OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/book-culture/191496/

黒川伊保子さんインタビュー/大切なのは、意味より語感!感性を生かして”言葉上手”に

『ことばのトリセツ』著者インタビュー

エディターズファイル 黒川伊保子さん

黒川伊保子さん Ihoko Kurokawa

人工知能研究者、脳科学コメンテーター、感性アナリスト、日本ネーミング協会理事。大学卒業後、コンピューターメーカーにてA(I 人工知能)の研究に従事。その途上で発見した対話スタイルの男女差や、語感と身体感覚の関係によって、感性分析の第一人者に。『妻のトリセツ』(講談社+α新書)など著書多数

 

著者interview

大切なのは、意味より語感!
感性を生かして〝ことば上手〞に

世の夫たちに、理不尽な妻とのつき合い方を指南した『妻のトリセツ』が大ヒット。男女間コミュニケーションの達人と称されている黒川さんですが、そもそもの専門分野は言葉の"語感"。30年ほど前、時代に先駆けて取り組んだ人工知能の開発がきっかけでした。

 

「AIの対話システムに、言葉のニュアンスを与えるための研究です。例えば返事。『はい』と『ええ』では、受け手の感じ方が違いますよね。急ぎの用事を頼んだとき、『はい』と言われればすぐに解決してくれそうな頼もしさがありますが、『ええ』と返されたらのんびり聞こえて、イライラしてしまうはず」

 

こうした印象は誰もが直感的に共有できますが、実はその"語感"は、言葉を発するときの口の形、舌の位置や動き、息の出し方といった物理的な体感とリンクしており、すべてを数値化できるというから驚きです。

 

「喉を広げ、肺の空気を一気に排出する"ハ"は速さを、喉の奥から強い力を発する"イ"は前向きの力を表します。だから『はい』には前向きなスピードを感じるのです」

 

つまり言葉のイメージは、音の性質によってプログラムされているようなもの。この緻密な語感のシステムを日常で生かすコツは?

 

「わかりやすいのは、『でも』『だって』といったD音の接続詞に気をつけること。Dはどっしりとした落ち着きを表す一方、実は会話クラッシャーでもあります。一生懸命話をしているのに、『で?』って返されたら、とたんにブレーキがかかりますよね。また、好まれる語感は、時代とともに変化します。夢や癒しがもてはやされた時代を経て、今は強さが求められる時代。息や筋肉が鋭く動き、直線や強さを感じさせるTやK、Pといった音韻の好感度が高くなっています。はやりの"タピオカ"にもこれらの音が入っていますよ」

 

なるほど! これまで漠然と感じてきた言葉にまつわるモヤモヤが、語感の解説を通してすっきりと晴れていくのは快感です。まさに言葉のプロですね。

 

「いえいえ、むしろ私は言葉のセンスがなくて、俳句などは大の苦手(笑)。でも、だからこそ客観的に、どんな言葉もじっくりと分析ができるんだと思います」

 

言葉の響きに耳を澄まし、ひとつひとつすくい上げて光を当てる。語感への愛に満ちた黒川さんの新著『ことばのトリセツ』には、毎日を豊かに彩るヒントがいっぱいです。

 

「女性は一般に、語感に対する感性がとっても鋭いの。だから自信を持って、素敵な言葉をケチらずに会話を楽しんでほしいですね」

 

エディターズファイル ことばのトリセツ

『ことばのトリセツ』

黒川伊保子 著/集英社インターナショナル 780円

言葉の感性に着目して以来、28年にも及ぶ語感分析の成果をまとめた一冊。語感の正体をわかりやすく解き明かし、男女関係、職場、ネーミングなど、さまざまな場面で役に立つ「ことばづかい」の極意が満載です。

 

こちらもおすすめ

 

ゴッホ、モネ、ルノワール… 名画誕生のドラマを綴る

エディターズファイル 原田マハ

『原田マハの印象派物語』

原田マハ 著/新潮社 1,600円

アート小説の名手が、印象派の画家たちの軌跡をまとめた7つの物語。美しい作品の写真と胸に迫るストーリーに、アート好きならずとも引き込まれます。モネが幼少期に過ごしたノルマンディー紀行も素敵。

 

仕事、家族、お金、身近な悩みに明るく深く迫る

エディターズファイル 釈さん哲夫さん

『みんな、忙しすぎませんかね?
しんどい時は仏教で考える。』

釈 徹宗、笑い飯・哲夫 著/大和書房 1,500円

メディアでも活躍する僧侶とお笑い芸人が、24のテーマに関して回答を書き交わす往復書簡。仕事や家族といった身近な話題から、戒名や仏壇のあり方まで語り尽くし、随所のユーモアに笑いながら仏教の思想が学べます。

 

頭の中でイラストをクルリ。思考力を鍛える簡単脳トレ

エディターズファイル 池谷さん

『メンタルローテーション
"回転脳"をつくる』

池谷裕二 著/扶桑社 1,500円

長年脳を研究してきた著者によるユニークなイラスト式問題集。物体を違う角度から捉える練習で、発想力や自己分析力など脳の本質的な力を引き出します。ぱっと感覚的に楽しめるから、仕事や家事の息抜きにぴったり。

 

長くおいしく食材を楽しむアイデアが満載!

エディターズファイル 按田さん

『漬ける、干す、蒸すで上手に
使いきる 食べつなぐレシピ』

按田優子 著/家の光協会 1,400円

著者は東京・代々木上原の人気店「按田餃子」店主。大根一本、豚バラかたまり肉、新巻鮭などさまざまな食材を丸ごと生かすレシピは、日々の工夫から編み出されたもの。簡単でおいしい塩漬けや乾物の作り方をぜひ参考に。

 

 

撮影/矢部ひとみ 取材・原文/小田芳枝

 

 

MyAge2019秋冬号 購入アイコン

<前の記事

<前の記事
第36回/疲れたら休む。心が満たされ、初めて人は他者に優しくなれる/玉置妙憂さんインタビュー…

この連載の最新記事

黒川伊保子さんインタビュー/大切なのは、意味より語感!感性を生かして”言葉上手”に

第37回/黒川伊保子さんインタビュー/大切なのは、意味より語感!感性を生かして”言葉上手”に

疲れたら休む。心が満たされ、初めて人は他者に優しくなれる/玉置妙憂さんインタビュー

第36回/疲れたら休む。心が満たされ、初めて人は他者に優しくなれる/玉置妙憂さんインタビュー

自分を肯定することを心がければ、前向きになれる/細川貂々さんインタビュー

第35回/自分を肯定することを心がければ、前向きになれる/細川貂々さんインタビュー

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル