HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/296204/

瞼が垂れ下がって見えづらくなる「眼瞼下垂」。こんな人がなりやすい!/40~50代に多い目のトラブル

加齢などでまぶたの筋肉が衰え下がり、見えづらくなる症状「眼瞼下垂(がんけんかすい)」について、眼科医の梶田雅義先生が解説します。

 

まぶたが下垂し、見えづらくなって、目の疲れの原因にも
眼瞼下垂(がんけんかすい)
眼瞼挙筋腱膜が緩み、まぶたが下垂

「まぶたを引き上げる働きのある眼瞼挙筋をコントロールする眼瞼挙筋腱膜は、加齢とともに緩んだり切れたりします。するとまぶたが引き上げられず下がります。これが腱膜性の眼瞼下垂。

 

また、加齢によってまぶたの皮膚がたるんで起こる皮膚弛緩性眼瞼下垂もあります。正面を見たとき上まぶたが瞳孔にかかっていたら眼瞼下垂と診断されます。眼瞼下垂になると物が見えづらくなり、そのため目が疲れやすくもなります。

 

ハードコンタクトレンズを使っていると、つけ外しのときまぶたを触ることが多いので、眼瞼下垂になりやすい傾向が。またサギングアイ症候群の人にも多く見られます」(梶田雅義先生)

 

※サギングアイ症候群の症状は、コチラの記事で読むことができます。

眼瞼下垂(がんけんかすい)

●正常

瞳孔中央から上まぶたの縁までの距離が2.7〜5.5㎜以上なら正常

●軽度

瞳孔中央から上まぶたの縁までの距離が1.5〜2.6㎜なら軽度

●中等度

瞳孔中央から上まぶたの縁までの距離が−0.5〜1.5㎜なら中等度

●重度

瞳孔中央から上まぶたの縁までの距離が−0.5㎜以下なら重度

 

こんな人がなりやすい

●加齢とともに誰でもなり得るが、目をこする癖がある人、ハードコンタクトレンズを使っている人、サギングアイ症候群の人は特になりやすい

 

治療法
手術で改善可能。まずは眼科へ

「眼瞼下垂は手術で改善できます。腱膜性の眼瞼下垂なら、まぶたの皮膚を切開して緩んだ眼瞼挙筋腱膜を縫いつける手術、皮膚弛緩性タイプなら、眉毛の下の余った皮膚を切除する手術などを行います。

 

手術は、眼科や形成外科、美容外科などで受けられます。ただ、筋無力症などの病気の場合もあるので、判別するためにまず眼科へ」

 

 

お話を伺ったのは

梶田雅義さん 梶田眼科院長

梶田雅義さん
Masayoshi Kajita

梶田眼科院長。1976年山形大学工学部電子工学科卒業、’83年福島県立医科大学卒業。同大学眼科学講師、カリフォルニア大学バークレー校研究員、福島県立医科大学非常勤講師、東京医科歯科大学医学部臨床教授などを経て現職。The Best Doctors in Japanの受賞も多数

 

 

イラスト/中村久美 構成・原文/和田美穂

 

 

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第6回/「緑内障」は日本人の失明原因の第1位。早期発見・治療が肝心/40~50代に多い目のトラブル…

次の記事>

次の記事>
第8回/糸くずやごみのようなものが見える「飛蚊症」。注意が必要な状況は?/40~50代に多い目のトラブル…

この連載の最新記事

「加齢黄斑変性」は物がゆがんだり失明する危険も/40~50代に多い目のトラブル

第9回/「加齢黄斑変性」は物がゆがんだり失明する危険も/40~50代に多い目のトラブル

糸くずやごみのようなものが見える「飛蚊症」。注意が必要な状況は?/40~50代に多い目のトラブル

第8回/糸くずやごみのようなものが見える「飛蚊症」。注意が必要な状況は?/40~50代に多い目のトラブル

瞼が垂れ下がって見えづらくなる「眼瞼下垂」。こんな人がなりやすい!/40~50代に多い目のトラブル

第7回/瞼が垂れ下がって見えづらくなる「眼瞼下垂」。こんな人がなりやすい!/40~50代に多い目のトラブル

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル