HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/303141/

乳がんリスクの「チェックリスト」で確認! あなたは、乳がんリスクが高い?

先進国の中で唯一、乳がん死亡率が下がらない日本。そもそもどんな症状が出るの? どういう人がなりやすいの?
自身が乳がんにり患した経験があり、がん啓発活動を積極的に行っている女性医療ジャーナリスト・増田実加さんのナビゲートでお届けします。

 

【お話を伺ったのは】

戸崎光宏
戸崎光宏さん
相良病院放射線科部長
公式サイトを見る

1993年東京慈恵会医科大学卒業。ドイツ・イエナ大学留学、亀田総合病院乳腺科部長、相良病院附属ブレストセンター放射線科部長を経て、現職。2018年より昭和大学医学部放射線医学講座客員教授を兼務。NPO法人乳がん画像診断ネットワーク(BCIN)理事長

 

乳がんの基礎知識

女性に最も多く9人に1人がかかる
乳がんはどんな病気?

 

【乳がんの原因は?】

女性ホルモンのエストロゲンが深くかかわっています。
 

【乳がんの症状は?】

乳房のしこり、乳房にえくぼやただれができる、左右の乳房の形が非対称、乳頭から分泌物が出る、など。
 

【気をつけるべきは?】

「高濃度乳房」かどうかの確認を。血縁に乳がん、卵巣がんの人が複数いる場合は遺伝性の可能性があるので、乳腺外科を受診しましょう。
 

乳がんのリスクが高いのはどんな人?
【チェックリスト】

初経年齢が低い
初産年齢、閉経年齢が遅い
出産経験、授乳経験がない
飲酒
閉経後の肥満
身体活動度(運動など)が低い
乳がん、卵巣がんになった血縁者がいる
良性乳腺疾患がある
高濃度乳房である

 

【乳がんの治療法】

手術、放射線治療、薬物療法があり、手術によってがんを取りきることが基本。
手術後の病理検査で術後の治療計画を検討します。がんの状態によっては、手術の前に薬物療法を行うことも。治療は目覚ましく進歩しており、働きながら治療する人も増え、乳房再建も健康保険適用となっています。

 

 

増田美加さん
Mika Masuda
1962年生まれ。女性医療ジャーナリスト。35年にわたり女性の医療、ヘルスケアを専門に取材。自身が乳がんに罹患してからは、がん啓発活動を積極的に行っている。著書に『もう我慢しない!おしもの悩み 40代からの女の選択』(オークラ出版)など

イラスト/カツヤマケイコ 構成・原文/増田美加

 

 

この特集も読まれています!

子宮
フェムケア
水晶玉子
痩せる
ツボ・指圧
筋活

今すぐチェック!

医師が監修! 京都ならでは&健康寿命を延ばしたい人のためのウェルネスプログラムに注目

医師が監修! 京都ならでは&健康寿命を延ばしたい人のためのウェルネスプログラムに注目

PR
<前の記事

<前の記事
第1回/乳がん、子宮頸がんの死亡率が上がっているのは先進国で日本だけ。防ぐには?…

次の記事>

次の記事>
第3回/乳がん検診って、どんな検査をするの?/乳がん検診の疑問に応えます…

この連載の最新記事

日本人に多いというデンスブレスト(高濃度乳房)の問題点は?/乳がん検診の疑問

第7回/日本人に多いというデンスブレスト(高濃度乳房)の問題点は?/乳がん検診の疑問

乳がん検診で要精密検査になったら、次はどんな検査を受けるの?/乳がん検診の疑問

第6回/乳がん検診で要精密検査になったら、次はどんな検査を受けるの?/乳がん検診の疑問

乳がん検診の費用はどのぐらい?保険はきくの?/乳がん検診の疑問

第5回/乳がん検診の費用はどのぐらい?保険はきくの?/乳がん検診の疑問

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル