HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/feminine-bladder-care/289594/

井上晴美さんの腰痛の原因「上半身と骨盤のねじれ」をトレーニングで解消する

井上晴美さんの腰痛の原因がわかったところで、解消法は? 理学療法士の田舎中真由美先生が、骨盤底筋や腟にもアプローチする基本のストレッチの中から、症状にあわせて指導します。

 

井上晴美さんのお悩みカルテ

カラークリップボード(上)

井上晴美さん(47歳)

  • 出産状況
    33歳 第一子、35歳 第二子、37歳 第三子すべて帝王切開
  • 体の不調と悩み
    腰痛、生理不順は年齢的なものなのか知りたい
  • 悩みを解消するためにしていること
    時々、整体に行く程度
  • 日中の過ごし方について
    座っていることが多い(椅子あるいは床)
  • 運動習慣について
    軽いストレッチ程度

 

月経前症候群で、気分の落ち込み、イライラが出ることも。「母親が更年期の際に、メンタルのアップダウンがひどくてつらそうだったので、自分も今後が心配です」

カラークリップボード(下)

井上晴美さんの場合

  • ・上半身と骨盤が左にねじれている
  • ・骨盤底筋に左右差がある(左が硬い)
  • ・腹直筋の離開
  • ・骨盤の前傾歪み(お腹が前に出ている)

 

井上晴美さんの腰痛の原因は、体のねじれが強く、崩れたバランスを腰で支えようとしていたこと、と判明。

また「腹直筋離開があるため、インナーマッスルが効かず、支えが弱いことからお腹を突き出す姿勢になり、骨盤が前に反りやすくなっていることがわかりました」(田舎中真由美さん)。

 

骨盤底筋はしっかりと動いていたので、今のところは問題なし、の診断。どちらかというと上半身のねじれのほうが問題で、放置すると腰痛を繰り返してしまうことに。

 

「まずは上半身のねじれをリリースして、お腹の筋肉をしっかり使い、本来のバランスを取り戻していきましょう」

理学療法士の田舎中真由美さん(写真右)に相談する井上さんとK美さん

理学療法士の田舎中真由美さん(上写真右)に相談する井上晴美さんとK美さん。

 

 

この順番でトレーニング!
上半身のねじれをとる!
腹斜筋ストレッチ

上半身のねじれをとる! 腹斜筋ストレッチ

ブラトップ¥7,500・半袖トップス¥12,800・レギンス¥12,800/ルルレモン

 

    • 両膝を左側に倒し、手のひらを上に向けて「バンザイ」のポーズをとる
    • 「吸って吐いて」呼吸を繰り返す
  • 両膝を反対側に倒して、同じく呼吸を繰り返す

 

胸を開いてねじれをとる!
胸ねじりストレッチ

胸を開いてねじれをとる! 胸ねじりストレッチ

  • あお向けに寝てから横向きになり、手のひら同士を重ね、膝を曲げておく
  • 下半身は動かさないようにしたまま、胸を開いて、両腕を大きく床に伸ばす
  • この位置で助骨を意識して呼吸を繰り返す

 

骨盤の左右差をとる!
ハッピーベイビーストレッチ

骨盤の左右差をとる! ハッピーベイビーストレッチ

  • あお向けになり、両膝を曲げて両手で膝を抱える
  • 両手を膝の内側から伸ばし、足を小指側から持つ
  • 膝を開いて、かかとを天井に向ける
  • ゆっくりと腹式呼吸を10回ほど繰り返す

 

骨盤底筋と腟を同時に鍛える!
骨盤底筋トレーニング

骨盤底筋と腟を同時に鍛える! 骨盤底筋トレーニング

  • 床によつばいの姿勢をとる
  • 握った両手で額を支える。足はつま先立ちで
  • 腹式呼吸(吸うときにお腹がふくらみ、吐くときにへこむ)を行う。吐くときに腟を頭の方向に引き上げる

 

井上晴美さんにおすすめのトレーニングは、上の4つを順に行うこと。

 

腹斜筋ストレッチ胸ねじりストレッチで上半身のねじれをとってから、ハッピーベイビーストレッチで骨盤のねじれをとり、左右差のバランスも整えます。

 

「井上晴美さんは今は問題ありませんが、骨盤底筋に効く骨盤底筋トレーニングは生理不順の改善にもつながるので、ぜひ取り入れるようにしてください」(田舎中真由美さん)

 

※骨盤底筋&腟トレーニングの基本5つの動作は、コチラの記事で読むことができます。

 

診断を終えて

胸や腕など体がねじれていたり、骨盤が歪んでいたり…など、自分ではまったく気づいていないことばかりで「目からウロコ」状態でした。

 

本来のバランスで真っすぐ立ったときのイメージを忘れないように、トレーニングしたいと思います。

 

 

指導してくれたのは

田舎中真由美さん フィジオセンター センター長

田舎中真由美さん
Mayumi Tayanaka

フィジオセンター センター長。臨床経験20年以上、1万5000人以上診てきた理学療法士。専門は腰や骨盤まわりの痛み、産後の骨盤まわりの緩みや痛み、尿もれの改善

 

実践したのは

井上晴美さん

井上晴美さん
Harumi Inoue

1974年生まれ、熊本県出身。16歳で芸能界入りし、ドラマ・映画・舞台など数多くの作品に出演。国際結婚ののち、現在3児の母。出産を機に東京を離れ、熊本で子育てと主婦業、女優業をこなしている。

インスタグラムはコチラ

 

 

撮影/フルフォード海 ヘア&メイク/佐藤トモコ スタイリスト/寶田マリ 構成・原文/井尾淳子

 

 

今すぐチェック!

人気インスタグラマー、おさよさんが今、気になる洗剤って?

人気インスタグラマー、おさよさんが今、気になる洗剤って?

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第2回/井上晴美さんが実践!骨盤底筋&膣トレーニング5…

次の記事>

次の記事>
第4回/尿もれが気になるK美さんの原因診断&解消トレーニングとは…

この連載の最新記事

尿もれが気になるK美さんの原因診断&解消トレーニングとは

第4回/尿もれが気になるK美さんの原因診断&解消トレーニングとは

井上晴美さんの腰痛の原因「上半身と骨盤のねじれ」をトレーニングで解消する

第3回/井上晴美さんの腰痛の原因「上半身と骨盤のねじれ」をトレーニングで解消する

井上晴美さんが実践!骨盤底筋&膣トレーニング5

第2回/井上晴美さんが実践!骨盤底筋&膣トレーニング5

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル