HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/292050/

四十肩・五十肩の初期痛みがやわらいだら始めたい胸と骨盤のストレッチ<拘縮期の対処法>

四十肩・五十肩の痛みがやわらいできた「拘縮期」、硬くなった体の柔軟性を取り戻す3つのストレッチで、胸と骨盤まわりを優しくほぐしましょう。

 

炎症期拘縮期

激しい痛みがある「炎症期」、痛みがやわらぐと、関節まわりが拘縮して可動域が狭くなる「拘縮期」が訪れます。

 

胸と骨盤まわりを優しくほぐす

炎症期」から少し痛みがやわらぐ「拘縮期」になったら、徐々に体を動かしていきます。

 

「まだこの段階では、肩関節は動かさず、肩と連動している背骨や胸、骨盤まわりを無理のない範囲で動かして、硬くなった体の柔軟性を取り戻します。

 

下でご紹介する3つのストレッチは、四十肩・五十肩の予防にも役立つので、治癒したあとも日々のベーシック運動として継続することをおすすめします」

 

Stretch
胸ストレッチリラクセーション

胸ストレッチリラクセーション

ストレッチ用ポール(丸めたタオルでもOK)に背骨を当てて横になり、両腕はお腹の上に。この状態で胸が伸びるのを感じながら深呼吸を数回行います。痛みが出ない範囲で!

 

Stretch
骨盤の後傾&前傾運動

骨盤の後傾&前傾運動

椅子に浅く座り、骨盤の位置に両手を当てます。まずは骨盤を後ろに傾け(後傾)、続いて骨盤を前に傾けます(前傾)。この動きを、骨盤を意識してゆっくりと数回繰り返します。

 

Stretch
胸郭を広げる運動

胸郭を広げる運動

椅子に座り、両手を膝に置き、背中を丸めます。続いて、胸を張っていきます。右の骨盤運動と動きは同じですが、こちらは胸の動きに意識を向けて行います。

 

 

教えていただいたのは

菅谷啓之さん 東京スポーツ&整形外科クリニック院長

菅谷啓之さん
Hiroyuki Sugaya

東京スポーツ&整形外科クリニック院長。整形外科医、肩肘専門医。米国ハワイ大学医学部客員教授、東京女子医科大学整形外科客員教授

 

 

イラスト/内藤しなこ 構成・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

40~50代、肌体力の低下が起こす「肌悩みの負の連鎖」は、自分で止められる!?

40~50代、肌体力の低下が起こす「肌悩みの負の連鎖」は、自分で止められる!?

PR
<前の記事

<前の記事
第11回/四十肩・五十肩による就寝時の痛みには抱き枕が有効<拘縮期の対処法>…

次の記事>

次の記事>
第13回/四十肩・五十肩、痛みの緩和後に怖がって動かさないと可動域が狭くなる!? <回復期の対処法>…

この連載の最新記事

四十肩・五十肩、痛みの緩和後に怖がって動かさないと可動域が狭くなる!? <回復期の対処法>

第13回/四十肩・五十肩、痛みの緩和後に怖がって動かさないと可動域が狭くなる!? <回復期の対処法>

四十肩・五十肩の初期痛みがやわらいだら始めたい胸と骨盤のストレッチ<拘縮期の対処法>

第12回/四十肩・五十肩の初期痛みがやわらいだら始めたい胸と骨盤のストレッチ<拘縮期の対処法>

四十肩・五十肩による就寝時の痛みには抱き枕が有効<拘縮期の対処法>

第11回/四十肩・五十肩による就寝時の痛みには抱き枕が有効<拘縮期の対処法>

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル