OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

HAPPY PLUS

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/278478/

ダイエットや健康によかれと思った食事法が「消化力」を落としていた!?

“消化・吸収・代謝”をスムーズに行うには、さまざまな栄養素が必要です。そのため、栄養の偏りは消化力の低下を招きます。体にいいつもりの食事法も、実は悪影響なんてこともあるので要注意です。

 

その食事法、消化力を落としています
無理なカロリー制限はリバウンドするだけ

「もちろん食べすぎはいけませんが、極端なカロリー制限もNG。確かに体重は減ります。しかし、体は不十分な栄養でどうにか対応しようとするので、少ない栄養を最大限に吸収し、不要なはずの排出物も減らします。

 

よって、食事を元に戻すとリバウンドするだけでなく、不要なものまで取り込み、腸が汚れて、消化力は低下します」(澤田幸男先生)

 

極度な糖質制限は便秘の原因になる

糖質には米などの炭水化物も含まれ、これを制限するダイエットが大流行しました。「確かに糖尿病患者の場合、糖質を1日70~130gに減らすと治療効果はあります。

 

しかし、炭水化物は糖質だけでなく、食物繊維も豊富。極端に減らすと、食物繊維不足で便秘の原因になり、消化力は低下します。減らすなら1日1食だけ炭水化物を抜く程度に」(澤田幸男先生)

その食事法、消化力を落としていますイラスト

 

断食は短期間ならいいが、消化管に負担がかかる

「体内浄化」の必要性を訴える人は、日本でも欧米でも増えています。断食(ファスティング)もそのひとつ。

 

「食べすぎた翌日に食事量を減らしたり、1~3日の短期の断食なら消化管を休ませる効果がありますが、長期になると体への大きな負担に。空腹時間が長くなると、胆汁が濃縮して胆石症になる可能性が高まります。自己流で行うことは危険です」(澤田幸男先生)

 

 

お話を伺ったのは

澤田幸男さん 医学博士

澤田幸男さん
Yukio Sawada

1957年生まれ。「澤田肝臓・消化器内科クリニック」院長。医学博士。専門は消化器内科。アダムスキー式腸活法を提唱する『腸がすべて』(東洋経済新報社)の監修を担当。神矢丈児氏との共著『腸が寿命を決める』(集英社新書)も

 

■『腸が寿命を決める』の詳細はこちら

 

 

イラスト/内藤しなこ 構成・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

今年の梅雨は「くせ・うねり毛」にもう悩まない! 集中マスクでスタイリングがこんなにラクに!

今年の梅雨は「くせ・うねり毛」にもう悩まない! 集中マスクでスタイリングがこんなにラクに!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第1回/消化力の低下で、栄養をうまく吸収できない人が増えている。その理由とは?…

次の記事>

次の記事>
第3回/流行の「水飲み健康法」も水を有効に活用できなければ意味なし!?…

この連載の最新記事

発酵食品は消化のいい食べ物って知ってる?/消化力ちょい上げテク<1>

第11回/発酵食品は消化のいい食べ物って知ってる?/消化力ちょい上げテク<1>

トマトパスタとクリームパスタ。アダムスキー式で消化がいいのはどっち?/アダムスキー式腸活法<4>

第10回/トマトパスタとクリームパスタ。アダムスキー式で消化がいいのはどっち?/アダムスキー式腸活法<4>

話題のアダムスキー式腸活法を成功させる「ファスト」「スロー」食材メニュー例/アダムスキー式腸活法<3>

第9回/話題のアダムスキー式腸活法を成功させる「ファスト」「スロー」食材メニュー例/アダムスキー式腸活法<3>

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル