧妙な構造で成り立っています。目の病気を把握するために、各部位の名称とその機能を知っておきましょう。

代表的な目の病気に関係する部位

結膜(けつまく)

まぶたの内側と白目の部分を覆う薄い膜で、目を異物の侵入から守る働きをしています。

 

角膜(かくまく)

目の表面にある透明な膜。外刺激や病原体の侵入を防ぎ、光を屈折させる働きが。

 

前房(ぜんぼう)

角膜と水晶体の間にある空間で、酸素や栄養を供給し、老廃物の排出にかかわる「房水」で満たされています。

 

瞳孔(どうこう)

「黒目」と呼ばれている部分で、大きさを変えて、目に入る光を調整しています。

 

水晶体(すいしょうたい)

毛様体筋の伸縮で厚みを変えて、画像がきれいに見えるようにピントを調整します。

 

毛様体筋(もうようたいきん)

ピントを合わせる水晶体の厚みを調整。加齢でこの筋肉が弱まることが老眼の一因。

 

硝子体(しょうしたい)

眼球内を満たす透明なゼリー状の物質で、眼球の形を保ち、入ってくる光を通す役割が。

 

網膜(もうまく)

眼底に広がる薄い膜で、光や色を感じ取る神経細胞が集まっています。

 

黄斑部(おうはんぶ)

網膜の中心にある視細胞が集中している部分で、物を見るピントを合わせるところ。

 

中心窩(ちゅうしんか)

黄斑部の中心にあるくぼみ部分で、最も高精度な視覚があります。

 

視神経(ししんけい)

視覚を司る神経で、目と脳をつなぐ通路。入ってきた情報を脳に送る働きをしています。

 

 

イラスト/いいあい<イメージ> コタケマイ<解剖図> 構成・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

印象評論家・美有姫(重田みゆき)さんが力説!「“髪の状態”は、その人の印象に直結しています」

印象評論家・美有姫(重田みゆき)さんが力説!「“髪の状態”は、その人の印象に直結しています」

supported by 花王
次の記事>

次の記事>
第2回/老眼の原因になる「毛様体筋(もうようたいきん)」って知っていますか?/目の病気②…

この連載の最新記事

話題の「目のスーパードック」とは? 50代読者が検査を受けてみたら

第9回/話題の「目のスーパードック」とは? 50代読者が検査を受けてみたら

放置すると失明の危険がある「緑内障」ってどんな病気?/目の病気⑧

第8回/放置すると失明の危険がある「緑内障」ってどんな病気?/目の病気⑧

「霧がかかったよう」「まぶしい」症状は白内障かも。原因と対策は?/目の病気⑦

第7回/「霧がかかったよう」「まぶしい」症状は白内障かも。原因と対策は?/目の病気⑦

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル