HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/291093/

四十肩・五十肩の炎症ピーク期は肩への刺激を避ける<炎症期の対処法>

肩に激しい痛みがある「炎症期」に、症状を悪化させない3つの生活術を、整形外科医で肩肘専門医の菅谷啓之先生に教えていただきました。

 

炎症期拘縮期

激しい痛みがある「炎症期」、痛みがやわらぐと、関節まわりが拘縮して可動域が狭くなる「拘縮期」が訪れます。

 

炎症期はとにかく安静! 痛い姿勢を避ける

じっとしていてもズキズキ、腕を上げると激痛が…。

 

「そんな炎症がピークのときは、肩への刺激を極力避けること。痛みを感じる姿勢や行動を控えて、安静を徹底することが大切です。

 

つらい場合は、整形外科で消炎鎮痛剤の注射を打ってもらうなどで、痛みのコントロールをして、炎症を抑えることに専念してください」(菅谷啓之先生)

炎症期には、肩が痛む行動は避けましょう。

炎症期には、高いところにある物を取ろうとしたり、重い荷物を持つなど、肩が痛む行動は避けましょう。

 

また、犬の散歩で急に引っ張られたり、満員電車で押されるなど、不意の衝撃には特に注意が必要です

 

湿布薬は必要に応じて好みで選んでOK!

痛みを緩和する消炎鎮痛剤に、湿布薬や塗り薬があります。

 

「いずれもひどい夜間痛がなくなるほどの効き目はありませんが、ラクになるなら使用するといいでしょう。

 

湿布は白くて肉厚のパップ剤と薄いテープ剤があり、肩には剝がれにくいテープ剤が好まれる傾向です。冷湿布も温湿布も鎮痛効果は変わらないので、心地よいと思うほうを選んで」

 

炎症期には自己流のマッサージなどは避ける

炎症期にはとにかく安静を徹底して、炎症が治まるのを待ちます。このタイミングで自己流のマッサージやストレッチは避けたいところ。かえって悪化させてしまう危険性があります。

 

「激しい痛みが取れて、肩を動かせるようになったら、理学療法士などの専門家の指導の下、少しずつ体を動かしていくようにしましょう」

 

 

教えていただいたのは

菅谷啓之さん 東京スポーツ&整形外科クリニック院長

菅谷啓之さん
Hiroyuki Sugaya

東京スポーツ&整形外科クリニック院長。整形外科医、肩肘専門医。米国ハワイ大学医学部客員教授、東京女子医科大学整形外科客員教授

 

 

イラスト/内藤しなこ 構成・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第9回/筋膜リリースとテーピングで痛みが緩和(55歳・会社員)/読者の四十肩・五十肩の治療体験談…

次の記事>

次の記事>
第11回/四十肩・五十肩による就寝時の痛みには抱き枕が有効<拘縮期の対処法>…

この連載の最新記事

四十肩・五十肩の再発を防止する首と肩のこり取りストレッチ <回復期の対処法>

第15回/四十肩・五十肩の再発を防止する首と肩のこり取りストレッチ <回復期の対処法>

四十肩・五十肩の回復期におすすめ!胸と骨盤の柔軟性を高めるエクササイズ <回復期の対処法>

第14回/四十肩・五十肩の回復期におすすめ!胸と骨盤の柔軟性を高めるエクササイズ <回復期の対処法>

四十肩・五十肩、痛みの緩和後に怖がって動かさないと可動域が狭くなる!? <回復期の対処法>

第13回/四十肩・五十肩、痛みの緩和後に怖がって動かさないと可動域が狭くなる!? <回復期の対処法>

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル