OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/68620/

もう人付き合いに悩まない。漢方の知恵・五行説〈後編〉

樫出恒代

樫出恒代

漢方薬剤師・漢方ライフクリエーター。漢方カウンセリングルームKaon代表。Kaon漢方アカデミー代表。新潟薬科大学薬学部卒業後、一人ひとりのこころとからだにていねいに向き合う漢方カウンセリングを提唱。連載の味わいあるイラストは、本人によるもの。
美容家吉川千明氏との共著に「内側からキレイを引き出す 美肌漢方塾」(小学館)

OurAgeインタビュー「信じていなかった漢方の力に救われて、この道を究め続ける薬剤師」はこちら

記事一覧を見る

こんにちは!

漢方薬剤師・漢方ライフクリエーターの

樫出恒代です

 

最近、漢方カウンセリングにいらっしゃる方々、

体調崩してる方が、多いこのごろです。

気温の乱れ、

春先に集中する子供の受験や就職、

仕事上での異動や引越し

やらなきゃいけないことが、

つぎつぎなのに

身体もこころもついていかない、なんて。

 

そのまま放っておかないでねー。

 

 

今回は五行説の続き

これをお読みいただいて

自分の強みと弱みを知って

人付き合いまでも

対処していきましょう。

 

まずは、五行説、知っておきたい

木星火星土星金星水星

それぞれの性質・体質についてです

(前回のコラムの早見表をみてくださいね)

 

 

木星の方

(三碧木星四緑木星)

 

直観力と向上心あふれる「正義」の人

樫出さん 木

樹木がのびのびと、空に向かって枝葉を広げるように向上心をもち、好奇心も旺盛。直観力もすぐれ、アイデアを出すことも得意。 ちょっとおっちょこちょいのところもあるが、責任感、正義感も強く、人をひっぱるリーダーにも。

しかし、そのためか、いつの間にかストレスをためてしまうことも。イライラしやすい、些細なことで怒ってしまう時は、こころからのメッセージ。

 

そんな時は

ゆっくり木々の中に身を置いて、樹木に触れ

ゆらぎを感じてください。

 

弱いところ→肝機能    症状→目の疲れかゆみ

出やすい感情→怒りイライラ

相性のよい味覚→「酸」 お酢ゆずレモン梅干しなど

相性のよい星の人→ 水星火星

 

 

次のページは火星・土星の方の性質と体質について。

火星の方

(九紫火星)

 

華やかで聡明な「人気者」

樫出さん 火

炎のように熱く燃える太陽のような

パワーを持った方。人を惹きつける力も強く

仕事も人並み以上にでき、とても多才。

どちらかというとテンションが高めの火星ですが、本当は寂しがり屋の一面も。炎ゆえに

熱しやすく、冷めやすい。だれかと約束してても、ドタキャンしたくなるくらい、気分のむらを生じることも。気分のアップダウン に気づいたら、それは、こころからのメッセージ。

 

そんな時は

キャンドルの炎を見つめて、

ひとりで何にも考えず

こころを真っ白に。

 

弱いところ→心臓    症状→どうき息切れ

出やすい感情→喜び興奮

相性のよい味覚→「苦」  ニガウリセロリうどらっきょうなど

相性のよい星→木星土星

 

 

土星の方

(二黒土星五黄土星八白土星)

 

人望厚く涙もろい「愛」の人

樫出さん 土

地球上の多くのものが育まれる土。豊満な母なる大地のエネルギーをもつ土星。

自分で自ら動くことのできない土は、だからこそしっかり底辺をつくることができ、おおらかで、穏やかな癒し系。人が好き、世話 好き。人望も厚く頼られる存在。

どしっとしてるはずなのに、小さいことを気にしたり、考え込んだりすると

そのトルネードから出てこれない、あーあーってため息が、、

それはこころからのメッセージ

 

そんな時は

気のおけない友人と

たわいないおしゃべりを

心ゆくまで。

 

弱いところ→胃腸    症状→口内炎肌荒れ

出やすい感情→くよくよ考えすぎ

相性のよい味覚→「甘」 さつまいもかぼちゃ小豆大豆など

相性のよい星→火星金星

 

 

次は金星・水星の方の性質と体質についてご紹介。

金星の方

(六白金星七赤金星)

 

強く、優しく、「輝く人」

樫出さん 金

美しく、輝く。現代的で高級な金・ゴールドのイメージ。クールビューティー。美しいもの・ 綺麗なもの・おしゃれなものに対する感受性か高く、美術館や博物館などに興味あり。冷静で、しっかり、頭の回転も早く、でも時に熱く、仕 事にも責任感があり、頼られる存在。

それでも、ふっと、悲しくなって、

落ち込みやすくなったら

それはこころからのメッセージ

 

そんな時は

ゆっくり息を吐く、吐ききったら

鼻から吸うを繰り返して、呼吸を深く。

 

弱いところ→   症状→風邪ぜんそく

出やすい感情→落ちこみうつうつ

相性のよい味覚→「辛」 しょうが大根ネギシソなど

相性のよい星→土星火星

 

 

水星の方

(一白水星)

 

才能あふれ、感受性豊かな「自由人」

樫出さん 水

水のごとく、流れる、固まる、蒸発する、のように柔軟な感受性をもち、いつも軽やかに自分 を楽しむことのできる水星。透明な水のように純粋で探究心や好奇心も旺盛。ひとたび流れると止められないパワフルな勢いも持っている。

人と一緒でいるより、自分を大事にできる人。

それでも、いつの間にか、不安を胸にかかえ

ざわざわするようになったら

それはこころからのメッセージ

 

そんな時は

ゆっくりお風呂につかる

白湯をのむ、せせらぎの音を聞くなど、

水星を助ける水を感じるように。

 

弱いところ→  症状→冷えむくみホルモンの乱れ

出やすい感情→不安感おそれ

相性のよい味覚→「鹹(塩辛い)」 味噌いわしさば海苔昆布など

相性のよい星→金星土星

 

 

自分の星より他の星のほうが当てはまる場合は? 次のページでご紹介します。

 ぜひ、自分の星のところで、自分再認識

してみてください。

そして、ご家族のことも見てみると

性格・体質など、当たってるところがあるかと思います。

 

もし、自分の星より他の星 のほうが当てはまるようでしたら、それは、その臓器が弱っている時と考えてください。例えば、木星なんだけど、今は弱いところも味も土星が しっくりくる。それは胃腸が弱っているときかもしれないと捉えてくださいね。

 

 

漢方的に、まるで占いみたいに

自分とまわりの人のことを知っておく。

相性のよい人は一緒にいて

苦労しない楽な存在。

相性合わない人でも、

刺激をもらえる場合が多く

逆にやる気が起きることも。

 

更年期世代は

家族のこと、仕事のこと

とにかくやること、考えることがいっぱい。

自分の強みを再確認したら、

疲れる前に、未病のうちに

自分をいたわり

漢方薬も味方にしてくださいね。

 

 

注:漢方薬については

漢方専門の医師や漢方薬剤師

漢方アドバイザーなどにご相談・

カウンセリングの上お飲みください。

 

 

漢方カウンセリングルームKaon

Facebook

https://www.facebook.com/kampokaon

 

HP

http://kampokaon.com/

<前の記事

<前の記事
第27回/もう人付き合いに悩まない。漢方の知恵・五行説〈前編〉…

次の記事>

次の記事>
第29回/“煎じてみよう!漢方”  春のイライラ・不安に、 めんどくさいけど効くのです…

この連載の最新記事

「すみません」ばかりの患者さんが、漢方と出会って変わったこと

第114回/「すみません」ばかりの患者さんが、漢方と出会って変わったこと

眠気とだるさの原因は [マスクによる酸素不足?!] 漢方養生を。

第113回/眠気とだるさの原因は [マスクによる酸素不足?!] 漢方養生を。

いつのまにか「うつ」。舌を見て今の自分に氣づいてね

第112回/いつのまにか「うつ」。舌を見て今の自分に氣づいてね

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル