HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/270408/

噛み合わせが悪いことの問題点は?こんな症状は要注意!【40代・50代の口腔悩みに医師が回答】

嚙み合わせが悪いことで起こるさまざまな問題を、歯科医師の佐藤由紀子先生がお答えします。

 

機能のトラブル

嚙み合わせの悪さや、食いしばりの癖など、その影響は年齢とともに思わぬところに表れることも。その不調…歯が原因かも!?

 

 噛み合わせが悪いことの問題点は?

 不定愁訴の原因になります

嚙み合わせが悪くても、「若い頃からで、特に食べるのに支障がない」といった理由で、放置している人も少なくありません。

 

しかし、その影響は口腔内だけでなく、体の“なんとなく不調”の原因になっているかもしれません。

 

「あごがずれているケースも多く、こうなると顔が歪むだけでなく、頭痛、肩こり、疲れやすい、不眠などの症状を引き起こすことも。あごのずれを修正するのに、私のクリニックでは特殊加工のマウスピースを装置する『TS式ソフトアプライアンス』を用いています。ずれが解消すると、不定愁訴まで改善されることが多く、皆さん驚かれます」(佐藤由紀子先生)

 

 

こんな症状があったら要注意!

  • 背中が丸まり、前かがみの姿勢になっている
  • 眉の高さ、目の大きさ、鼻の向き、口角の高さ、ほうれい線の深さが左右で違う
  • 目を閉じて片脚立ちをすると、バランスがくずれる
  • 口を開けていくと、あごがずれていく
  • 大きく口を開くと、耳の前の顎関節でコキンと音がしたり、痛みがある

 

 

こんな不調も改善する!?

こんな不調も改善する!?

頭痛、肩こり、疲れやすい、不眠などの不調も、噛み合わせを修正することで改善されます。

 

あごのずれを治した例

●BEFORE AFTER

●BEFORE

あごのずれを治した例 ●BEFORE

顔の歪みがひどくなるのを感じて来院。下あごがずれていて、歯の正中線が上下で合っていませんでした

 

●AFTER

あごのずれを治した例 ●AFTER

約半年間の治療で上下の正中線がそろいました。顔の歪みとほうれい線が減り、フェイスラインもすっきり

 

 

お話を伺ったのは

佐藤由紀子さん 歯科医師

佐藤由紀子さん
Yukiko Sato

歯科医師。ナグモ歯科赤坂クリニック副院長。日本アンチエイジング歯科学会理事、日本歯科審美学会代議員

 

 

構成・原文/山村浩子

 

 

他にも「『歯の健康や噛み合わせ』の情報」を公開中です!

■自分の嚙み合わせの状態をチェックしてみましょう

歯の治療部分は年々劣化していき、合わなくなっていきます。そのまま放置しておくと、大問題に!また、口内劣化や長年の嚙み癖などで……

■歯の見た目のキレイは、元気な歯・口元に比例します!

顔にはシワやたるみが現れ、体には脂肪も…。こんな変化を迎えるMyAge/OurAge世代。でも、劣化は口の中でも起きています。そして、……

■TCH(上下歯列接触癖)を解消するマッサージ

近年急増しているTCH(上下歯列接触癖)。TCHが癖になると歯だけでなく、首・肩・背中のコリなど、全身に悪影響が出てくるそう。今回は……

 

今すぐチェック!

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第8回/【口腔トラブル】食いしばりや歯ぎしりは放置していいの?/40~50代の口腔悩みに医師が回答…

次の記事>

次の記事>
第10回/加齢による歯の黄ばみにホワイトニングの効果は?【40代・50代の口腔悩みに医師が回答】…

この連載の最新記事

口腔内の健康にいい食材、悪い食材って?/40~50代の口腔悩みに医師が回答

第16回/口腔内の健康にいい食材、悪い食材って?/40~50代の口腔悩みに医師が回答

あなたも「落ち舌」? チェック方法と対策の「waiwaiスマイル体操」とは/40~50代の口腔悩みに医師が回答

第15回/あなたも「落ち舌」? チェック方法と対策の「waiwaiスマイル体操」とは/40~50代の口腔悩みに医師が回答

【口腔ケア】歯科医監修!毎日の歯磨きの基本を3ステップで紹介/40~50代の口腔悩みに医師が回答

第14回/【口腔ケア】歯科医監修!毎日の歯磨きの基本を3ステップで紹介/40~50代の口腔悩みに医師が回答

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル