HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/chinese-medicine/278378/

花粉症、こんなにすぐに効くなんてびっくり!〈漢方薬の即効性について〉

樫出恒代

樫出恒代

漢方薬剤師・漢方ライフクリエーター。漢方カウンセリングルームKaon代表。Kaon漢方アカデミー代表。新潟薬科大学薬学部卒業後、一人ひとりのこころとからだにていねいに向き合う漢方カウンセリングを提唱。連載の味わいあるイラストは、本人によるもの。
美容家吉川千明氏との共著に「内側からキレイを引き出す 美肌漢方塾」(小学館)

OurAgeインタビュー「信じていなかった漢方の力に救われて、この道を究め続ける薬剤師」はこちら

記事一覧を見る

「漢方の効き目って
ゆっくりですよね?」

 

漢方ライフクリエーター
漢方薬剤師の樫出恒代です

 

そうそう
漢方薬の効き目はゆっくりで時間がかかる

 

と思っている方が多い。

 

だから
漢方薬が早くスパッと効いたときは
えっ?こんなに早く楽になる?
なに?飲んだ途端に…あらら
とびっくりされることがよくあります。

 

先日
はじめてお会いした方とお仕事の打ち合わせをしている際に

 

その方がさかんに鼻をすすって
「花粉症みたいで。。。」と。

 

それは辛いですね。早く治しましょうと。

樫出さん 漢方と人イラスト

 

いつも持ち歩いている「ザ・漢方ポーチ」
(別名 歩く漢方薬局!〕から
<麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)>という漢方薬を取り出し、お店の方に熱いお湯を持ってきてもらい、溶かして飲んでいただきました。

 

30分もしないうちに
「あ、とまった!鼻水でません」

 

「楽になりました!」

 

「えっ!?こんなに早く効くんですか?」

 

(やだーー!知らなかった?漢方の即効性)と私は心の中で思いながら

 

「そうですよ、、、」って。

 

このことを
知っているか知らないか、使えるか使えないかで 人生変わると言っても過言ではないと私は思っています。

 

 

なぜなら
漢方は

 

氣もちよく効く
副作用がほとんどない
身体に負担をかけない
早く効く

 

だから、先ほどの方も
ズズっと鼻水をすすりながら
時々、鼻をかみながら
話をしていても
集中できないし
なんか頭も重いし

 

花粉症だから仕方ない
と具合悪い時間を過ごすより、
さっとあったかい漢方薬のんで
スッキリした方が仕事も
テキパキはかどるし、そのあとの自分時間も
充実するはず。

 

ですよね!

 

大事なことは
自分に合う「速攻漢方薬」を
知っておくこと
そして、
すぐ飲めるように
そばに置いておく(持ち歩く)こと

 

 

もちろん、すべてが即効ではないです。
特に急性疾患には早く効くと覚えておいてください。

 

冷え症などの慢性疾患や
炎症が長引く、痛み、腫瘍などは
じっくり身体と向き合って
漢方薬を選んでいきます。
服用も血液の生まれ変わりの120日(4ヶ月)を
目安にします。
が、だいたい2週間で何かしらの変化、
よい兆候がみられるならそのまま続け、
何も変化がなく、しっくりこない場合は
漢方薬を変えることもよくあります。

 

更年期で漢方薬飲んでるけど、
何の変化もないわ、という場合
2週間以上経っていたら、ぜひ
もう一度相談して、漢方薬の検討をした方がよいかと思います。

 

 

さぁ、これから本番の花粉症には、即効漢方!

 

春の花粉症は
特に目にきます。

 

目の痒み

 

そして、鼻炎、鼻詰まり。

 

春は氣の流れが滞りやすくなり、
詰まってきて熱をもつので、
鼻も詰まる人が多いのですね。

 

熱が上に上がるのが、春の特徴
顔、頭はいらない熱がこもります。

 

 

そんな時
特に朝の目と鼻の症状におススメが
〈葛根湯〉です
(注:汗が出ていない、体力ある方に〉

 

目の痒みに葛根湯、
これには、
喜びの声が続々!

 

そして、鼻詰まりには、
葛根湯に川芎と辛夷という生薬をプラスした
〈葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)〉がよいですよ。

 

くしゃみ、鼻水、冷えなど
水っぽい症状に
〈小青竜湯(しょうせいりゅうとう)〉
お湯に溶かして飲んだ時
「レモンティーみたい♪」と思ったら即、
効くはず。
合ってる証拠です。
この漢方薬は、肺や胃腸が冷えて
水びたしになっているようなイメージの方に特によいです。
(自分では分かりにくいかもしれんが、冷たいものが好きな人に多いです)

 

 

先ほどの
〈麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)〉という漢方のポイントは

 

鼻をすする、ズズ、ズズッと
冷えがある、寒がり
肩こりで、元氣もあんまりない
そんな方に
必ずお湯で溶かして飲むこと、
そうすると
温まって、氣もちよく
早く効いてくれます。

樫出さん 湯呑イラスト

*ご紹介しました漢方薬

<麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)>

<葛根湯(かっこんとう)>

<葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)>

<小青竜湯(しょうせいりゅうとう)>

には
〈麻黄〉という生薬が配合されていて、
主成分であるエフェドリンという成分の
交感神経興奮作用から動悸、不眠、血圧上昇などが
おこる場合があります。
そのような方には、〈麻黄〉が配合されていない
<苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)>
<桂枝湯(けいしとう)>などを用いることもありますので
ご相談ください.

 

花粉症の方の養生として
アイスクリーム
冷たい飲み物、食べ物はNGですよ。
胃の中の温度は約38度
それ以下の温度のものは摂らないでくださいね。

 

 

「漢方はゆっくり効く」
も、間違いではないです。
例えば、花粉症の体質改善にも使います。

 

 

でも、ぜひ
即効漢方をご自分で
体験してみてくださいね。

 

花粉症だけでなく、足のつり、かゆみ、痛みなどにも
早く効いてくれる漢方薬もありますから。

 

 

あー、楽だ〜

人生楽になりますよ^_^

 

 

注:漢方薬については
漢方専門の医師や漢方薬剤師
漢方アドバイザーなどにご相談・
カウンセリングの上お飲みください。

 

漢方カウンセリングルームKaon

Facebook
https://www.facebook.com/kampokaon
ブログ
https://ameblo.jp/kaon2010/
HP
http://kampokaon.com/
Instagram
https://www.instagram.com/hisayo_kashide

今すぐチェック!

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第131回/夜間のトイレ、いやですね。漢方でなんとかしよう!…

次の記事>

次の記事>
第133回/更年期障害は春に悪化する?! 漢方で乗り切って…

この連載の最新記事

<冷えのぼせ>更年期のための漢方薬

第137回/<冷えのぼせ>更年期のための漢方薬

ため息ばかりのパートナー。更年期? 男性にもあります、だから漢方のちから

第136回/ため息ばかりのパートナー。更年期? 男性にもあります、だから漢方のちから

更年期、長い夏はつらい。漢方で氣力体力アップ!(体を触ってみてね)

第135回/更年期、長い夏はつらい。漢方で氣力体力アップ!(体を触ってみてね)

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル