OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/more/253229/

横森理香 連載小説「大人のリアリティ小説~mist~」シーズン3 自由という名の孤独 第1話 東京タワー

横森理香

横森理香

作家・エッセイスト。1963年生まれ。多摩美術大学卒。 現代女性をリアルに描いた小説と、女性を応援するエッセイに定評があり、『40代 大人女子のためのお年頃読本』がベストセラーとなる。代表作『ぼぎちんバブル純愛物語』は文化庁の主宰する日本文学輸出プロジェクトに選出され、アメリカ、イギリス、ドイツ、アラブ諸国で翻訳出版されている。 著書に『コーネンキなんてこわくない』など多数。 また、「ベリーダンス健康法」の講師としても活躍。 主催するコミュニティサロン「シークレットロータス」でレッスンを行っている。 日本大人女子協会代表

記事一覧を見る

大人気連載小説、シーズン3スタート。東京タワーが見えるマンションにひとりで住む瞳が直面する、今まで見ていなかった「現実」とは・・・・・・一見、幸せそうに見える大人女子も、実はセツナイ内情があるもの。作家・横森理香がお届けする、乾いた心を癒す、フェイシャルスチームならぬマインドスチーム~mist~をどうぞ。

第1話 東京タワー

 

この年になると、結婚している友人をまったく羨ましいとは思わないな・・・。

瞳はライトアップされた東京タワーを眺めながら思った。母親が残してくれたマンションは、古いけれど遠くに東京タワーが見えた。

 

母親はキャリアウーマンで、父親と別れてこのマンションを買った。下町の古家に父親を残し、瞳を連れて家を出たのだった。夫婦喧嘩ばかりしていた親を見て育ったので、瞳には結婚というものが、どうにもいいものと思えなかった。

 

母親も、自分が結婚に失敗したので、瞳にはいつも、

「結婚は人生の墓場だよ。あんたは結婚なんかしないで、自由に楽しく生きな」

と言っていた。

「男は裏切るけど、仕事は裏切らないから」

確かに、母親は中堅の不動産会社でトップセールスレディだった女だから、そう断言できる。働き過ぎか離婚のストレスか、癌で早く死んだのも、ある意味幸せだったと思う。

生きていたら高齢だしコロナが心配だ。行動が制限されるのも苦痛だろうし。

 

 

母親が死んで、もう十年になる。赤いスポーツカーを乗り回す派手な母だった。

あの車も、駐車場代がもったいないから売ってしまった。

瞳が住む港区のマンションは、駐車場代が月五万もして、都内でも小さいアパートなら家賃になるじゃん、と瞳は思った。

 

2LDKのマンションは、一人で住むには広すぎたが、保護猫がどんどん増え、うち一匹はエイズの猫だったから、ほかの猫からは隔離しておかねばならなかった。一部屋余分にあるのはありがたかったのだ。

 

 

その猫とは保護施設で目があった途端、恋に落ちた。もう何歳になるか分からないが、ゴツゴツした大柄の猫で、とても雌とは思えなかった。白猫かと思いきや、まるで人間の前髪パッツンのように、黒ぶちが入っている。

「お母さん、ヘンな猫ちゃんいるよー」

「本当だ。面白いね」

などとコメントされ、誰ももらい受けようとはしていなかった。

 

もう何年、この子はケージの中にいるのだろう・・・と思うと、瞳の胸は痛んだ。

しばらくじっと目を見つめ合った。細い目の下瞼が、うっすらピンクになっている。その眼差しはあたたかく、むしろ瞳を見守ってくれているようだった。

 

「この猫をください」

「えー、いいんですかぁ? エイズの猫ちゃんなので、多頭飼いされてる方は、隔離しなきゃなんないんですけど・・・」

調子のいいボランティアスタッフが言った。

「はい。部屋は余分にあります」

この子をここから救い出して、明るい部屋を与え、その中でだけは、自由に歩かせてあげたい。こんな狭いケージの中で年老いて、死んでくなんて可哀想だ。

瞳は使命感に燃えた。久しぶりの、熱い気持ちだった。

 

 

猫をもらい受ける場合、里親審査があり、家庭訪問もある。瞳は独身だったから、年齢はぎりぎりだった。猫も推定年齢六、七歳だったので、許可が下りた。

「うわぁ、こんな素敵な風景の部屋に住めるなんて、幸せですね。私が住みたいぐらい」

審査に来た施設のスタッフは言った。

 

その部屋は、生前、母親の部屋だった。遠くに白金の庭園美術館が見え、夜は夜景がきれいだ。マンションはぐるりとベランダに囲まれ、そこは、母親が残したグリーンでいっぱいだった。

 

「ほかの猫たちはここも歩かせてあげるんですけど、この子はこの部屋から出しません。可哀想だけど・・・」

瞳が言うと、スタッフは、

「いやぁ、これだけのスペースがあって、景色も素晴らしいので、この猫ちゃんにとっては天国ですよ」

と言った。

良かった、と、瞳は思った。

 

 

瞳はその猫に、大好きな韓流ドラマの役名をつけ、一等可愛がっているのだった。

「お顔が似てるんだよね、リジョンヒョク氏に」

親友の貴美子にラインで写真を送って言うと、

「そ、そうかな💦 しかもメスだし」

とネガティブな返信があった。

それでも、最近になってやっと「愛の不時着」を見てくれたから、話しが通じるようになった。

「どこまで見た?」

「まだ二話。家族がいるから、なかなか一人になれないの」

「スマホで見りゃいいじゃん」

「いや、やっぱりこれはテレビで・・・」

 

家族に揉まれ、好きなドラマも一人で観られない。貴美子の結婚生活を見ても、結婚なんてちっともいいものとは思えなかった。短大で知り合ったころの貴美子は、今の女優なら浜辺美波みたいに可愛かったのだ。

なのに、早々に職場結婚をしてしまったため、見る影ない。旦那は役場勤めで、安定はしているが安月給だ。

 

私が男だったら、もっといい生活させてあげたのにと、瞳はいつも思う。瞳には母親が残してくれたマンションが三つあり、一つは自分で住んでいるが、あとの二つを貸す毎月の家賃収入があった。

 

 

派遣で働いているのは暇つぶしと、世間体のためだった。それに、自分は独り者の派遣で働く不幸な女という立場でないと、大好きな貴美子も慰められなかった。

 

瞳は社交的な性格なので友達はたくさんいたが、中でも貴美子がお気に入りだった。

純粋、という言葉を絵に描いたような貴美子は、下町育ちで口の悪い、情は厚いが損得勘定ばかりしている瞳と、対極にあった。愚痴は言うものの、あんなに一生懸命好きでもない家事をやり、ボロボロになっている貴美子が可哀想だった。

 

洋服だって、たまにしか買わない。古いものを大切に着ているので、年齢以上に老けて見えた。何もそんな地味な色の組み合わせ、わざわざ着ることもないのに・・・といつも思う。それで本人はお洒落をしているつもりなのだから、瞳は今も昔も、驚くばかりなのだった。

 

それでも、貴美子は笑うと可愛い。その笑顔は、まるで天使みたいだった。

世の中に、こんな笑顔が可愛い五十歳がいること自体が、奇跡だった。

大好きな猫たちと同じ、掛け値なしの愛情を持つまなざしも、瞳の癒しだった。

 

 

「酒類の提供禁止じゃなかったら、どこか素敵なバーにでも連れってあげたいんだけどな・・・」

 

瞳は今宵もカクテルを作って、東京タワーの見える自分だけのバーで、一人飲んでいた。

リビングの窓辺にカウンターを設えているのだ。

バーカウンターには太った猫三匹が、揃いも揃って寝転んでいた。

窓にはその姿と自分が映っている。

 

「君の瞳に乾杯、なんちて」

瞳は自分に杯を合わせた。

横森理香 小説シーズン3

©︎AMU(フォトグラファーユニット.KNIT)

 

◆小説「mist」のシーズン1・シーズン2は、こちらで読めます。

◆第2話は、8月26日(木)公開予定です。お楽しみに。

今すぐチェック!

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第20回/横森理香 連載小説「大人のリアリティ小説~mist~」シーズン2 コロナ同棲 最終話 人生を生きなおす…

次の記事>

次の記事>
第22回/横森理香 連載小説「大人のリアリティ小説~mist~」シーズン3 自由という名の孤独 第2話 独りぼっちの食卓…

この連載の最新記事

横森理香 連載小説「大人のリアリティ小説~mist~」シーズン3 自由という名の孤独 最終話 実家のない故郷

第30回/横森理香 連載小説「大人のリアリティ小説~mist~」シーズン3 自由という名の孤独 最終話 実家のない故郷

横森理香 連載小説「大人のリアリティ小説~mist~」シーズン3 自由という名の孤独 第9話 父のエンディングノート

第29回/横森理香 連載小説「大人のリアリティ小説~mist~」シーズン3 自由という名の孤独 第9話 父のエンディングノート

横森理香 連載小説「大人のリアリティ小説~mist~」シーズン3 自由という名の孤独 第8話 二十年ぶりのお盆

第28回/横森理香 連載小説「大人のリアリティ小説~mist~」シーズン3 自由という名の孤独 第8話 二十年ぶりのお盆

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル