OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/176218/

横森理香の『コーネンキなんてこわくない』「神々の地、出雲、松江へ!!③「神社と美味しいもの巡り」

横森理香

横森理香

作家・エッセイスト。1963年生まれ。多摩美術大学卒。 現代女性をリアルに描いた小説と、女性を応援するエッセイに定評があり、近著『40代 大人女子のためのお年頃読本』がベストセラーとなる。代表作『ぼぎちんバブル純愛物語』は文化庁の主宰する日本文学輸出プロジェクトに選出され、アメリカ、イギリス、ドイツ、アラブ諸国で翻訳出版されている。

著書に『50歳からの自分メンテナンス術』『50歳から誰より輝くアンチエイジング魂』など。

OurAgeの更年期チャレンジ連載をまとめたエッセイ『コーネンキなんてこわくない』好評発売中!

また、「ベリーダンス健康法」の講師としても活躍。主催するコミュニティサロン「シークレットロータス」でレッスンを行う。日本大人女子協会代表。

横森理香公式ホームページwww.yokomori-rika.com.

更年期の不調から脱するためのチャレンジをまとめたエッセイ

コーネンキなんてこわくない』(集英社刊)が話題の作家・横森理香。

旅は“コーネンキ”を明るく乗り越えるために欠かせないものだ。

今回の出雲、松江の旅、最後の日もフルに活動!!

 

宍道湖の夕日と開運ウサギ

 

「県立美術館の二番目のウサギに触りながら西を向くと、開運するんですよ」

 

流しのタクシードライバーは言った。

 

「え? 二番目のウサギ?」

 

出雲は、大国主命と稲葉の白うさぎの神話由来で、可愛いウサギのモニュメントがそこここにある。

 

「私、一緒に行きますから大丈夫です!!」

 

と、ドライバーさんはついてきて説明してくれた。私の後ろに菩薩様が見えたというのは、自分は霊感があり、お客様の背後霊が見えるというのだw

 

ま、でも、このドライバーさんのおかげでなんとかサンセットタイムに間に合い、うすぼらけだが、夕焼けも見えた。

 

 

 

歴史ある神社へ。恋愛の神様!?

 

翌日、二校目の高校講演会も終わり、我々は飛行機に乗るまでの時間、松江のお土産を買ったり、神社にお参りにも行こうと忙しかった。

 

まず、向かったのは「熊野大社」。

 

ここは、「火」発祥の神社で、神事の際は出雲大社より宮司さんが火起こしの神器を頂きに来るという。

 

 

その際、神餅をお供えに持ってくるのだが、「今年の餅は色が悪い」とか「所々につぶつぶがある」とか難癖をつけて、なかなか授けられないんだそう。

 

「でもそれは心から言っているわけではなく、神事なんです。結局は授けるんです」

 

とドライバーさんが面白そうに言う。

 

いやー、彼のおかげで、たった三日でえらい詳しくなっちゃったな。

 

例えば、神社の屋根に千木(ちぎ)という組木がついているのだが、それのとんがってるのは男の神様が祀られている神社で、平たいのが女の神様とか。

 

「熊野大社」はスサノオノミコトが大蛇から稲田姫命を救ったことから、愛の神、救いの神とも言われているそう。

 

なんと石垣にハート形の岩も!!

 

で、お守りに櫛を使ったことから、縁結びのお守りがついた丸い櫛が授与されている。

 

私はこれ、娘と友達の娘に購入♥ 一生お守りしてくれる、いい人と結ばれるようにね。

 

 

錦織選手も食す蕎麦処でランチ

 

 

ランチはダメ押しで割子蕎麦を「八雲庵」で。

 

ここは、錦織圭選手も里帰りしたときには必ず立ち寄るという、鴨南蛮が有名なお蕎麦屋さん。

 

朝ごはん食べ過ぎちゃった我々は、地味に割子蕎麦を食べたけど、お隣の鴨南蛮、美味しそうだった。

 

次来たときは、鴨南蛮をいただくわw

 

 

不昧公好みの和菓子の老舗へ

 

食後、お土産を買いに松江の和菓子の老舗に。

 

はー、忙しい。でも、ホテルのお土産物売り場で買うより、やっぱりお店で買いたい。川沿いの白壁で、記念撮影もしたいしね。

 

 

不昧公好みの和菓子が買えるのは「風流堂」。

 

色々あるが、私は「月照寺」でいただいた「路芝」を、編集者Kは見目美しい「あまの川」購入。

 

写真上は夏限定「あまの川」(8月末まで販売)。キラキラとして綺麗。左下がねじりがカワイイ「路芝」。控えめな甘さと胡麻の風味がお茶に合います。包装紙もレトロで素敵。

 

 

 

橋から見て気になった風情のある店「風月堂」では、焼きたてのカステラと、特大のお饅頭を二個、買った。

 

こちらは家族用。その日の朝焼いて、売り切り終わりのお菓子だ。

 

松江市末次本町97 電話0852-21-3576 営業時間 月~金9:00~16:00 土・日定休

 

このお饅頭、皮がクッキーみたいで、中は硬めのこし餡。

 

帰りの飛行機でコーヒーとともに頂いたが、初めての味わいだった。緑茶よりむしろコーヒーに合うお饅頭だ。

 

カステラは、夜帰宅し、お土産を披露した途端、カステラ好きな夫が美味しい美味しいとさくさく食べてしまったw。

 

松江は、不昧公の粋好みが浸透しているのか、凝ったお菓子や料理屋さんが多いという。

 

次回行ったら、気になるケーキ屋さんやレストランにも寄りたいと思う。

願い石に祈願!!

 

最後に寄ったのは、「玉作湯神社」。

 

ここには御神石「願い石」があり、お守り「叶え石」が売られている。

 

お守りの中に「叶え石」のクリスタル(私は白だった)と、願い事を書く紙が入っていて、「願い石」にくっつけてパワーチャージするのだ。

 

「願い石」は、「真玉(まだま)とも言われ、古くより御神石として崇拝されてきたもの。

 

 

お願いを書く紙は複写になっていて、一枚を奉納し御祈願。

 

私も編集者Kも、娘たちの将来を願い、お守りを授かった。

 

私たちは、もうすっかり立派な大人女子。願うなら、次世代のことだ。

 

 この神社の狛犬は、全国でも珍しい親子だった。

 

 

可愛いだけでなく、若者たちの未来を願う気持ちを思い出させてくれる。そして出雲の狛犬は、みんなしっぽが上がっている。

 

その様子を見るにつけ、うちの猫、パンダちゃんを思い出した。

 

 里心ついたところで玉造温泉にサクッと日帰り入浴し、空港に向かった。

出雲は、その人に必要なメッセージが降りて来るところだった。そして自然が美しく、人々がおっとりした食べ物が美味しいところ。いろんな意味で、癒しの地である。

大人女子のみなさまも、最近、心が疲れたな、と思ったら、出掛けてみてはいかがだろうか。きっと、パワーチャージできるに違いない。

文/横森理香

・・・・横森さんの次のチャレンジは何になるか、またお楽しみに・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★横森理香の更年期チャレンジ! 『 コーネンキなんてこわくない』は単行本、電子書籍で好評発売中!!
お近くの書店、WEB書店(amazon楽天ブックスセブンネットショッピングなど)でお求めください。
ちら読み、本の内容、詳しくはこちらをごらんください★

横森本カバーおびあり

作家・横森理香が更年期の不調解決のため、空中ヨガ、イケメン太極拳、コルギ、観光ウォーキング、グルテンフリーなどに次々チャレンジ。読むだけで気持ちが前向きになる一冊です。

(集英社 定価 本体¥1,400+税)

<前の記事

<前の記事
第32回/横森理香の『コーネンキなんてこわくない』「神々の地、出雲、松江へ!!②城下町・松江散歩」…

この連載の最新記事

横森理香の『コーネンキなんてこわくない』「神々の地、出雲、松江へ!!③「神社と美味しいもの巡り」

第33回/横森理香の『コーネンキなんてこわくない』「神々の地、出雲、松江へ!!③「神社と美味しいもの巡り」

横森理香の『コーネンキなんてこわくない』「神々の地、出雲、松江へ!!②城下町・松江散歩」

第32回/横森理香の『コーネンキなんてこわくない』「神々の地、出雲、松江へ!!②城下町・松江散歩」

横森理香の『コーネンキなんてこわくない』「神々の地、出雲、松江へ!!①初めての出雲」

第31回/横森理香の『コーネンキなんてこわくない』「神々の地、出雲、松江へ!!①初めての出雲」

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル