HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/sleep/230250/

日本人の問題は短眠かつ○○時間が長いこと

ヨシダヨウコ

ヨシダヨウコ

ネムリノチカラ代表。
快眠コンシェルジュ。日本睡眠学会正会員。

寝具店の娘として生まれ、心地よい睡眠を幼児期より体験するが、社会人になりたての頃、働きすぎで体調を崩す。また、実母の介護生活からも睡眠の重要性を再認識する。
漢方、発酵食、アロマ、呼吸、瞑想、ストレッチなどを取り入れ、日々「質の良い睡眠」を探求しながら、各方面へ発信中。代表を務めるネムリノチカラでは、企業の健康経営セミナーや個人の睡眠相談に応じるなど、睡眠全般についてのサポートを行っている。著書に『眠りのチカラ タイプ別睡眠改善&リッチ睡眠TIPS 101』(みらいパブリッシング)がある。

記事一覧を見る

こんにちは。眠りの力があなたを変えるネムリノチカラ代表、快眠コンシェルジュのヨシダヨウコです。

 

年末年始を迎える気持ちも今年は少し違って、あまり気分は晴れないかもしれませんが、ここは感染を拡大させないためにも、気を抜かないで手洗い、しっかり睡眠を続けていきましょう。

 

今年はコロナの影響で在宅勤務になった、感染防止のために家にいる時間が増えたということで、ほんの少し日本人の睡眠時間が長くなったとのデータがありました。

今まで日本人は睡眠時間が短く、経済開発協力機構の国際比較調査ではワースト1位の短眠国と呼ばれていたわけですから、それ自体は大変喜ばしいと思います。ただ、一方でどんどん伸び続けている、好ましくない時間があります。

それは「座る時間」です。

通勤もなく、家にいる時間が増えたことで、単純に外を「歩く」機会が減っています。テレワークで朝から晩までPCに向かったまま、家の中でわずかに移動するのみ。これでは一日1000~2000歩がやっとで、少ない人はもっといるかもしれません。

今年はテレワーク用の椅子が売れ、ヒット商品になったそうです。それくらい座ることを意識した年ですが、座る時間の長さについては、どうでしょうか?

 

日本人が世界の中で一番長い時間座っているという調査結果があります。日本は短眠であると同時に、座る時間が長い国だったのです。

長く座っているのは真面目に仕事しているからともとれますが、デメリットはとても多いようです。

肩こりを始めカラダの痛み、ゆがみ、しびれ、目の疲れなどから、血行不良、筋力低下を招き、さらに高血圧、肥満、糖尿病、心疾患、癌、認知機能の低下まで、生死にかかわる多方面に影響を及ぼすといわれています。

 

年末年始になっても外出を控える今年は、「家で見たかった映画三昧をしよう」「家で読みかけの本を読もう」などと思う方もいらっしゃるでしょう。普段できない○○三昧はいいのですが、座ったままでいないことを意識してみてください。

前回の「冬季うつ」対策でも散歩の有効性をお伝えしましたが、歩かない、動かないとココロにも影響がありますし、睡眠の質も悪くなります。

 

このお正月を少しでも明るく楽しく過ごすためにも、今年は特に座り過ぎに気を付けて、適度にカラダを動かしてみてくださいね。(自戒のつもりで書いております)

 

では、今宵も良い眠りを。

 

ヨシダヨウコ

ネムリノチカラ

https://nemurinochikara.com/

 

 

 

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第48回/なんだかいつも眠い。もしかして「冬季うつ」の症状では!?…

次の記事>

次の記事>
第50回/○○したまま寝てはいけない、冬の睡眠NG5…

この連載の最新記事

良い睡眠のために考える、べッドの替えどきサインとは? この先の人生を共に過ごすベッドを選ぶタイミング

第88回/良い睡眠のために考える、べッドの替えどきサインとは? この先の人生を共に過ごすベッドを選ぶタイミング

「明日は早起きだから…」ゴルフや旅行の前夜に早寝したくてもできないアナタ。「睡眠禁止ゾーン」をご存知ですか?

第87回/「明日は早起きだから…」ゴルフや旅行の前夜に早寝したくてもできないアナタ。「睡眠禁止ゾーン」をご存知ですか?

年齢とともに睡眠の質は低下。「朝早く目が覚めてしまう人」が寝る前に飲むべき「お椀もの」って!?

第86回/年齢とともに睡眠の質は低下。「朝早く目が覚めてしまう人」が寝る前に飲むべき「お椀もの」って!?

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル